また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1399586 全員に公開 山滑走東海

残雪期の夜叉ヶ池 #40

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴のち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
広野ダム 除雪終了地点
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間34分
休憩
49分
合計
8時間23分
Sスタート地点07:2409:32夜叉ヶ池登山口09:4412:36夜叉ヶ池13:0414:17夜叉ヶ池登山口14:2615:47ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所が多く一般向きではありません
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

公衆トイレのところから除雪されていません
2018年03月11日 07:30撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公衆トイレのところから除雪されていません
夜叉ヶ池登山道への道は6月上旬までお預けらしいです
2018年03月11日 07:32撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉ヶ池登山道への道は6月上旬までお預けらしいです
いきなり土砂が
2018年03月11日 07:42撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり土砂が
ところどころ雪が切れてます
2018年03月11日 08:10撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころ雪が切れてます
その都度スキーを外して歩きます
2018年03月11日 08:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その都度スキーを外して歩きます
道幅が広いところもあります
2018年03月11日 08:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道幅が広いところもあります
また雪が切れ・・・
2018年03月11日 09:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雪が切れ・・・
4.7km歩いて無雪期登山口に来ました
2018年03月11日 09:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4.7km歩いて無雪期登山口に来ました
おっとあれが登山道への橋・・・スキー背負ってアイゼン装着して臨みます
2018年03月11日 09:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとあれが登山道への橋・・・スキー背負ってアイゼン装着して臨みます
1
地獄の急斜面を這い上がって尾根に取り付きました
2018年03月11日 11:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄の急斜面を這い上がって尾根に取り付きました
夜叉ヶ池方面
2018年03月11日 11:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜叉ヶ池方面
尾根沿いは比較的緩やか
2018年03月11日 12:03撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根沿いは比較的緩やか
あのピークの左側に夜叉ヶ池
2018年03月11日 12:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのピークの左側に夜叉ヶ池
1
霧氷の残りがありました
2018年03月11日 12:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷の残りがありました
ピークを巻いてきました
2018年03月11日 12:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークを巻いてきました
1
これが夜叉ヶ池
2018年03月11日 12:35撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが夜叉ヶ池
5
巻いたピーク
2018年03月11日 12:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻いたピーク
3
時々晴れ間も
2018年03月11日 12:46撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々晴れ間も
1
無雪期も含めて夜叉ヶ池は初めて
2018年03月11日 13:02撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無雪期も含めて夜叉ヶ池は初めて
6
巻きは結構際どいです
2018年03月11日 13:09撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きは結構際どいです
帰りの尾根沿い
2018年03月11日 13:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの尾根沿い
そして急斜面に向かいます
2018年03月11日 13:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして急斜面に向かいます
おっとキノコ
2018年03月11日 13:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっとキノコ
これは何かなぁ?
2018年03月11日 13:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは何かなぁ?
斜度が強まります
2018年03月11日 13:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜度が強まります
登っても下っても急
2018年03月11日 13:53撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っても下っても急
見上げるような斜度
2018年03月11日 14:12撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見上げるような斜度
そしていよいよ沢に
2018年03月11日 14:15撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしていよいよ沢に
核心部のトラバース
2018年03月11日 14:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心部のトラバース
これを下るのが最も恐怖!失敗すれば沢に落ちて大怪我
2018年03月11日 14:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを下るのが最も恐怖!失敗すれば沢に落ちて大怪我
1
やっぱり往路で使った右に向かうのが良さそう
2018年03月11日 14:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱり往路で使った右に向かうのが良さそう
もう少し雪が減らないと
2018年03月11日 14:25撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し雪が減らないと
帰りの林道
2018年03月11日 14:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの林道
雪切れでスキーを外し、そして大半漕ぎ歩き。
2018年03月11日 14:58撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪切れでスキーを外し、そして大半漕ぎ歩き。
ダム湖に戻ってきました
2018年03月11日 15:35撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダム湖に戻ってきました
ゴールは長かった・・・
2018年03月11日 15:43撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールは長かった・・・

感想/記録

前回は大雪でスタックして行けなかった広野ダムにまたやってきました。今回は問題なく、他にも登山者がおられます。
斜面の雪はだいぶなくなってきているので、夜叉ヶ池登山口への林道をシール歩行で進みます。土砂混じりの片斜面、水が流れていて雪が切れているところで手間がかかります。片斜面はスリップすればかなり危険です。
片道4.7kmを2時間少々歩いてようやく登山口です。が、そこには細い橋の先の雪の壁が・・・。ステップを切ってよじ登った跡がありましたが、その左側は落ちれば沢にフォールする危険なトラバース。これはちょっと・・・ということで、橋を渡る前にスキーを脱いで背負い、兼用履にはアイゼン装着して臨みました。滑り落ちることは絶対に許されない緊張感は西穂〜奥穂縦走路のようです。
左の死のトラバースは避けて、右の斜面に取り付きます。ここも結構な斜度ですが、シートラのままアイゼンを急斜面に軋ませ、ピックストックを突き刺して這い上がります。かなり時間がかかりましたが、ここをクリアすれば尾根沿いは比較的安心して歩けます。
夜叉ヶ池に向かうところにあるピークは夏道も巻いてますが、もちろん急斜面のトラバースになるので結構緊張します。雪はもちろん硬く、その上に霧氷の剥がれた雪が散らばってる状況です。それを何とかクリアして、しばらく広々とした雪原を歩くとようやく夜叉ヶ池に到着です。
ちなみに無雪期の夜叉ヶ池に行ったことがないので(笑)、比較ができませんから感慨深さは浅いのでしょう。それでもこの奥地に来たこと自体が感慨深かったです。
ここで凍った夜叉ヶ池を眺めながらゆっくりカップ麺をいただきます。こういう贅沢もいいものです。さて風も強いことですしそろそろ帰りましょう。この硬い斜面を安全に滑って帰らなくてはなりません。スキーはシールを剥がすと、トラバースはかなり得意でシャーッと一気にクリアできます。ただ登りになっていると、エッジを効かせながらカニ歩きで登ることになるので結構ハードです。
ロング山行で喉が渇くのでしょっちゅう休憩しては水分補給します。といっても1L飲みませんでした。そして帰りは登山口から左側の尾根から帰ることにしました。地形図ではこちらの方が斜度が緩いのですが、それでも相当強く、どちらも似たようなものでした。なのでやはり右側のほうがいいかなと思います。
そして沢沿いのトラバースをクリアしたらスキーを脱いで地獄の雪壁クライムダウンで橋に着地します。これは本当に心臓に悪く、雪壁のステップとピックストックの食い込みを頼りにそろそろと降りました。スキーやストックを沢に落としたらそれを拾うのも相当困難だと思います。
さて後は林道スキー・・・ですが斜度があまりなく、大半を漕いで歩きます。3〜4回雪が切れたところでスキーを脱ぎました。また片斜面のところはカニ歩きで登っていくことになります。
冬の夜叉ヶ池というのは神秘的でレアなものだと思いますが、いかんせん難易度とリスクが高いと思います。十分な体力と雪山技術、そして確保技術を備えて挑戦していただければと思います。
訪問者数:422人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ