また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1397463 全員に公開 山滑走白神山地・岩木山

岩木山 頂上やや下まで

日程 2018年03月10日(土) [日帰り]
メンバー
天候「てんきとくらす」では終日A。でも結構、雲があった。岩木山から八甲田は見えず。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間33分
休憩
0分
合計
3時間33分
Sスタート地点10:3014:03ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

リフトを下り少し歩いた。灌木は雪に埋まっています。
2018年03月10日 10:59撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトを下り少し歩いた。灌木は雪に埋まっています。
3
沢はブルドーザーで掘ったようなU字溝に。昨年より深い。先程、お話しした弘前の方。
2018年03月10日 11:19撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢はブルドーザーで掘ったようなU字溝に。昨年より深い。先程、お話しした弘前の方。
4
上部は青空と雲と。
2018年03月10日 11:26撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は青空と雲と。
4
鳥海山方面。
2018年03月10日 11:31撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山方面。
4
山頂方面。青空も見えるが雲は晴れない。
2018年03月10日 11:31撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方面。青空も見えるが雲は晴れない。
6
ズンズン登ります。
2018年03月10日 11:38撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズンズン登ります。
3
鳥海山方面。沢は雪壁で横断できる代物ではない。ダブルアックスのアイスクライミングが必要か?
2018年03月10日 11:38撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山方面。沢は雪壁で横断できる代物ではない。ダブルアックスのアイスクライミングが必要か?
4
急斜面だが、灌木を利用して小休止。後続の方も快調に高度を稼いでいます。
2018年03月10日 12:00撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面だが、灌木を利用して小休止。後続の方も快調に高度を稼いでいます。
4
山頂方向。ガスが晴れない。
2018年03月10日 12:00撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向。ガスが晴れない。
3
鳥海山下部の急斜面。
2018年03月10日 12:01撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山下部の急斜面。
4
山頂方向。
2018年03月10日 12:04撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂方向。
4
後続の方と互いに自己紹介。yakaciさんは当初、左の沢を横断し鳥海山から鳳鳴ヒュッテ方面に…と言っていたが、右にトラバースして山頂直登ができそうな雪面・天候状況。「一緒に山頂に行こう!」と誘ったら乗ってくれた。二人で目指す。yakaciさんはスキーアイゼンで快調に登行。
2018年03月10日 12:11撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後続の方と互いに自己紹介。yakaciさんは当初、左の沢を横断し鳥海山から鳳鳴ヒュッテ方面に…と言っていたが、右にトラバースして山頂直登ができそうな雪面・天候状況。「一緒に山頂に行こう!」と誘ったら乗ってくれた。二人で目指す。yakaciさんはスキーアイゼンで快調に登行。
7
山頂は左の岩稜帯の右奥に見えるのだが…。
2018年03月10日 12:19撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は左の岩稜帯の右奥に見えるのだが…。
2
少しだけ山頂が見えた! 傾斜も緩み、二人でさらに進む。ところが…。
2018年03月10日 12:20撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しだけ山頂が見えた! 傾斜も緩み、二人でさらに進む。ところが…。
7
ガリガリの凍結斜面にスキーをエッジングしていると、右足の前部ピンがはずれた。ステップインしてロックしても、数歩も歩かぬうちにまたはずれてしまう。初めての緊急事態。緩斜面だがアイスバーンに近い。スリップすると大変なことになる。ブーツアイゼンは携行せず。スキーアイゼンも車に置き忘れてしまった。スキーもウォークモードで流れ止めが効かない。どうする…? いつも首に下げているコンパスのひもをスキーとブーツに結び、とりあえずの流れ止めとした。
2018年03月10日 12:46撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガリガリの凍結斜面にスキーをエッジングしていると、右足の前部ピンがはずれた。ステップインしてロックしても、数歩も歩かぬうちにまたはずれてしまう。初めての緊急事態。緩斜面だがアイスバーンに近い。スリップすると大変なことになる。ブーツアイゼンは携行せず。スキーアイゼンも車に置き忘れてしまった。スキーもウォークモードで流れ止めが効かない。どうする…? いつも首に下げているコンパスのひもをスキーとブーツに結び、とりあえずの流れ止めとした。
5
本日の最高地点。物理的に前進不可能。いや、下降さえどうなるかわからない。先程までのルンルン気分から一転。ガスの先にいるyakaciさんにここで下りると叫ぶ。私のほうから誘っておきながら、全く申し訳ない。
2018年03月10日 12:59撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最高地点。物理的に前進不可能。いや、下降さえどうなるかわからない。先程までのルンルン気分から一転。ガスの先にいるyakaciさんにここで下りると叫ぶ。私のほうから誘っておきながら、全く申し訳ない。
4
先程の地点から30m程下に、少しだが傾斜が緩く笹が生えている場所があった。そこまでゆっくりと左スキーのエッジと右ブーツ先端を氷に食い込ませ下降した。ほっと安堵。この後、ガリガリの斜面を右バインディングがはずれないよう、慎重に滑走。
2018年03月10日 12:59撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先程の地点から30m程下に、少しだが傾斜が緩く笹が生えている場所があった。そこまでゆっくりと左スキーのエッジと右ブーツ先端を氷に食い込ませ下降した。ほっと安堵。この後、ガリガリの斜面を右バインディングがはずれないよう、慎重に滑走。
2
登り時に小休止した灌木で一息つく。
2018年03月10日 13:15撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り時に小休止した灌木で一息つく。
2
右足先のピンは、なんとかはずれなかった。
2018年03月10日 13:15撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右足先のピンは、なんとかはずれなかった。
3
小休止地点から上部斜面。
2018年03月10日 13:15撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小休止地点から上部斜面。
6
同じ地点から下部。
2018年03月10日 13:16撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ地点から下部。
3
さらに下りてきた。斜面は固く、腿の疲労がすごい。呼吸も大荒れ。
2018年03月10日 13:30撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに下りてきた。斜面は固く、腿の疲労がすごい。呼吸も大荒れ。
4
リフト上部の灌木斜面まで下りてきた。ガリガリと重重(おもおも)混じりの斜面でふとももパンパン。
2018年03月10日 13:42撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト上部の灌木斜面まで下りてきた。ガリガリと重重(おもおも)混じりの斜面でふとももパンパン。
4
リフト始点に到着。山頂はガスの中。
2018年03月10日 13:50撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフト始点に到着。山頂はガスの中。
4
yakaciさんはおそらく頂上まで行ったでしょう。今頃、中腹を滑走中かな。
2018年03月10日 14:01撮影 by DSC-WX7 , SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
yakaciさんはおそらく頂上まで行ったでしょう。今頃、中腹を滑走中かな。
4

感想/記録



 岩木山へ。昨年クリスマスイブイブの23日に岳温泉からスキー登行したが、リフト最終点で断念。百沢スキー場は来週で営業終了するので、雪も緩むこの時期に出かけた。昨年もリフト最終日にリフトを使って山頂まで。快晴で素晴らしい経験を味わった。今年は昨年と異なり、ガリガリの固い雪面。雪付きのよい所を登ったが、上部は緩斜面でもシールが効かなくなってきた。さらにバインディングの不調が起こり、身動きがとれなくなってしまった。上部緩斜面の右トラバースにさしかかった時、頂上に立てることを確信したのだが、直後の急展開となってしまった。楽しく会話しながら一緒に登っていただいたyakaciさんに申し訳ないです。スンマセン。
 スキークランポンを車に忘れたこと、前年のイメージにとらわれ雪面の多様性を見誤ったこと…、反省点が大いにあった山行でした。


追記 
3/14(水) 動画を追加しました。シロウトが作製したのでいまいちですが、よかったらご覧ください。
訪問者数:234人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/2/4
投稿数: 1203
2018/3/12 15:50
 G3のビンディング不調
山頂直下で思わぬトラブルがありますと、冷や汗タラタラだったと
思います。ブーツに咬ませるピンのバネが消耗したのでしょうか。
かく言う私のは半値で買った旧世代G3オニキス、これはこれでピンを
咬ませるのが慣れないので面倒です。体の硬さもあるのが第一ですが
無事滑走おめでとうございます!
登録日: 2014/6/24
投稿数: 900
2018/3/12 16:12
 私もたまになります。
今週末はトリッキーな雪面でしたね。カリカリの急斜面をジグ切りで登ると、ビンディングのトゥーピースにねじれ方向の力が加わるのか、たまに外れます。なので私はカリカリ急斜面はツボで歩くことにしてますよ。
登録日: 2012/1/8
投稿数: 62
2018/3/12 18:16
 お疲れ様でした。
頂上に着いた頃にはガスの中でしたね。正面山頂斜面だけは滑れる雪質でしたが如何せんガスの中。するするっと滑り降りるという訳にはいきませんでした。
百沢登山道尾根を下りましたが、中腹以下は重い濡れ雪。もう春だなーと実感する山行でした。お疲れ様でした。
登録日: 2015/8/15
投稿数: 96
2018/3/12 23:16
 yousakuさんへ
 初めての事態だったので、かなりあせりました。 天候がまずまずだったのが幸いでした。首から下げていたコンパスのひも、丈夫なシュリンゲというべきものではなかったのですが、役に立ちました。冬山は道具によるところも大きいですね。教訓を生かして、今後もメンテをしっかりしていきます。
登録日: 2015/8/15
投稿数: 96
2018/3/12 23:24
 oyamaさんへ
 そうなんですか。ロックもはずれてしまうのには驚きました。今後は、スキーアイゼン、ブーツアイゼンを常に携行すべきかな、とも思っています。岩木山、八甲田ともに、こんなにガリガリだったのは初めてでした。そもそも前ピンがはずれないためにどうすべきか、もし情報があったら教えてください。私なりに考え実験していきたいとも思っていますが…。(前レバーをステップイン後に、ワイヤーか何かでグリグリに巻いてしまうとか!?
登録日: 2015/8/15
投稿数: 96
2018/3/12 23:33
 yakaciさんへ
 いや〜、ご迷惑おかけしてすみませんでした。あの時は身動きがとれなくなっちゃいました。レコした通り、わずかな距離でしたが笹まで下りて安堵。yakaciさんと楽しく登っていただけに残念でした。今後もどこかで、また、このサイトでお会いしたいですね。ありがとうございました。今後もよろしくお願いします。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ