また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395197 全員に公開 山滑走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳バックカントリー(ボード)

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
八方尾根第5駐車場
リフト片道1550円(登山届提出必要)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間24分
休憩
1時間28分
合計
9時間52分
S八方第五駐車場07:4308:27八方池山荘08:3608:57石神井ケルン08:5809:07第2ケルン09:15八方ケルン09:1609:27第三ケルン11:04丸山11:1012:26唐松岳頂上山荘12:5713:21唐松岳13:3413:52唐松岳頂上山荘14:1814:30丸山14:3116:57白馬八方温泉 おびなたの湯 17:35八方第五駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
高山病気味でかなり遅い(3年前は登山装備で八方山荘〜唐松山荘まで2時間半)。
そして滑走はボードトラブル諸々でかなり時間ロス・・
コース状況/
危険箇所等
ルンゼ滑りたかったけど自分の腕ではまだリスクがありそうだったので回避。
でも選んだ沢も場所によってかなりの斜度だった・・。
その他周辺情報帰りにおびなたの湯がある(入れませんでしたが)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ランドナーパック(20L) スキーズボン ミズノ ベルグテックEXストームセイバー(上着) モンベル ウルトラライトダウン エマージェンシー ソロシェルター(ツェルト) Snow Peak GigaPower250 ギガパワーマイクロマックス プリムス クッカー コッヘル BlackDiamond ReVolt(ヘッデン) 予備電池 食事2食分 象印テルモス500ML PENTAX K-5(一眼) kajitax12本爪アイゼン ピッケル(レイブン65cm) アルミワカン(エアモンテ) ビーコン(マムート) ゾンデ(BD) シャベル(BD) ポール2本(シナノ)

写真

モルゲン
2018年03月04日 06:25撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モルゲン
滑りたい
2018年03月04日 06:26撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りたい
毎日こんな景色見たら仕事できませんね
2018年03月04日 06:26撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
毎日こんな景色見たら仕事できませんね
強風と気温で岩についた雪は溶けてますね
2018年03月04日 06:40撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
強風と気温で岩についた雪は溶けてますね
真っ白なルンゼ。似た斜面のここも表面はけっこうカチカチ。滑り降りれるかな・・。
2018年03月04日 11:49撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白なルンゼ。似た斜面のここも表面はけっこうカチカチ。滑り降りれるかな・・。
どこも雪崩はまだ起きていない
2018年03月04日 11:49撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこも雪崩はまだ起きていない
不帰三峰
2018年03月04日 11:49撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不帰三峰
ルンゼを下る先行パーティ
2018年03月04日 12:16撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルンゼを下る先行パーティ
どの峰も真っ白
2018年03月04日 12:29撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どの峰も真っ白
1
こちらに行こうか迷った。北信五岳
2018年03月04日 12:30撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらに行こうか迷った。北信五岳
体調悪いし八方尾根滑るなら一度来てるし行かなくてよかったが・・
2018年03月04日 13:33撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体調悪いし八方尾根滑るなら一度来てるし行かなくてよかったが・・
1
しんどいけど気合いでボードも背負った。
2018年03月04日 13:35撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しんどいけど気合いでボードも背負った。
2
山頂から小屋方向
2018年03月04日 13:44撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から小屋方向
違う山からまた見に来ます。
2018年03月04日 14:13撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
違う山からまた見に来ます。
一気に滑り降りて休憩地点より
2018年03月04日 15:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に滑り降りて休憩地点より
進行方向。滝がそろそろのはず
2018年03月04日 15:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向。滝がそろそろのはず
ストップスノーに加え岩踏んで傷が(泣)
2018年03月04日 15:11撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ストップスノーに加え岩踏んで傷が(泣)
デブリ堰堤を徒歩で越える。ボードはつらいよ
2018年03月04日 15:39撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリ堰堤を徒歩で越える。ボードはつらいよ
これまで厳冬期は徒歩で尾根を行き来する登山だったので谷の光景は新鮮
2018年03月04日 15:39撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまで厳冬期は徒歩で尾根を行き来する登山だったので谷の光景は新鮮
沢の合流地点。この手前がデブリと堰堤でボーダーには苦行
2018年03月04日 15:41撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の合流地点。この手前がデブリと堰堤でボーダーには苦行
渡渉地点。雪の着き方がいやらしい・・
2018年03月04日 15:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉地点。雪の着き方がいやらしい・・
林道始点。疲労困憊
2018年03月04日 16:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道始点。疲労困憊
下山完了。
2018年03月04日 17:03撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山完了。
唐松・不帰・天狗・白馬シルエット
2018年03月04日 17:05撮影 by PENTAX K-5 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松・不帰・天狗・白馬シルエット
1

感想/記録

やっと晴れ間が現れるが日曜しか休みがない悲しみ。
日帰り遠征しようか悩むが高速走って途中で引き返して白馬に向かう。
寝不足だから八方尾根に行くことにした。

車中泊で3時間ほど寝てスキー場へ。片道チケットと登山届出して出発。
今日は空いてるのかな。あっさりゴンドラに乗れた。八方山荘まわりは登山者だらけ。
ボード背負うが重い‥。ボードだとワカンにアイゼン・ピッケル含め重すぎる。
せめてスプリット、やはりBCはスキーのが合理的だな。高山病の気配も出て超鈍足。
登山ってこんなしんどかったっけ・・。ガラガラ沢に方針変換したくなるが、この快晴。
たとえ鈍足でも登るしかない。最悪尾根を滑れば15時半下山でもなんとかなる。
そんなわけで唐松山荘着は12時・・夏テント装備よりも遅いしありえん。
この時点でルンゼ滑走と山頂は前登ってるし諦めた。
が休憩していると山頂にはいくべきかと思い直し、ボードも背負って行ってみる。

山頂からルンゼを見てやはり厳しそうである。足も完治していないし無理は禁物。
引き返して山荘からドロップ。
上から見て面白そうな丸山を越えてからガラガラ沢の手前を滑り降りた。
唐松沢の合流地点がなかなかの斜度でこの斜度滑れるならルンゼも行けたのでは・・

唐松沢に着いて緩い斜度の斜面でたまにやたら止まる。ストップスノー。
さらに斜度のキツイところで様子で止まった際、石がありガリってしまった。
せっかく快適な斜面なのにストレスがたまる・・
小休止し一気に標高下げ暑くてシャツ一枚に。
ここからは堰堤やデブリなど、アップダウンでボードが止まり外しては歩く・・
苦行でした。しかも歩いてたらデブリが落ちてきてビビる・・
やっとデブリ帯を抜けたら今度は渡渉。しかも雪の着き方がいやらしい。
堰堤の推進が浅いとこ歩けばよかったのかな。
ボードを背負わずに手で持ってわたってしまったのでクライミングは怖かった・・
やっと林道に出て大休止。もう半袖です。
ここからは快適。多少アップダウンはありましたが発電所着。

さまざまなトラブルでおびなたの湯には入れず。徒歩でそのまま駐車場へ。
八方尾根はボードで滑るならガラガラ沢がアップダウンも楽でいいんじゃないかなと思いました。雪崩事例もあるので注意が必要ですが・・
訪問者数:533人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ