また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1395395 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

甲ヶ山 北西尾根探索

日程 2018年03月02日(金) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
35分
合計
4時間25分
Sスタート地点08:5009:40甲川分岐10:20北西尾根取付10:3011:30折返し点11:5012:05北西尾根取付き12:1012:45甲川分岐13:15香取駐車地G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
甲川渡渉は当たり前だが水量により難易度が異なる。この日はなんとか落ちないで渡れたが、落ちたら冷たい。そして即撤退となる。取付き尾根はピッケルが必要なほどの傾斜ではないが、雪付きが悪いと主尾根合流手前で苦労するかも。
その他周辺情報下山後は近くの中山温泉へ。モンベル会員だと一ヶ月に一回だけ無料。

写真

3月になったばかりなのに香取の林道はアスファルトが見えるほど雪解けが進んでいた。
スキーも用意して行ったが車に置いてスノーシューだけで動くことにする。
2018年03月02日 08:51撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3月になったばかりなのに香取の林道はアスファルトが見えるほど雪解けが進んでいた。
スキーも用意して行ったが車に置いてスノーシューだけで動くことにする。
甲川二股に下りたところから下流を眺める。
2018年03月02日 10:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲川二股に下りたところから下流を眺める。
二股から北西尾根末端の様子。藪尾根であることは間違いない。
ただ、斜面の勾配はそれほどきつくなさそうだ。
2018年03月02日 10:19撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二股から北西尾根末端の様子。藪尾根であることは間違いない。
ただ、斜面の勾配はそれほどきつくなさそうだ。
1
本流を渡渉し歩きやすそうな尾根に見当つけて取付いてみる。
2018年03月02日 10:26撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本流を渡渉し歩きやすそうな尾根に見当つけて取付いてみる。
主尾根に合流する手前にちょっといやらしい急斜面がある。
登りは正面の雪がないところを笹と枝を引っ張って登ったが、下りは見えていないが向かって左の沢を歩いた。下りが正解。
2018年03月02日 10:45撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主尾根に合流する手前にちょっといやらしい急斜面がある。
登りは正面の雪がないところを笹と枝を引っ張って登ったが、下りは見えていないが向かって左の沢を歩いた。下りが正解。
823mポイント ここで折り返し。
ここまでの斜面には岩場のようなものがあるんじゃないかと想像していたが、小さい支尾根を通しで思ったより簡単に登って来られた。
2018年03月02日 11:29撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
823mポイント ここで折り返し。
ここまでの斜面には岩場のようなものがあるんじゃないかと想像していたが、小さい支尾根を通しで思ったより簡単に登って来られた。
折り返し地点から上部方向。
南西斜面(右)の雪は融けて熊笹が露出していた。
笹薮の道を歩くのは好みじゃないので即退却を決断。
2018年03月02日 11:43撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
折り返し地点から上部方向。
南西斜面(右)の雪は融けて熊笹が露出していた。
笹薮の道を歩くのは好みじゃないので即退却を決断。
甲ヶ山頂上は遥か遠く。
2018年03月02日 11:48撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲ヶ山頂上は遥か遠く。
甲川二股の本流渡渉地点。
水の中に足を入れることを想定して対策グッズを持って行ったが、それを使うことなくなんとか渡ることができた。
好き者だけが近寄れる世界だ。
2018年03月02日 12:09撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲川二股の本流渡渉地点。
水の中に足を入れることを想定して対策グッズを持って行ったが、それを使うことなくなんとか渡ることができた。
好き者だけが近寄れる世界だ。
中央奥が上の廊下入口。
暗くて見にくいが崩落した土砂が山になっていた。
2018年03月02日 12:16撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央奥が上の廊下入口。
暗くて見にくいが崩落した土砂が山になっていた。
駐車地帰着。
なんか 春 です。
2018年03月02日 13:15撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地帰着。
なんか 春 です。
駐車地から北西尾根を遠望。
折り返し地点から上もそれほど急なところはないので、雪の状態がいい時を狙って入ればけっこう短時間で甲ヶ山の頂上に立てるかもしれない。
来シーズン、ぜひ。
2018年03月02日 13:18撮影 by DMC-FT2, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車地から北西尾根を遠望。
折り返し地点から上もそれほど急なところはないので、雪の状態がいい時を狙って入ればけっこう短時間で甲ヶ山の頂上に立てるかもしれない。
来シーズン、ぜひ。
1
訪問者数:111人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ