また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395205 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走北陸

荒島岳

日程 2018年03月04日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー2人
天候晴れ、風強し
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口、旧勝原スキー場駐車場
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間39分
休憩
59分
合計
6時間38分
S勝原スキー場06:3807:51トトロの木07:5808:35深谷ノ頭08:3609:34もちが壁09:5310:08前荒島10:2010:35荒島岳10:5011:01前荒島11:13もちが壁11:1712:15深谷ノ頭12:33トトロの木13:15勝原スキー場13:1613:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雪は締まり、多数山に入ってるのでステップが切られて歩きやすいです
下山時は雪が緩み足をとられてとても疲れました
その他周辺情報あっ宝ランド 600円

写真

最初のゲレンデを登ったころ
朝陽が雪面を照らす
2018年03月04日 06:57撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のゲレンデを登ったころ
朝陽が雪面を照らす
経ケ岳だろうか
白く光ってる
2018年03月04日 07:25撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ケ岳だろうか
白く光ってる
トトロの木というらしい
2018年03月04日 07:54撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トトロの木というらしい
1
美しいブナの間に
Yさんが登ってくる
2018年03月04日 08:02撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しいブナの間に
Yさんが登ってくる
雪は締まってアイゼンがよく聞く
2018年03月04日 08:21撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は締まってアイゼンがよく聞く
素晴らしいブナの森だ
2018年03月04日 08:53撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしいブナの森だ
中荒島岳が威厳のある姿を現す
2018年03月04日 09:10撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中荒島岳が威厳のある姿を現す
2
今日の核心部、もちが壁に挑む
2018年03月04日 09:17撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の核心部、もちが壁に挑む
視界が開ける、白山方向だが確認できない
2018年03月04日 09:18撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が開ける、白山方向だが確認できない
経ケ岳への山並みが美しい
2018年03月04日 09:40撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
経ケ岳への山並みが美しい
2
こちらは
銀杏峰、部子山方向
2018年03月04日 09:41撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは
銀杏峰、部子山方向
小荒島岳が手に取るように見て取れた
2018年03月04日 09:41撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小荒島岳が手に取るように見て取れた
少しカメラを右に振る
2018年03月04日 09:41撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しカメラを右に振る
急斜面を登る人の姿が見て取れる
2018年03月04日 09:43撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登る人の姿が見て取れる
先行する若者二人に引っ張られて
強風に耐えながら登る
2018年03月04日 09:52撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行する若者二人に引っ張られて
強風に耐えながら登る
2
Nさんも頑張ってる
雄大な景色だ
2018年03月04日 09:54撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Nさんも頑張ってる
雄大な景色だ
離されまいと必死に
2018年03月04日 09:56撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
離されまいと必死に
1
・・・と若者が下りていく
2018年03月04日 10:01撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・と若者が下りていく
1
何度も何度も立ち止まる
2018年03月04日 10:02撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も何度も立ち止まる
ガスが出始める
2018年03月04日 10:07撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが出始める
1
ガスが消えた一瞬
2018年03月04日 10:07撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが消えた一瞬
2
僕を待ってくれてるように
立ち止まる二人
2018年03月04日 10:13撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
僕を待ってくれてるように
立ち止まる二人
急登を上りほっと一息
2018年03月04日 10:13撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登を上りほっと一息
4時間弱であっけなく登頂
すっぽり雪に埋まった祠
中には幾体もの地蔵尊があって
その一つは元治元年(1864年)と刻されてるそうだ
2018年03月04日 10:36撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時間弱であっけなく登頂
すっぽり雪に埋まった祠
中には幾体もの地蔵尊があって
その一つは元治元年(1864年)と刻されてるそうだ
下山時、もちが壁手前で記念のショット
2018年03月04日 11:14撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時、もちが壁手前で記念のショット
2
これから上る人
6人ほどいた、遅い出発だ
2018年03月04日 11:15撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから上る人
6人ほどいた、遅い出発だ
高度を下げるとすっかり春の景色
2018年03月04日 11:53撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度を下げるとすっかり春の景色
楽しかった山行が終わりに近づく
2018年03月04日 12:51撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楽しかった山行が終わりに近づく
さらば福井の山々
またいつか
2018年03月04日 12:52撮影 by COOLPIX P310, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらば福井の山々
またいつか
1
撮影機材:

感想/記録

今年の雪山5座目は日本100名山の著者深田久弥が中学時代から興味を持ったという荒島岳に決まった、参加メンバーが少なく無理を言ってNさんに参加願う、前泊して7時前から旧勝原スキー場から登り始める、たくさんの人と一緒にゲレンデを登り始める、雪は凍ってしまってっるのでツボ脚で十分だ、ブナ林にはいるころから後方が気になり振り返る、Nさんがかなり遅れている、自分のことは気にせず先に行ってくれとは言われているが
どうしたものか判断に迷う、トトロの木を過ぎたころから後方にNさんが追いつき始めた、そのころ行く手に白い塊が見える、中荒島岳だろう、美しい威厳がある、大野富士といわれるにふさわしい、もちが壁からストックをアイゼンに換える、ステップが切られていたので問題なく登れた、
眼下が開けて、白山方向には経ケ岳だろうか白く光ってきれいだ、続く山は取立山だろうか、3年前ここから観た白山は生涯の想い出だ、また反対側には大野市に続いて銀杏峰、部子山の山並みが確認できた、ここも3人で白山や荒島岳の眺望を楽しみながら大周回したのが記憶に新しい。
中荒島岳を通過したころからガスがではじめ山頂をより幻想的にした
あえぎながら登り詰めると先行の若者が二人たっていたので、山頂ですかと尋ねると山名版がないので分からという、GPSで確認すると山頂であると確定できた、まもなく「祠がうまってる」と若者が叫ぶ、屋根を少し残してすっぽり雪の中だ、のぞき込むと2mはあるだろうか祠の基部が見て取れた、ガスで視界の悪い中をのぼってきたNさんの到着を待っていつものバンダナショットを撮ってもらう、山頂からの眺望は全く望めなかったが
下山時には春を感じる1日であった。
訪問者数:399人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ