また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1396914 全員に公開 ハイキング九州・沖縄

やんばる国立公園 大石林山

日程 2018年03月09日(金) [日帰り]
メンバー
アクセス
利用交通機関
車・バイク

コース状況/
危険箇所等
大石林山のパーキングにある受付で入園料(820円/大人)を払い、
10分ほどシャトルバス(無料)に乗り、山頂付近にある精気小屋(Caféや公衆トイレのある休憩所)まで行く。

シャトルバスを降りたとたんに、岩山を見渡せるロケーションに感動! 

散策コースは4つ。
ゝ雋筺石林 コース(1.0km・約35分)
美ら海展望台コース(0.7km・約30分)
バリアフリーコース(0.6km・約20分)
ぐ’帯自然林コース(1.0km・約30分)

時間や体調に合わせて歩けるようになっている。
私? もちろん全コース歩くよ。 Here I go!  
全コースを歩く場合は1〜4の順番で歩けば時間ロスなく接続している。 


私のこのトレイルへの評価: 5★ 初心者、初級者向け
距離:約3.5km/ 所要時間:休憩所での休憩込で約2時間(巨岩コース‐展望台コース‐バリアフリーコース‐亜熱帯自然林コース)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

ソテツは、恐竜時代から生えている植物で、雌雄異種の花が咲く。(写真は雌花)

経済恐慌の食料難の時代には、ソテツの実や幹を食料にしたとか。 
ただし、ソテツには毒性があるので調理法次第では命とりになることもあったらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソテツは、恐竜時代から生えている植物で、雌雄異種の花が咲く。(写真は雌花)

経済恐慌の食料難の時代には、ソテツの実や幹を食料にしたとか。 
ただし、ソテツには毒性があるので調理法次第では命とりになることもあったらしい。
2
あら、大きな里芋の葉? 
いえいえ、サトイモ科ではあるが、こちらはクワズイモという、その名の通り食用は不可。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あら、大きな里芋の葉? 
いえいえ、サトイモ科ではあるが、こちらはクワズイモという、その名の通り食用は不可。
トトロが傘にしてる植物だね。 
大きなものは人間が傘にして入れるほどの葉を持つが、樹液に毒があり触るとかぶれるので、人間は傘にはしない方がいいよ・・大丈夫なのはトトロだけ。 ( ◠‿◠ )クスクス
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トトロが傘にしてる植物だね。 
大きなものは人間が傘にして入れるほどの葉を持つが、樹液に毒があり触るとかぶれるので、人間は傘にはしない方がいいよ・・大丈夫なのはトトロだけ。 ( ◠‿◠ )クスクス
1
“道の駅ゆいゆい国頭” から大石林山へは、国道58号を北上すること約30分。
東シナ海の海岸沿いを走る国道は爽快そのもの。
やがて、前方に大石林山のある安須杜(あしむい)の4峰が見えてくる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
“道の駅ゆいゆい国頭” から大石林山へは、国道58号を北上すること約30分。
東シナ海の海岸沿いを走る国道は爽快そのもの。
やがて、前方に大石林山のある安須杜(あしむい)の4峰が見えてくる。
ゝ雋筺石林コース
亜熱帯の森の中に、こんな石灰岩のボルダーがいっぱい、
いや、石灰岩の荒野が亜熱帯の森になったのか? う〜ん、なかなかユニークな場所だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゝ雋筺石林コース
亜熱帯の森の中に、こんな石灰岩のボルダーがいっぱい、
いや、石灰岩の荒野が亜熱帯の森になったのか? う〜ん、なかなかユニークな場所だ。
1
“巨人のこしかけ” ということなので、巨人になったつもりで座ってみようと試みたが、
針のように尖った石灰岩がいっぱいあって、とても座れたものではなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
“巨人のこしかけ” ということなので、巨人になったつもりで座ってみようと試みたが、
針のように尖った石灰岩がいっぱいあって、とても座れたものではなかった。
2
足場の悪いところには、立派な木道が敷かれているので快適に歩ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足場の悪いところには、立派な木道が敷かれているので快適に歩ける。
1
“悟空岩” と命名されたカルストタワー(急速な溶食や浸食で出来たタワー状の石灰岩台地)がある。
ここから反時計廻りで、美ら海展望台コースへ進む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
“悟空岩” と命名されたカルストタワー(急速な溶食や浸食で出来たタワー状の石灰岩台地)がある。
ここから反時計廻りで、美ら海展望台コースへ進む。
4
おや、下を向いた恐竜がいる! 分かるかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、下を向いた恐竜がいる! 分かるかな?
3
林の壁の前には、日本人の大好きな、神のエネルギーが宿ったパワーストーン。・・って、ただのカルシウムの石じゃん。 
私は科学しか信じないつまらない人間ですが、何か?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の壁の前には、日本人の大好きな、神のエネルギーが宿ったパワーストーン。・・って、ただのカルシウムの石じゃん。 
私は科学しか信じないつまらない人間ですが、何か?
2
美ら海展望台からは、沖縄本島最北端の辺戸岬や大海原が望める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美ら海展望台からは、沖縄本島最北端の辺戸岬や大海原が望める。
2
この石門を3回くぐると新しく生まれ変われるという “輪廻 生まれ変わりの岩”
だから〜、科学しか信じないって言ってるじゃん! 

でも、もし生まれ変われるものならば、もう一度人生をやり直してみたいな〜
今度は絶対に男に生まれて、世界制覇だな!  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この石門を3回くぐると新しく生まれ変われるという “輪廻 生まれ変わりの岩”
だから〜、科学しか信じないって言ってるじゃん! 

でも、もし生まれ変われるものならば、もう一度人生をやり直してみたいな〜
今度は絶対に男に生まれて、世界制覇だな!  
1
Oh〜! 浸食の模様が美しい石灰岩。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oh〜! 浸食の模様が美しい石灰岩。 
2
キャー! このエイリアン、怖い・・きっと地球侵略を企てる悪いエイリアンだな! 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャー! このエイリアン、怖い・・きっと地球侵略を企てる悪いエイリアンだな! 
3
この花は、キンチョウというマダガスカル原産の花らしい。
マダガスカルって何処だっけ・・って、調べてみたら、アフリカ大陸の沖にある、日本よい大きな島じゃん!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この花は、キンチョウというマダガスカル原産の花らしい。
マダガスカルって何処だっけ・・って、調べてみたら、アフリカ大陸の沖にある、日本よい大きな島じゃん!
1
Oh! いきなりソテツの群落がお目見えだ。 その数なんと6万本!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Oh! いきなりソテツの群落がお目見えだ。 その数なんと6万本!
1
ガジュマルロードに進むと、何本もの気根を垂らした “幸せのガジュマル” が出迎えてくれる。
そう、これって、幹ではなく根なんだね。
しかも、木根ではなく “気根” って書くのが面白い。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガジュマルロードに進むと、何本もの気根を垂らした “幸せのガジュマル” が出迎えてくれる。
そう、これって、幹ではなく根なんだね。
しかも、木根ではなく “気根” って書くのが面白い。 
2
こちらは、映画ゲゲゲの鬼太郎のロケ地になった “ムカデガジュマル”
映画のゲゲゲの鬼太郎は見たことは無いが、元祖ネコ娘にそっくりな知り合いがいるよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは、映画ゲゲゲの鬼太郎のロケ地になった “ムカデガジュマル”
映画のゲゲゲの鬼太郎は見たことは無いが、元祖ネコ娘にそっくりな知り合いがいるよ。
2
それにしても、すごい数の気根だ。 
ガジュマルは、英語で Walking Tree  ともいうらしいが、これだけあれば本当に歩き出しそうだよね。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それにしても、すごい数の気根だ。 
ガジュマルは、英語で Walking Tree  ともいうらしいが、これだけあれば本当に歩き出しそうだよね。 
1
きた〜! ガジュマル、オンステージ! 
“御願(うがん/ 願いや祈りを現す沖縄の方言)ガジュマル” と命名された一際大きなガジュマル。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きた〜! ガジュマル、オンステージ! 
“御願(うがん/ 願いや祈りを現す沖縄の方言)ガジュマル” と命名された一際大きなガジュマル。
1
日本最大級のガジュマルで、自然の神秘に遭遇したような、異空間に迷い込んだような不思議な世界だ。 
ベンチに座って何時間でもたたずんでいたい・・。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本最大級のガジュマルで、自然の神秘に遭遇したような、異空間に迷い込んだような不思議な世界だ。 
ベンチに座って何時間でもたたずんでいたい・・。 
2
ガジュマルの木にはキジムナーという木の精霊が宿ると言われている。
この辺りで写真を撮ると、精霊が写ることがあるらしい。 

・・って、私は科学しか信じないつまらない人間ですが・・まあ、このくらいなら夢があって良いかな〜
ガジュマルの木の周辺で、ガザガザと音がしたら・・それは、きっと・・・・・うり坊🐗 だね。 hahaha
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガジュマルの木にはキジムナーという木の精霊が宿ると言われている。
この辺りで写真を撮ると、精霊が写ることがあるらしい。 

・・って、私は科学しか信じないつまらない人間ですが・・まあ、このくらいなら夢があって良いかな〜
ガジュマルの木の周辺で、ガザガザと音がしたら・・それは、きっと・・・・・うり坊🐗 だね。 hahaha
1

感想/記録

2月に行った沖縄旅行で立ち寄った大石林山でのハイキングです。

石灰岩の巨岩、奇岩とガジュマルの木の織りなす庭園のような大石林山。

大石林山(だいせきりんざん)は、2億年前の石灰岩が長い歳月をかけて雨水などに浸食された岩山。
そんな地形に、ガジュマルなどの亜熱帯植物が自生しているユニークな場所です。

 詳細はSueのブログで → https://hikingbird.exblog.jp/29636325/
訪問者数:206人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ