また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1400369 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

六甲 梅の保久良神社からつららの有馬へ

日程 2018年03月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 阪急岡本駅
帰り 有馬BTから阪急宝塚駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間36分
休憩
37分
合計
5時間13分
Sスタート地点09:1009:19岡本八幡神社09:37保久良神社09:4810:11金鳥山10:40風吹岩10:4110:52荒地山への分岐10:5311:34雨ヶ峠11:4912:05本庄橋跡12:0612:09本庄堰堤北側の分岐12:1012:57一軒茶屋13:0414:15かんぽの宿 有馬14:23有馬本温泉 金の湯G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
09:10 阪急岡本駅
09:40 保久良神社
10:40 風吹き岩
11:40 雨が峠
12:10 七曲りへの分岐
13:00 一軒茶屋
14:30 有馬金泉の足湯

合計時間5時間22分 合計距離11.4km
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

感想/記録

朝から空が青く晴れ上がっていた。室内にいると窓から朝日が射し込んで暖かく、重ね着した上着を一枚脱ぐほどだったが、一歩外に出てみると空気が意外に冷たい。歩いている人も完全に真冬のいでたちである。まっいいかと電車に乗ったがやはり寒い。保久良神社までを早足で駆け上がり、やっと暖かくなった。

梅は見頃であった。咲き誇る白梅紅梅の枝の向こうに神戸のビルや港が広がり絶景である。岡本梅林公園ほど有名ではないがハイキングがてらの見物客が盛んにカメラを向けていた。

風吹き岩で休憩後、雨が峠への道でどうも前がつかえる。人々の背中越しに先を見るとボーイスカウトのリーダーさんが護衛していた。子ども達も山歩き開始である。雨が峠の先、北側斜面には立派な霜柱が土から姿を見せていた。やはり今日は寒いのだ。

一軒茶屋に着いて驚いた。なんと「六甲全山縦走大会」の幟が立っていて山頂直下の広場には多くの人々がひしめき合っていた。帰ってから調べると、秋にある「六甲全縦」は神戸市主催で、春(3月11日)は「兵庫労山」という団体が主催だそうだ。専用の簡易トイレが設置されていて立派なものである。

賑わう広場をあとにして有馬への下山道に入る。道は凍っていなかったが、途中倒木が道をふさいでいるところがあり、上を見上げると土の間から立派なつららが何本も垂れていた。凍った滝状に繋がっているものもある。15センチくらいかなと考えていたら、さらに有馬へくだったところでは30センチ以上のつららが土からぶら下がっていた。これも倒木の根っこあたりから水が浸み出してきたものである。

もうそろそろ春の草花が見られるかもと思ってきたが、有馬はまだ冬の中にいる。
訪問者数:106人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

倒木 霜柱 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ