また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1394977 全員に公開 ハイキング関東

玉川上水(番外編)

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
In) 京王線明大前駅
Out) 地下鉄丸ノ内線中野坂上駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間26分
休憩
2分
合計
2時間28分
S明大前駅12:3012:42和泉水圧調節所13:05環七泉南交差点13:22中野通り笹塚出張所前交差点13:36本村隧道13:46山手通り西新宿四丁目交差点13:55角筈区民センター前交差点14:02旧水路14:28熊野神社14:3014:44淀橋14:58中野坂上駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険な箇所はありません。

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 アウター 靴ショルダーバッグ 飲料 GPS 保険証 携帯 時計 カメラ

写真

今回は明大前駅から出発です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は明大前駅から出発です。
その名の通り明大の正門前。右手に玉川上水跡の緑道と橋の欄干(明大橋)があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その名の通り明大の正門前。右手に玉川上水跡の緑道と橋の欄干(明大橋)があります。
前回も突き当たった和泉水圧調整所。かつては水番所があったそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前回も突き当たった和泉水圧調整所。かつては水番所があったそうです。
和泉水圧調節所の周りを巡ると水路跡らしき小さな公園がありました。ここが玉川上水の新水路跡と思われます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
和泉水圧調節所の周りを巡ると水路跡らしき小さな公園がありました。ここが玉川上水の新水路跡と思われます。
環七泉南交差点。一直線に新宿新都心が見えます。ここが新水路跡だそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
環七泉南交差点。一直線に新宿新都心が見えます。ここが新水路跡だそうです。
この日はとても暖かく梅の花も一気に咲き始めたようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この日はとても暖かく梅の花も一気に咲き始めたようです。
水路跡は水道道路と呼ばれた一直線の道で、細長い集合住宅が続いているのが印象的でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水路跡は水道道路と呼ばれた一直線の道で、細長い集合住宅が続いているのが印象的でした。
中野通り笹塚出張所交差点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中野通り笹塚出張所交差点。
本村隧道という標識がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本村隧道という標識がありました。
階段を降りてみると、その名も本村隧道というトンネルがありました。水路をくぐるためのトンネルとして作られたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を降りてみると、その名も本村隧道というトンネルがありました。水路をくぐるためのトンネルとして作られたそうです。
山手通り西新宿四丁目交差点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山手通り西新宿四丁目交差点。
角筈区民センター交差点で、旧淀橋浄水場跡の一角に到達。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
角筈区民センター交差点で、旧淀橋浄水場跡の一角に到達。
一旦、旧水路まで行ってみました。ここから神田上水への助水堀が分かれていたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦、旧水路まで行ってみました。ここから神田上水への助水堀が分かれていたそうです。
新水路沿いは水道施設など痕跡はあまりなかったのですが、終点らしきあたりに水道局の施設がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新水路沿いは水道施設など痕跡はあまりなかったのですが、終点らしきあたりに水道局の施設がありました。
新宿中央公園内に旧淀橋浄水場にあった四阿「六角堂」があったそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新宿中央公園内に旧淀橋浄水場にあった四阿「六角堂」があったそうです。
六角堂。富士見台という小高い丘の上にありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六角堂。富士見台という小高い丘の上にありました。
写真工業発祥の地の碑がありました。現在のコニカミノルタの工場があったそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真工業発祥の地の碑がありました。現在のコニカミノルタの工場があったそうです。
新宿中央公園内に熊野神社がありました。この脇を助水堀が通っていて、この辺りで滝になっていたそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新宿中央公園内に熊野神社がありました。この脇を助水堀が通っていて、この辺りで滝になっていたそうです。
滝の辺り。現在はなだらかですが高低差は結構あります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の辺り。現在はなだらかですが高低差は結構あります。
新宿中央公園から更に水路跡のような細長い遊歩道が続いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新宿中央公園から更に水路跡のような細長い遊歩道が続いています。
目の前が開けた先は行き止まりですが、右手に道が続いていて、その先に神田川の「淀橋」があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前が開けた先は行き止まりですが、右手に道が続いていて、その先に神田川の「淀橋」があります。
淀橋。神田川に掛かっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
淀橋。神田川に掛かっています。
先ほどの行き止まりの突き当たり付近に排水口がありました。もしかしたらここが玉川上水助水堀の合流地点かもしれません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほどの行き止まりの突き当たり付近に排水口がありました。もしかしたらここが玉川上水助水堀の合流地点かもしれません。
丸ノ内線中野坂上駅で今回は終了。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸ノ内線中野坂上駅で今回は終了。

感想/記録

今回は玉川上水歩きの番外編として、玉川上水の新水路跡と神田上水への助水堀跡を歩くことにしました。まず玉川上水の新水路跡ということで明大前駅から出発しました。
甲州街道を渡ると明大の正門前で、旧水路跡に明大橋という橋の支柱が残っています。ここは前回歩いたところで井の頭通りに突き当たったところが和泉水圧調節所で、かつては玉川上水の水番所があったところです。今も水道局の施設になっているところが歴史との繋がりを感じます。ここから前回とは逆周りで裏手に回ると細長い園地があり、これが新水路の水路跡のようです。施設の周りを少し巡った後、新水路跡を辿ることにしました。
新水路跡は旧水路のようにはっきり分かるような水路跡ではなく、細長い園地があったり、住宅に変わっていたりと、前もって情報を持っていないと辿れない状況です。とはいえ、新水路は旧淀橋浄水場まで一直線なので知っていれば問題ありません。そういうことで路地のような細い道を進むと、環七通りの泉南交差点に出くわします。ここからは遠く新宿新都心の高層ビル群が見え、あとは淡々とまっすぐに進みます。
環七を過ぎると一直線の道路、水道道路と呼ぶらしいですが、その道に沿って歩きます。調べたところによれば、新水路は関東大震災で崩壊したりして、昭和12年には廃止され道路になったようです。そういった経緯からなのか、道に沿って歩いてみても、あまり水路だったことをうかがわせる痕跡はほとんどありません。一直線の道路とそれに沿った細長い公営住宅が特徴的です。
中野通りを過ぎてしばらく行くと、本村ずい道公園という名前の公園があり、その少し先に下に降りる階段があります。これを降りてみると、ギリシャ神殿のような柱が両側にある風情のあるトンネルがありました。かつての新水路は土手のように高い位置に水を通していたことから周辺の地面の方が低くなり、そのため往来のためにトンネルが作られたとのことです。
更に進んで行くと次第に高層ビル群も大きく見えるようになり、高速道路をくぐって行けば、新宿新都心の一角に到達です。ここは元々淀橋浄水場があったところで新水路もこの辺りで終点です。
この辺りに玉川上水の助水堀という神田上水への水路があったという情報があり、引き続きその跡を歩くことにしました。まず一旦旧水路まで歩き、分水地点だったらしいお寺(現在は正春寺というお寺がありました)の辺りから北上します。新宿中央公園に入り、淀橋浄水場にあったという六角堂という四阿や写真工業発祥の地の碑を見て、公園の一角にある熊野神社に。助水堀は当時、境内の東側を流れ、段差で滝になっていたそうです。今はその痕跡もありませんが、なだらかな坂になっていて、この辺りにあったのかなーと思わせます。
公園を出て、いかにも水路跡といった感じの遊歩道を進んで行くと、空が開け、しばらく行くと神田川の淀橋に到達です。この辺りで助水堀は神田川に合流していたようです。遠く多摩川から取水した水がかつては各地に配水され、一部は神田上水への助水としても活躍していると思うと不思議な感じがします。多摩川からの水の行方を考えると、歩き通した羽村から四谷大木戸までのみならず、もっと大きな広がりがあることがわかり、次のステップとして、その流れを追ってみるのも楽しいかなと感じました。
とりあえず、次は神田上水を歩いてみようかな。
訪問者数:69人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

水場 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ