また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1400238 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳西尾根

日程 2018年03月10日(土) 〜 2018年03月11日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候2日とも晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新穂高ロープウェイ下の無料駐車場に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間28分
休憩
20分
合計
7時間48分
S新穂高登山指導センター07:1507:19新穂高温泉駅07:35小鍋谷ゲート07:3808:25穂高平小屋08:4215:03宿泊地
2日目
山行
4時間40分
休憩
37分
合計
5時間17分
宿泊地05:2207:56西穂高岳07:5808:22チャンピオンピーク4峰08:2708:39ピラミッドピーク08:4209:03西穂独標09:0809:37西穂山荘09:5210:10旧ボッカ道分岐10:1310:34西穂高口(千石平)10:3810:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
人気ルートのため、大部分はトレース有。
その他周辺情報平湯の森 500円/人
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 雨具 ネックウォーマー バラクラバ 毛帽子 着替え 予備靴ひも ザック アイゼン ピッケル ビーコン スコップ ゾンデ 行動食 非常食 調理用食材 調味料 飲料 水筒(保温性) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ナイフ カメラ シェラフ ヘルメット
共同装備 ツェルト ポール テント テントマット

写真

新穂高の登山センター
2018年03月10日 07:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新穂高の登山センター
西尾根新道?
2018年03月10日 08:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西尾根新道?
斜面を登っていく
2018年03月10日 12:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を登っていく
1946m
ここでやっとひたすらの登りが終わる。
2018年03月10日 12:54撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1946m
ここでやっとひたすらの登りが終わる。
ごろごろ岩
2018年03月10日 13:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ごろごろ岩
今回は青空に恵まれた
2018年03月10日 13:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は青空に恵まれた
1
見事な雲海
2018年03月10日 13:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な雲海
1
見事な雲海2
2018年03月10日 14:10撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な雲海2
2
2300m付近で幕営
2018年03月10日 15:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2300m付近で幕営
夕日とヘルメット
2018年03月10日 17:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕日とヘルメット
第一岩壁上部
2018年03月11日 05:53撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第一岩壁上部
綺麗な稜線
2018年03月11日 07:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗な稜線
1

感想/記録

急に週末の天気が良くなったので、西穂西尾根へ。
金曜日の夜に出発し、仮眠を挟み、6時ごろ新穂高の駐車場に到着。
準備を終え、出発。雪の積もった舗装路を進み、穂高平避難小屋へ。そこには西尾根新道と書かれた看板が。ただ前回の記憶では舗装路の脇から適当に取り付いたので、今回も同様に舗装路から登れるところにとりつく。
あとからテン場で会った方から話を聞くと新道が最短で登れるルートだったみたいであった。そうとはつゆ知らず登り始める。
下部は雪表面は固いものの内部はスカスカであり、ひたすら踏み抜く。
ルートはわかりやすく迷うことはないが、体力はどんどん削られるわ、時間はかかるわで大変であった。1,700mほどに差し掛かると、雪も締まりペースも上がり、そこからテン場である2,300mまではあっという間であった。
2日目は5時過ぎにテン場を出発。早々に第一岩壁にとりつく。岸壁左側から巻いて登っていく。岩壁を抜けると雪稜が続く。迷うところはなく。登っていく。第2岩峰も左側から登る。一部凍っているところもあったため、慎重に登る。
ここを抜けるとピークまではすぐ。そこからは一般ルートを下り西穂山荘へ。天気も良かったため多くの人でにぎわっていた。

2度目の西尾根であったが、天気も良く気持ちのいい山行であった。
訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ