また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1398467 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

八王子城跡、小下沢梅園

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候晴れ 
アクセス
利用交通機関
電車バス
JR高尾駅北口から宝生寺団地ゆき西東京バス、河原宿大橋下車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間6分
休憩
52分
合計
4時間58分
S心源院08:5509:13向山北砦09:1409:24大六天09:3209:44三叉峠09:4710:24八王子城山10:2511:01八王子城天守閣跡11:23富士見台11:5912:36こげさわの森 1番口 (富士見台登山口)12:3712:44木下沢梅林12:4512:57日影バス停13:03裏高尾バス停13:30蛇滝口13:3113:53ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 例会山行、5人で松姫ゆかりの心源院から八王子城跡を目指す。樹木葬を始めるらしく、女坂をあがる時の話題はお墓と生活感のある話。松姫古道の展望で開けるのは大六天、城八合目の案内方向に行くが、最後は直登の高丸に挑戦する。前回もやったが、新人が今回は参加していた。この高丸はおそらく1590年前田利家が攻め上った道だろう。八王子神社で休憩し、富士見台(北高尾山稜)に着いたが、富士山は見えない。木下沢林道に下りるのは、参加者全員が初めてという矢倉沢コース(1060m・悪路)。今日一番の、思い出の道となった。最初は急な山道、後半は沢だった。今日は第39回目の高尾梅郷の梅まつりが5つの会場で解されていたので、下りた林道からは梅見。木下沢梅林、蛇滝口の湯の花梅林を見て、天神梅林、遊歩道梅林と歩く。人が多い。遊歩道小名道会場の公園で、甘酒とビールでのどを潤し、JR高尾駅へ。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

深澤山心源院からスタートする「松姫古道」を経て、八王子城跡を目指す。武田信玄の六女の松姫が逃れてきて、ここで得度し「信松尼」と名乗る(22歳)。後に八王子の信松院に移る(享年56歳)
2018年03月11日 08:43撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深澤山心源院からスタートする「松姫古道」を経て、八王子城跡を目指す。武田信玄の六女の松姫が逃れてきて、ここで得度し「信松尼」と名乗る(22歳)。後に八王子の信松院に移る(享年56歳)
女坂から展望を楽しみながら登り始める。この女坂の手前が整備されていて、いま話題の「樹木葬」になるようだ。そこから、お墓の話しをながら歩く。
2018年03月11日 08:58撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
女坂から展望を楽しみながら登り始める。この女坂の手前が整備されていて、いま話題の「樹木葬」になるようだ。そこから、お墓の話しをながら歩く。
八王子城精密ルートマップが貼ってある。
2018年03月11日 08:58撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子城精密ルートマップが貼ってある。
向山北砦に着いた。ここから宝生寺団地などが見えた。名前に砦があるように、ここは八王子城の北の守りが役割のようだ。
2018年03月11日 09:13撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向山北砦に着いた。ここから宝生寺団地などが見えた。名前に砦があるように、ここは八王子城の北の守りが役割のようだ。
大六天に着いた。展望がさらに開け、空には雲がかかっているが、八王子駅横のサザンスカイタワー、うっすらと西武ドーム、多摩丘陵などが見えた。
2018年03月11日 09:26撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大六天に着いた。展望がさらに開け、空には雲がかかっているが、八王子駅横のサザンスカイタワー、うっすらと西武ドーム、多摩丘陵などが見えた。
このコースには桜の老木などがあるが、この枯れ木も味わいがある。
2018年03月11日 09:42撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースには桜の老木などがあるが、この枯れ木も味わいがある。
三又峠を右に折れ、ツツジ峠で小休止
2018年03月11日 09:48撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三又峠を右に折れ、ツツジ峠で小休止
このまま行くと八王子城8合目に出るが、前回の様に高丸に取りつくのかリーダーの気持ち次第だ。
2018年03月11日 10:05撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このまま行くと八王子城8合目に出るが、前回の様に高丸に取りつくのかリーダーの気持ち次第だ。
新人がいたが、ここでリーダーは高丸に取りつく。1590年6月2日城主北条氏照が小田原に出かけ不在時に秀吉軍に攻められ落城するが、その時、北から攻めたのが前田利家で、おそらくこの高丸を上り攻めたのだろうと思う。そんな事を話しながら、気をまぎわらせながら、雑兵になった気持ちで登る。
2018年03月11日 10:20撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新人がいたが、ここでリーダーは高丸に取りつく。1590年6月2日城主北条氏照が小田原に出かけ不在時に秀吉軍に攻められ落城するが、その時、北から攻めたのが前田利家で、おそらくこの高丸を上り攻めたのだろうと思う。そんな事を話しながら、気をまぎわらせながら、雑兵になった気持ちで登る。
1
八王子神社の広場で昼食をとり、北高尾山稜の富士見台をめざして歩く。堀切を通過。
2018年03月11日 10:49撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八王子神社の広場で昼食をとり、北高尾山稜の富士見台をめざして歩く。堀切を通過。
高尾山口駅へ2時間20分の案内。この後、八王子城の「詰めの城」から、富士見台に着いたが、あいにく小仏城山は見えるが富士山は見えなかった。当初、狐塚峠に進み、そこから木下沢林道に下る予定だったが、予定変更して圏央道八王子ジャッンクション方向へ向かう。
2018年03月11日 11:06撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高尾山口駅へ2時間20分の案内。この後、八王子城の「詰めの城」から、富士見台に着いたが、あいにく小仏城山は見えるが富士山は見えなかった。当初、狐塚峠に進み、そこから木下沢林道に下る予定だったが、予定変更して圏央道八王子ジャッンクション方向へ向かう。
荒井バス停を歩き始めたが、ところが。
2018年03月11日 11:24撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒井バス停を歩き始めたが、ところが。
すぐに案内板が、しかもそこを上って来た人が。矢倉沢コース(1060m、悪路)だ。ここを降りると木下沢梅園はスグだ。メンバーでこのコースの経験者はいないが、皆で初挑戦。
2018年03月11日 11:59撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに案内板が、しかもそこを上って来た人が。矢倉沢コース(1060m、悪路)だ。ここを降りると木下沢梅園はスグだ。メンバーでこのコースの経験者はいないが、皆で初挑戦。
1
最初の130mはとくに普通の山道だ。その後、急な下りが続くが、悪路というが下から上がってくる人と会う。
2018年03月11日 12:16撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の130mはとくに普通の山道だ。その後、急な下りが続くが、悪路というが下から上がってくる人と会う。
1
石が多くなってきた。この前に小さな滝があり、沢なのだがその水が地表には出てない。伏流水となって、足元下をながれている。
2018年03月11日 12:17撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石が多くなってきた。この前に小さな滝があり、沢なのだがその水が地表には出てない。伏流水となって、足元下をながれている。
1
足元に身をつけながら。
2018年03月11日 12:18撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に身をつけながら。
1
長いロープを使い下る
2018年03月11日 12:21撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長いロープを使い下る
まだ沢は続く。
2018年03月11日 12:26撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ沢は続く。
この当たりで水の流れが見えてきた
2018年03月11日 12:31撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この当たりで水の流れが見えてきた
使われなくなったボランティア小屋
2018年03月11日 12:32撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
使われなくなったボランティア小屋
木下沢林道を歩くと梅の香、木下沢梅園。小仏トンネルを作った時の残土でつくられた山だとリーダーの説明に、「え、もともとは平だったですか」「そうだ」と。そんな風には見えない。
2018年03月11日 12:46撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下沢林道を歩くと梅の香、木下沢梅園。小仏トンネルを作った時の残土でつくられた山だとリーダーの説明に、「え、もともとは平だったですか」「そうだ」と。そんな風には見えない。
2
ここの梅は盛りだが、全体的には来週ぐらいが満開だろうかと素人談義。
2018年03月11日 12:46撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの梅は盛りだが、全体的には来週ぐらいが満開だろうかと素人談義。
1
木下沢梅林、トレッキング案内版
2018年03月11日 12:48撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木下沢梅林、トレッキング案内版
影沢バス停近くに木の上につくられた家を見上げる
2018年03月11日 12:55撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
影沢バス停近くに木の上につくられた家を見上げる
今日は第39回目の高尾梅郷の梅まつりが5つの会場。木下沢梅林、蛇滝口の湯の花梅林を見て、天神梅林、遊歩道梅林と歩く。人が多い。遊歩道小名道会場の公園で、甘酒とビールでのどを潤し、JR高尾駅へ。
2018年03月11日 13:52撮影 by Canon IXY 10S, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は第39回目の高尾梅郷の梅まつりが5つの会場。木下沢梅林、蛇滝口の湯の花梅林を見て、天神梅林、遊歩道梅林と歩く。人が多い。遊歩道小名道会場の公園で、甘酒とビールでのどを潤し、JR高尾駅へ。
撮影機材:
訪問者数:290人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

林道 タワ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ