また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395349 全員に公開 雪山ハイキングヨーロッパ

ブラームスの小径

日程 2018年03月02日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車
ミルツツーシユラークの駅までウィーンより約二時間
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間5分
休憩
0分
合計
1時間5分
Sスタート地点22:5523:59宿泊地G
日帰り
山行
27分
休憩
0分
合計
27分
宿泊地00:0100:28ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

街の中心部にあるブラームスの別荘、
2018年03月01日 14:47撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
街の中心部にあるブラームスの別荘、
2
ブラームス
2018年03月01日 14:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラームス
3
ブラームスの小径の出発点、エヴァンゲリスト教会
2018年03月01日 15:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブラームスの小径の出発点、エヴァンゲリスト教会
3
住宅地を抜けて
2018年03月01日 15:16撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住宅地を抜けて
3
雪原、登ってきた小径を振り返る
2018年03月01日 15:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原、登ってきた小径を振り返る
1
林林の中でへの小径へと臙脂色のハリネズミの道標が誘導する
2018年03月01日 15:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林林の中でへの小径へと臙脂色のハリネズミの道標が誘導する
2
凍てついた小さな沢筋
2018年03月01日 15:38撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍てついた小さな沢筋
小径の上の水溜りも凍てつき、鍾乳石のようだ
2018年03月01日 15:41撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小径の上の水溜りも凍てつき、鍾乳石のようだ
2
小橋を渡る
2018年03月01日 15:42撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小橋を渡る
2
樅の木立の向こうの伐採地に落日の陽子がさす
2018年03月01日 15:45撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樅の木立の向こうの伐採地に落日の陽子がさす
4
雪原の彼方に陽が落ちてゆく
2018年03月01日 15:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪原の彼方に陽が落ちてゆく
4
最後の雪原の下り
2018年03月01日 16:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の雪原の下り
2
エヴァンゲリスト教会に夕焼けがさす。
2018年03月01日 16:20撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エヴァンゲリスト教会に夕焼けがさす。
3
ミルツツーシユラークの旧市街の街並み
2018年03月01日 16:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミルツツーシユラークの旧市街の街並み
3
撮影機材:

感想/記録

ミルツツーシユラーク、この知られざる小さな街の名を観光案内やガイドブックの片隅に見つけることがあるとするならば、ゼメリング鉄道(同日のレコ参照)の終点ということとか、かつてブラームスの別荘があり、ここで交響曲4番を完成させたことくらいであろう。ブラームスが別荘を構えたのは1884年のことであり、ゼメリング鉄道が開通してから丁度30年の節目年であった。ちなみに当時は、ゼメリング鉄道の開通がこの街にウィーンの避暑地という夏の賑わいを齎したが、時代の推移と共にかつての賑わいは失われたようだ。

このミルツツーシユラークのどこかにブラームスのお気に入りの散歩道が、ブラームスの小径という散策路として整備されているという。ゼメリング鉄道の散策路の雪山ハイクのついでにブラームスが目にした光景を確かめようと、ゼメリング峠を越えてこの街に辿りついたのは、既に13時を大きく過ぎていた。午前中の晴天は瞬く間に消え去り、空全体に石灰(片栗粉でも可)の粉を溶かしたかのように無機的な白色の薄雲に覆い尽くされている。そのためか街を歩きだすと急に寒さを覚える。

この街の唯一の見所といっても過言ではないブラームス博物館を訪れるも、冬季は金曜日から日曜日のみの開館とのこと。生憎、今日は木曜日だ。冬の平日にこの街に観光に訪れる者はいないのであろう。街の全体を把握しようとツーリスト・インフォメーションを訪ねるも14時まで昼休みである。午前中の雪山ハイクで乾いた喉を癒そうとレストランを探すが容易ではない。ようやく見つけたケバブの店でビールにありつく。

ビールで一頻り喉を潤したのち、ツーリスト・インフォメーションで頂いた街の地図を開くも肝要のブラームスの小径の所在は明らかでない。勿論、英語で訊いてもわからない。独語で尋ねないことには。わざわざこの辺鄙な街までやってきて挙句、土産話はビールとケバブのみか。すっかり諦めて、失意のうちにインフォメーションを辞す。去り際にふと目に留まった郊外のハイキングの案内を掴み、インフォメーションの外で開いてみると、なんとハイキング・コースの筆頭にBrahmsweg(ブラームスの小径)が紹介され、地図にもルートが明瞭に記載されているではないか。街の南側の丘陵地帯と森の中を逍遥する全長約4km余りの行程である。

ウィーン市街の北部、ベートーベンが遺書をしたためたことで知られるハイリゲンシュタットにあるベートーベンの小径は完全に街中の遊歩道であり、ほぼ同様のものを予想していたのだが、その期待は見事に裏切られた。

早速、地図を片手にルートを辿り始める。否が応でも目につく高台の小さな教会をルートが掠めているので、教会を訪れてみる。エヴァンゲリスト教会らしい。生憎、教会の入り口は施錠されていたが、その入り口の近傍にブラームスの小径の案内版の第1番があった。案内所にはドイツ語の説明と共に五線譜の上にわずかに数匹のオタマジャクシが記されている。20番までの案内番の全てを辿るとブラームスの子守唄の楽譜が完成するということだ。

教会の裏手のなだらかな坂道を登り始める。最初は住宅地の中を進むが、コースの曲がり角や随所ににはBrahmswegと書かれた臙脂(えんじ)色の小さな道標が誘導してくれる。イノシシの形かと思ったが、イノシシにしては背中のシルエットがギザギザしており、ハリネズミに思える。

道はやがて住宅地を抜け出し、牧草地と思われる、広い雪原の間を緩やかに登っていく。折角、雪道を歩ける登山靴を履いているので、トレースのない雪原を歩かない手はない。やがてハリネズミの道標が導かれるままに雪原を横切り、針葉樹林の中をいく林道となる。

林道は下り坂となり大きくUターンするあたりで、今度は谷間の沢筋に沿った小径となる。沢は完全に凍っているが、水の成分のせいであろう、緑白色の大理石のような不思議な色合いを見せる。凍りついているが故にみずの濁りが美しく思われるのだろう。小径の上に湧き出した水も鍾乳石のような色合いで凍りついている。ほどなく木橋でこの凍てついたせせらぎを渡ると伐採地に入る。いずれの樹も梢が高いのだが、枝の反り返り具合が中央ヨーロッパに多い樅の樹であることを示唆する。梢の彼方で石灰色の曇天に陽光が再び光を放ち始める。伐採地を越えると再び舗装された車道に飛び出すが、カーブの先に広々とした雪原が目に入ったので、コースを外れて訪ねてみる。雪原の上に速度を増して落ちてゆく太陽が曇天に黄金色の光芒を放っていた。

後から判明したのだが、ここで本来の小径は車道を登らねばならないらしい。車道を下ってしまうが、左手に開けた雪原の向こうに見慣れた臙脂色のハリネズミがいるではないか。雪原をトラバースするトレースを追ってハリネズミを目指すと、再びブラームスの小径に目出度く復帰。積雪した小径を辿ると広い林道となり、程なくスキーのジャンプ台に出る。休日ともなるとジャンプの練習に訪うスキー客を迎えるのだろうが、音をたてるのを憚かるかのやうにひっそりと静まりかえっている。ジャンプ台の下に拡がる雪の斜面は落日の傾いた陽光が最高の輝きを増しているようだ、この雪原の斜面を降りると舗装路に出て、いつしかスタート地点のエヴァンゲリスト教会の前に戻るのだった。気がつくと斜陽を受けて橙色に耀く教会の斜面の彼方には青空が快復しつつあった。このブラームスの小径においては、教会に戻りつくまで、だれ一人として出逢わなかった。

ブラームスがこのミルツツーシユラークに滞在したのはあくまでも避暑の季節のみであったから、我々辿った雪景色は彼が目にした夏の情景とはかけ離れていたことだろう。しかし、この雪景色はブラームスの小径が雪のない冬景色よりも小径に多くの彩りと幻想を与えてくれたに違いない。落日の陽光の輝きと共に‥
ミルツツーシユラークを後にすると、ウィーン楽友協会におけるウィーン交響楽団の演奏会へと急ぐ。この夜のプログラムは折しもブラームスの交響曲第2番であった。世界で最高な音響効果との呼び声の高いホールで、ブラームスの交響曲の緩徐楽章を耳にしながら思い出すのは、ゼメリング鉄道のダイナミックな雪景色ではなく、地味でありながらも静謐なブラームスの小径の落日の光景だった。確かにブラームスの音楽に相応しい冬の小径であった。

「赤いハリネズミ」とはブラームスが入り浸っていた往時のウィーンのレストランの店名であったようだ。ウィーンで最も格安なレストランとブラームスは常々、主張していたらしい。残念なことにそのレストランはもう存在しない。



訪問者数:167人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 イノシシ 道標
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ