また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399490 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

大杉山(読図講習)

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
 kamog(CL)
, その他メンバー1人
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中川橋左岸駐車場
・トイレなし
・登山計画書は事前に神奈川県警オンラインで提出済み
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
◆遠見山西尾根(登り)
・丹沢湖畔北端の中川橋左岸から正面護岸堤の右端にある石段を上がり
 植林帯内の作業径路をジグザグと使わせていただく。
 25〜30分程度で540mピーク(湖上平)に着く。
 湖上平にはミツマタの群落あり。そろそろ一部開花し出していた。
・一旦コルに下り再び登り出して間もなく600mピーク。
 南側には古い植生保護柵が張られている。
・さらに一旦コルに下って、そこから遠見山まではやや急な登りとなる。
 途中715mで尾根は東南東から東北東に向きを変えるので地図読みして
 現在位置を確認するには適地。
 810m辺りから植林帯に入り登り切れば遠見山(880m)。
 相変わらずハンドメイドの山名標識がある。
 植林内の広いピークで南側に少し下りれば南側の展望が少し得られる。

◆遠見山〜大杉山
・遠見山から北西方向のなだらかな山稜を前半は倒れた古い植生保護柵沿いに歩く。
 間伐された杉の枝や幹が少々邪魔だが、この稜線にもミツマタが続いている。
・876m船窪のピークは特定しづらい。これを越えれば左側に地形図でもわかる
 窪地が3カ所ほど出てくる。
 その後ゆったりと植林内の太った尾根を上がっていけば、植林内の広い大杉山
 (861m)。太った尾根の右寄り柵沿いに歩けばやはりハンドメイド山名標識が
 ある。

◆大杉山西尾根
・大杉山名標識からコンパスで西または西北西向きに広い植林内を進むと
 先方で尾根形になってくる。尾根の右手は低灌木紅葉樹林、左手は植林帯だ。
 大杉山の北隅から派生する北西尾根や弥七沢ノ頭に続く北尾根に間違えて行かない
 よう注意。特に北西尾根など湯ノ沢水系に落ち込む尾根は非常に脆く悪く、また
 湯ノ沢の支流はいずれも30m級の棚を架け、沢登りでも上級者向けの沢となり、
 尾根しか歩かない登山者は間違うと大きな転滑落のリスクが生じてしまう。
・さて大杉山西尾根は右に広葉樹、左に植林のコンタクトラインを下りる。
 右の植林帯は735mで終わり、すぐ先のコルは右の湯ノ沢十ノ沢側は急峻なルンゼ
 と脆いザレになっているので、左側の土ザレ側をトラバースして、次の725m
 小ピークへ乗る。
・すぐ先の710mで柵が張られている北西尾根(十ノ沢と十一ノ沢の中間尾根)には
 乗らず、ここから南西側の砂と土の急なザレをキックステップで下りていく。
 下には左手が再び植林帯となっている平坦なコルが見えるのでそれを目指す。
・比較的平坦な尾根を北西方向に進むと馬草山(まぐさやま692m)に向かう登りと
 なるが、中盤まで登れば、植林作業径路は馬草山北東斜面をトラバースするよう
 付けられている。
 馬草山北東側の630mラインが尖った頭の形になっている小ピークの左手を通過
 するとやや径路も定かでなくなるが、植林帯の平坦な部分をひたすら西進して
 北向きの尾根まで出れば再び植林作業径路も明るくなってくるので、これを追う。
 次第に眼下に中川温泉の宿群が近づき、最後は左側の小さな支沢を横断して
 魚山亭裏側の敷地に出る。

◆マウントファーム登山学校(JMIA加盟)
  読図、沢登り、クライミング、雪山などのアクティビティを通じ、遭難を起こ
  さないための技術、知識および受け身ではなく主体性を持つ登山スタイルの
  養成をアシストしていきます。
  http://mt-farm.info/
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

中川橋左岸駐車場からスタート
2018年03月11日 09:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中川橋左岸駐車場からスタート
遠見山西尾根出だしの植林帯
2018年03月11日 09:21撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見山西尾根出だしの植林帯
おぉ今年の一番が咲き出した!
2018年03月11日 09:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ今年の一番が咲き出した!
春がいよいよ
2018年03月11日 09:27撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春がいよいよ
少しずつ香り出している
2018年03月11日 09:44撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ香り出している
1
600m小ピーク手前
2018年03月11日 09:57撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
600m小ピーク手前
植林に入れば遠見山は近い
2018年03月11日 10:41撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林に入れば遠見山は近い
柵沿いに北西へ進む
2018年03月11日 10:52撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柵沿いに北西へ進む
左手に見える地形図でもわかる窪地
2018年03月11日 11:26撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に見える地形図でもわかる窪地
山名標識は見つけにくいかも
2018年03月11日 11:37撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山名標識は見つけにくいかも
さぁいよいよ下降
尾根の特定を地形図使って確実に!
2018年03月11日 11:42撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁいよいよ下降
尾根の特定を地形図使って確実に!
1
右手広葉樹、左手植林の尾根です
2018年03月11日 11:59撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手広葉樹、左手植林の尾根です
1
この辺から過去道迷い遭難多発地帯
2018年03月11日 12:13撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺から過去道迷い遭難多発地帯
コルは棚沢側から
2018年03月11日 12:14撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルは棚沢側から
土と砂ザレの急斜面を下る
2018年03月11日 12:43撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
土と砂ザレの急斜面を下る
平坦な稜線を進む
2018年03月11日 12:49撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な稜線を進む
植林作業径路を使わせていただく
2018年03月11日 13:16撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林作業径路を使わせていただく
魚山亭の裏に出る
2018年03月11日 13:39撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
魚山亭の裏に出る
丹沢湖のバックウォーターは先日の雨で先まで伸びている
2018年03月11日 14:07撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢湖のバックウォーターは先日の雨で先まで伸びている
駐車場バック
2018年03月11日 14:08撮影 by FinePix XP90 XP91 XP95, FUJIFILM
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場バック
今回のトポ!特別公開でっす。
山は記憶でなく、記録に残せ!だよ。
使われる場合はご一報ください。©kamog
2018年03月13日 22:39撮影 by EP-808A Series, SEIKO EPSON CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のトポ!特別公開でっす。
山は記憶でなく、記録に残せ!だよ。
使われる場合はご一報ください。©kamog

感想/記録
by kamog

昨日はすっきりしなかった天気だが本日は昼前から絶好の登山日和となりました。
今回は過去に複数の道迷いと滑落遭難事故が起こっている大杉山へ読図講習です。
GPSに頼らず地形図とコンパスだけで確実な読図を実践。
受講者のMさんも当講習会へは何回かいらっしゃっているので
細かい地図読みテクニックの理解が深まり確実に進歩していました。

ミツマタが今年も開花し出していました。
それから山頂や下降尾根から「あれぇ、こんな陽気に何で谷間に雲が巻き上がって
いるのかなぁ・・・」
とよく見たら、黄色の多量な○粉でした・・・。
あれに巻き込まれたら、いかに鈍感な俺でも鼻水ツーッだわ。
訪問者数:347人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ