また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395161 全員に公開 アイスクライミング八ヶ岳・蓼科

南沢大滝・小滝

日程 2018年03月03日(土) 〜 2018年03月04日(日)
メンバー
天候晴れ 無風
アクセス
利用交通機関
車・バイク
赤岳山荘P 休日なので?1台2000円でした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
南沢を上がって単管パイプの橋を過ぎてすぐに緑ロープ(行者への案内ロープ)
をまたいでトレースが伸びている。
それを詰めると3分で小滝。10分で大滝。

大滝は向かって左の氷結が甘く、ツララ状。
当然登れないがラペルで通過すると大きな落氷が。
混んでいる時はラペルに使わない、他パーティーが降りてきたら
下の人は避難するなど対策しないと危険。

その他周辺情報

写真

雪かなり少なめ。
河の凍結もほぼなかった。
まるで春山。
2018年03月03日 08:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪かなり少なめ。
河の凍結もほぼなかった。
まるで春山。
日曜は早起きして大滝に一番のり。
2018年03月04日 06:23撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日曜は早起きして大滝に一番のり。
この後RPしましたが写真の時はアックステンションかけまくり
でした。
2018年03月04日 06:59撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後RPしましたが写真の時はアックステンションかけまくり
でした。
大滝はデカい。
小滝は小さいながら傾斜が強い。
2018年03月04日 06:59撮影 by DSC-RX100M5, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大滝はデカい。
小滝は小さいながら傾斜が強い。

感想/記録

★ルート情報と主観的グレード。
小滝は傾斜は強いが穴だらけ。
中央左のシャンデリア状のラインが跡が少なく一番難しそう。
検銑-ぐらい。
後は穴やスタンスが豊富で掘棔銑-ぐらい。

大滝は中央やや右が一番登り応えがあり。-〜検椶。
バーチカルに見えるがMAX80度ぐらいで大同心大滝より傾斜は緩い。
しかし立ってるセクションが結構長く実際に取付くと持久力的にきつい。
所どころにクリップポイントと呼ぶべきガバスタンスが登場し
このおかげでスクリューを打つのがかなり楽だった。
これがなければトポどおり垢噺討戮襪里任△蹐Δここまで
スタンスが削りだされていると検椶阿蕕い。

全体的に難しさはシーズン後半で穴だらけなのでトポ表記より0.5グレードダウン
かなと思う。
それでもこのスケールの滝を無事リード出来て充実の山行になった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
以下備忘録。

まだ行ったっことのなかった南沢大滝へ。
初日は一年ぶりのアイスという事もあってまずは小滝へ。
相方さんにリードしてもらいトップロープで登るも久しぶりすぎて
いまいち感覚が掴めない。
テンションは掛けないものの腕のパンプが凄い。
恐怖心と不慣れだと思いあまりアックスを強く打たずスタンスも必要以上に蹴り込まずフリーの感覚で登ろうと3回連続で登ってみる。
なんだか調子が戻ってきたのでいざリード。
中央左のシャンデリア状のラインが一番バーチカルに近く先行Pに続いて取付く。
何とかRPしたものの今度は久しぶりのスクリューの打ち込みにもたつく始末。
短いのでムーブもくそもなく強引に登ったのできっと無様な後ろ姿だったと思う笑。
計7本登ってヨレヨレになったので明日の為にと大滝の偵察へ。
想像以上にデカくて興奮した。
相方さんとこれは早立ちして明日は一番乗りしなくてはと打ち合わせ。
もちろん一番おいしそうな中央右ラインを狙う。

小滝下の違法テント村は大盛況。6張り程。
シェイカーでカクテルを作るオシャレカップルさんの横で
α米にリフィルのラーメン砕いて入れるだけという雑な食事とビールで夕食。
ナベも汚れずゴミもでない。ガスもあまり使わないし時短という事で常にこれになってしまう。

4時半起床・6時テント発。予定通り無人の大滝へ。
やっぱり滝は無人が一番かっこいい。


1便目リードトライ。
朝一で体が重い。メンタル的にも無理。
1本目のスクリューで早速アックステンション。
以降全てのスクリューでアックステンション。
とりあえずトップアウトしてトップロープセットしてラペル。

2便目。
トップロープでありなながらも疑似リードでスクリューを打ちながら
バックアップロープをクリップ。
ノーテンで抜ける。
落ち着いて行けば何てこと無い。
ビビるから無駄に体が強張ってパンプする。
パンプしない様にリラックスして登れば5.8だ。
と、思いこむようにする笑。

これ以上練習するとヨレる、リードするなら次だと思い相方さんの登りやレストを挟んでいざリードトライ。

3便目(RP)。
昨日からの登り込みで大分アイス慣れしてきた。
途中サレワが刺さらず無駄にパンプさせてしまったがその後は順調に登り
RPできた。
今年初アイス。ギリギリで一応退化は免れた。






訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/11/28
投稿数: 374
2018/3/5 16:39
 2週続けてハチガダケ
gonbe13さん、ヤマレコでは初めましてですね
2週続けてヤツとは何ともアクティブ
しかもアイスって
スクリューって信用できるの?
やっぱりアルパイン特有の落ちない前提ってヤツ?
考えただけでもサムイは あーコワッ
登録日: 2013/4/5
投稿数: 19
2018/3/7 22:02
 Re: 2週続けてハチガダケ
今年は一度も冬山行ってなかったので爆発してしまいました!
しかしもうすっかり春山でした泣。
スクリューは氷さえ安定していれば信用できますよ。
でもやっぱりアイスで落ちるのは普通はNGで落ちるなら打ち込んだアックスにぶら下がる
「アックステンション」という逃げ道が有ります。
コレに頼るとどこでもアックスをぶち込めばレストができます笑。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

テント ガス テン 山行 クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ