また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1401919 全員に公開 山滑走白山

白山・別当出合を雪崩が直撃

日程 2018年03月14日(水) [日帰り]
メンバー
 YSHR(CL)
天候晴れ時々くもり
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
13時間0分
休憩
1時間0分
合計
14時間0分
S白峰ゲート00:3003:30市ノ瀬05:35別当出合05:35別当覗05:4008:16甚之助避難小屋08:2009:40白山室堂09:5010:21白山10:4011:23別当出合11:3012:05市ノ瀬12:2014:30白峰G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
0.30 510m 白峰ゲート発
2.07 600m 百万貫
3.30 830m 市ノ瀬
5.35 1240m 別当出合
6.55 1500m 中飯場
8.16 1970m 甚ノ助ヒュッテ
9.18 2350m 弥陀ヶ原
9.40 2470m 室堂
10.21 2702m 白山山頂
10.40 2702m 白山山頂発
11.23 1240m 別当出合
12.05 830m 市ノ瀬
14.30 510m 白峰ゲート
コース状況/
危険箇所等
白峰ゲートから除雪はない、市ノ瀬まで10kmさらに別当出合まで6kmの長い林道。
白峰-市ノ瀬間の林道はデブリも多く雪崩に注意。
別当出合の休憩舎の屋根までデブリが押し寄せていて、ライブカメラも傾いている。
砂防新道の雪は豊富、甚之助小屋は埋まっている。

写真

白峰から5時間かけてようやく別当出合へ観光新道から落ちてきた雪崩が休憩舎の屋根まで達していた
2018年03月14日 05:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰から5時間かけてようやく別当出合へ観光新道から落ちてきた雪崩が休憩舎の屋根まで達していた
20
木々もなぎ倒されぐちゃぐちゃになっていた
2018年03月14日 05:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々もなぎ倒されぐちゃぐちゃになっていた
6
観光新道方面、ライブカメラが土台から傾いていた
2018年03月14日 05:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光新道方面、ライブカメラが土台から傾いていた
9
休憩舎の屋根に乗ってみた。屋根に上がって大鳥居を見た
2018年03月14日 05:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎の屋根に乗ってみた。屋根に上がって大鳥居を見た
7
休憩舎を雪崩が覆って中に入れなかった、この場所でこうした雪崩を見たのは初めてであった
2018年03月14日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩舎を雪崩が覆って中に入れなかった、この場所でこうした雪崩を見たのは初めてであった
9
一本橋を渡って石畳を登ると大長山に日が射していた
2018年03月14日 06:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本橋を渡って石畳を登ると大長山に日が射していた
7
中飯場のトイレは完全に埋まっていた
2018年03月14日 06:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中飯場のトイレは完全に埋まっていた
5
砂防新道に上がると日が射してきた
2018年03月14日 07:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防新道に上がると日が射してきた
10
観光新道側は日当たりが良くて雪崩跡がたくさんあったので帰りの滑降は避けることにした
2018年03月14日 07:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光新道側は日当たりが良くて雪崩跡がたくさんあったので帰りの滑降は避けることにした
18
砂防新道から大長山を見下ろす
2018年03月14日 07:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防新道から大長山を見下ろす
7
砂防新道は白い台地と化している
2018年03月14日 08:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防新道は白い台地と化している
5
別山も白い
2018年03月14日 08:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山も白い
12
砂防新道1700m帰りはザラメで快適そうだ
2018年03月14日 08:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂防新道1700m帰りはザラメで快適そうだ
6
甚之助小屋付近、小屋は完全に没していた
2018年03月14日 08:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助小屋付近、小屋は完全に没していた
10
甚之助小屋から直上してエコーラインに出た、白山がドン
2018年03月14日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甚之助小屋から直上してエコーラインに出た、白山がドン
13
白山周辺では自衛隊のヘリが何度も旋回していた、僕にも気が付いていただろう
2018年03月14日 09:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山周辺では自衛隊のヘリが何度も旋回していた、僕にも気が付いていただろう
17
室堂センターも雪に埋まる
2018年03月14日 09:47撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂センターも雪に埋まる
11
祈祷殿と大鳥居、かなり雪解けは早い
2018年03月14日 09:48撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祈祷殿と大鳥居、かなり雪解けは早い
28
祈祷殿の赤が眩しかった
2018年03月14日 09:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祈祷殿の赤が眩しかった
14
室堂を振り返る、別山には雲がずっとかかっていた
2018年03月14日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂を振り返る、別山には雲がずっとかかっていた
31
ゴール、白峰を出て約10時間の長旅だった
2018年03月14日 10:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール、白峰を出て約10時間の長旅だった
37
奥社の氷の鎧は落ちていた、今日も入念にお参りした
2018年03月14日 10:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥社の氷の鎧は落ちていた、今日も入念にお参りした
22
帰りの砂防新道、ザラメで快適だった
2018年03月14日 11:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの砂防新道、ザラメで快適だった
13
帰りの別当出合、山頂から40分で滑ってきた。これが山スキー
2018年03月14日 11:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの別当出合、山頂から40分で滑ってきた。これが山スキー
12
別当出合手前の林道も大きな雪崩で塞がれていた
2018年03月14日 11:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別当出合手前の林道も大きな雪崩で塞がれていた
7
気温が上がり市ノ瀬まで手漕ぎで滑った
2018年03月14日 12:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温が上がり市ノ瀬まで手漕ぎで滑った
6
市ノ瀬て前の橋、雪は多い、市ノ瀬から白峰までの10km、足の小指が痛い
2018年03月14日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬て前の橋、雪は多い、市ノ瀬から白峰までの10km、足の小指が痛い
4
市ノ瀬発電所
2018年03月14日 12:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
市ノ瀬発電所
3
全層雪崩、今年は雪が多くて全層雪崩至る所で起きていた
2018年03月14日 13:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全層雪崩、今年は雪が多くて全層雪崩至る所で起きていた
7
雪切れも何箇所もありそのつど板を脱ぐのが面倒
2018年03月14日 13:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪切れも何箇所もありそのつど板を脱ぐのが面倒
2
大きな全層雪崩も何箇所もある
2018年03月14日 14:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな全層雪崩も何箇所もある
5
隊道前後も雪崩でデブっている
2018年03月14日 14:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
隊道前後も雪崩でデブっている
7
記念写真、単独なんで自分で撮るしかない
2018年03月14日 14:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念写真、単独なんで自分で撮るしかない
41
無事ゴール、車が見えた。14時間の難儀でした
2018年03月14日 14:39撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事ゴール、車が見えた。14時間の難儀でした
17
白峰から先除雪はありません、自己責任で入山して下さい。23ヶ月連続登頂!
2018年03月14日 14:46撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白峰から先除雪はありません、自己責任で入山して下さい。23ヶ月連続登頂!
16
撮影機材:

感想/記録
by YSHR

白山のライブカメラで別当出合を大きな雪崩が直撃していた。これは見に行かなければならない、それと白山連続登頂23ヶ月目も果たさなければ、できれば今年30回の大台に乗せて前人未到の記録を作ろうか?この記録を破る人がいるとすれば大魔人だけだろう。

今日も23時に自宅を出た。除雪は進んでいるだろうか?チャリが使えれば別山から白山周回しよう。白峰には0時過ぎ到着した。さて除雪は?ゲートを照らすと何と全く除雪されていなかった。チャリはただのお荷物だった。深夜0時半ゲートをスタート、雪はカチカチだった。今日はファットで来た。ただ雪面はガタガタなので快適歩行という訳にはいかない。硬い林道は足には良くない、早々に足の小指が痛くなってきた。

林道はたまに雪切れしていて板を脱ぐのが面倒、隊道前後はデブリも多くてこれまた難儀、ラッセルはないが決して楽ではなかった。百万貫まで1時間半、もう足の小指が痛くてめちゃ辛いが行くしかない。市ノ瀬手前で帰りの燃料をデポした。予定通り市ノ瀬まで3時間であった。ここで少し休んだ。ここから斜度が増すので小指の痛みは少し楽になった。ガンガン林道をカットして進む。星が綺麗だ、単独は単調で話し相手がいないから眠くなる。

足の小指が痛くてスピードは出せないが、まあまあのペースだろう。別当出合手前の林道で大きなデブリが、このデブリは別当出合の大きな雪崩の一部だった。ようやく白んできた。別当出合は雪崩が直撃して休憩舎の屋根までデブリが押し寄せていた。こんな光景初めてであった。ライブカメラも傾いていた。自然の脅威だ。写真を撮りまくった。一本橋は雪も落ち楽勝だった。

石畳をガンガン上り急ごう。斜度が増せば足の小指は痛くなくなった。観光新道斜面は雪崩も多い、帰りは単独だし避けよう。砂防新道は真っ白な台地と化していた。今日も朝日が射しマンダムな朝を迎えた。甚之助8時過ぎ、ほぼ埋まっていた。しかしこの先ガスが出てきて視界がなくなった。聞いてナイス!アイスモンスターは皆死んでいたから甚之助から直上してエコーラインに乗り上げた。ここでガスが晴れ白山が見えた。上空には自衛隊のヘリが何度も旋回して訓練していた。

弥陀ヶ原から室堂に出てさてロックオン、数日前の新雪で氷は隠れて歩きやすかった。ピークへ直に登り上げ約10時間で御前峰ゴール。風も穏やかで心地よい、今日も入念に奥社でお参りした。帰りは安全策で砂防新道経由とする。

室堂までは氷化していたが室堂から下はザラメの快適スベスベ斜面だった。単独だからノンストップで降りた。別当出合まで山頂から40分でした。これが山スキー、一本橋を渡って後は林道消化試合、ただ気温は上がり自動運転にはならない、手漕ぎで漕ぎまくって市ノ瀬へ、ここからの平坦林道は足の小指が再度悲鳴を上げた。堪忍して下さい。小指保護のためベロを差し込みベルトも締めた。

滑らない林道に市ノ瀬から2時間半かけて白峰に着いた。ラッセルも辛いが硬い平坦な林道も辛い、白峰からの白山は甘くはない。無事23ヶ月連続達成!
訪問者数:5094人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/3/21
投稿数: 76
2018/3/15 9:45
 先生おひとりで
23カ月、白山登頂おめでとうございます!!
最近は、雪崩など融雪による危険性の高まるなか、おひとりで行かれたんですね(*´Д`*) すごすぎます!!
残り少ない、シーズンを無事に完全燃焼してください!
登録日: 2013/5/30
投稿数: 68
2018/3/15 11:11
 Re: 先生おひとりで
この日は皆都合が悪く単独でした。単独と仲間がいるときでは行動パターンは異なりコースやペースも変えます。安全を最優先に考え無理はしません。山行中も家族や仲間に山の写真を送り現在地も伝えるようにします。厳冬期の雪崩と違い春の雪崩は全層で巻き込まれたら助かりませんから移動時間や危険箇所の通過は慎重さが求められます。今年は残雪が多くて今後も更に慎重に山に入りたいと考えています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ