また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1402410 全員に公開 ハイキング東海

<東海の山> Vol.45 : 鷲頭山〜徳倉山〜香貫山 (沼津アルプス)

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス
往路 : JR沼津駅から伊豆箱根バス約30分、多比バス停下車。
帰路 : JR沼津駅。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
22分
合計
4時間29分
S多比バス停11:1312:17鷲頭山12:2713:32徳倉山13:3414:46香貫山14:5515:21香貫山登口15:2215:42沼津駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
よく踏まれた歩き易い道です。道標も多く、迷うことはまずありません。
その他周辺情報沼津駅周辺は賑やかな繁華街です。「沼津漁港直送」と掲げたお店もあって、心惹かれます…。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 サブザック 昼ご飯 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック
備考 前日の天気予報では晴れだったのですが、ほぼ一日中曇り空でした…。

写真

名古屋から東海道線の鈍行乗り継ぎで4時間半、「青春18きっぷ」を片手に降り立ったのは沼津駅。きょうは少し遠出です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名古屋から東海道線の鈍行乗り継ぎで4時間半、「青春18きっぷ」を片手に降り立ったのは沼津駅。きょうは少し遠出です。
駅前からバスに乗ります。ライオンズのマークが描かれています。伊豆箱根バスは西武グループでしたね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前からバスに乗ります。ライオンズのマークが描かれています。伊豆箱根バスは西武グループでしたね。
約30分程で終点の多比バス停です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
約30分程で終点の多比バス停です。
バス停の近くには登山口の標識があります。標識に従って細い路地に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バス停の近くには登山口の標識があります。標識に従って細い路地に入ります。
しばらくは舗装路歩きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは舗装路歩きです。
舗装路が尽きて山道になります。スイセンの花が咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
舗装路が尽きて山道になります。スイセンの花が咲いていました。
山腹を緩やかに上っていきます。よく整備された歩き易い道で、道標も多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹を緩やかに上っていきます。よく整備された歩き易い道で、道標も多いです。
山腹を上り詰めたところが多比口峠です。ここからは稜線歩きとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山腹を上り詰めたところが多比口峠です。ここからは稜線歩きとなります。
相変わらず歩き易く、遊歩道のような道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
相変わらず歩き易く、遊歩道のような道が続きます。
稜線歩きに起伏は付き物、小さな上り下りを繰り返します。正面の盛り上がりはこれから向かう鷲頭山でしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線歩きに起伏は付き物、小さな上り下りを繰り返します。正面の盛り上がりはこれから向かう鷲頭山でしょうか。
鷲頭山へ向けて、少し急斜面となります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲頭山へ向けて、少し急斜面となります。
鷲頭山の山頂に着きました。ちょうどお昼時、ざっと30名くらいの方々で賑わっています。このあたりでは人気の山のようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲頭山の山頂に着きました。ちょうどお昼時、ざっと30名くらいの方々で賑わっています。このあたりでは人気の山のようです。
山頂から西側の展望です。眼下には駿河湾が拡がっています。晴れていれば富士山が見える筈ですが、きょうは残念。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西側の展望です。眼下には駿河湾が拡がっています。晴れていれば富士山が見える筈ですが、きょうは残念。
東側には伊豆の山々が連なっていますが、このあたりの地理には疎く、山座同定は難しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側には伊豆の山々が連なっていますが、このあたりの地理には疎く、山座同定は難しいです。
さて、エネルギー補給。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、エネルギー補給。
小憩の後、稜線歩きを再開です。登山道を樹々が覆って、トンネルのようになっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小憩の後、稜線歩きを再開です。登山道を樹々が覆って、トンネルのようになっています。
小鷲頭山のピークです。ここでも数名の方々が休憩されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鷲頭山のピークです。ここでも数名の方々が休憩されています。
小鷲頭山からの下りは少しだけ急坂で、鎖が設置されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小鷲頭山からの下りは少しだけ急坂で、鎖が設置されています。
北東側の展望です。箱根あたりの山々が望まれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東側の展望です。箱根あたりの山々が望まれます。
起伏の多い稜線ですが、こういう平坦なところでは少しだけほっとします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
起伏の多い稜線ですが、こういう平坦なところでは少しだけほっとします。
ここは「き★らら展望台」、何て読むんでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは「き★らら展望台」、何て読むんでしょうか?
少し上って「奥駿河パノラマ台」、その名の通り、駿河湾のパノラマが拡がっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し上って「奥駿河パノラマ台」、その名の通り、駿河湾のパノラマが拡がっています。
さらに上ると志下山、またの名を「さざなみ展望台」というそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに上ると志下山、またの名を「さざなみ展望台」というそうです。
志下山を越えると下り坂となって、下りきったところが志下坂峠です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志下山を越えると下り坂となって、下りきったところが志下坂峠です。
志下坂峠からはまた上り返しとなります。単調な上りではなく、小さな起伏を繰り返しながら緩やかに上っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
志下坂峠からはまた上り返しとなります。単調な上りではなく、小さな起伏を繰り返しながら緩やかに上っていきます。
上り坂が尽きると徳倉山です。数名の方々が休憩されていて、「晴れていれば富士山が…」などと話されています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上り坂が尽きると徳倉山です。数名の方々が休憩されていて、「晴れていれば富士山が…」などと話されています。
徳倉山からも小さな起伏が続きます。さすがに疲れてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳倉山からも小さな起伏が続きます。さすがに疲れてきました。
横山のピークです。展望はなく、たんなる稜線上の起伏といった感じです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横山のピークです。展望はなく、たんなる稜線上の起伏といった感じです
横山からは階段の下りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横山からは階段の下りです。
階段を下りきって八重坂峠、ここで一旦車道に出ます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
階段を下りきって八重坂峠、ここで一旦車道に出ます。
八重坂峠から香貫山へ、本日最後の上りとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八重坂峠から香貫山へ、本日最後の上りとなります。
香貫山の山頂が近付いてきたようです。やれやれ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香貫山の山頂が近付いてきたようです。やれやれ。
山頂の展望台から北側、沼津市街と駿河湾の展望です。正面の富士山は一合目あたりまでしか見えていません。残念…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の展望台から北側、沼津市街と駿河湾の展望です。正面の富士山は一合目あたりまでしか見えていません。残念…。
南側にはこれまで歩いてきた稜線が連なっています。遠景には伊豆の山々も。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側にはこれまで歩いてきた稜線が連なっています。遠景には伊豆の山々も。
香貫山からはゆるゆるとした車道歩きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香貫山からはゆるゆるとした車道歩きです。
中腹には香稜台という公園があります。ここまではクルマで来られるので、家族連れと思われる方々もおられます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中腹には香稜台という公園があります。ここまではクルマで来られるので、家族連れと思われる方々もおられます。
公園のサクラ、開花まで秒読みですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
公園のサクラ、開花まで秒読みですね。
香貫山登山口に下りてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
香貫山登山口に下りてきました。
山麓から、きょう歩いてきた稜線を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓から、きょう歩いてきた稜線を振り返ります。
しばらく車道を歩いて沼津駅に戻ってきました。ふぅ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらく車道を歩いて沼津駅に戻ってきました。ふぅ。
沼津駅からまた電車に揺られます。きょうは名古屋へ戻るのではなく、東へと向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼津駅からまた電車に揺られます。きょうは名古屋へ戻るのではなく、東へと向かいます。
熱海駅で乗り換え。ここから先はJR東日本の領域、東海脱出です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
熱海駅で乗り換え。ここから先はJR東日本の領域、東海脱出です。
小田原駅、ここで下車します。神奈川県まで来ちまったぜ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田原駅、ここで下車します。神奈川県まで来ちまったぜ。
駅前のホテルにチェックインします。名物の押し寿司をサカナに一杯やりますが、明朝は早いので、ほどほどに切り上げることにします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前のホテルにチェックインします。名物の押し寿司をサカナに一杯やりますが、明朝は早いので、ほどほどに切り上げることにします。

感想/記録

標高は低いものの、起伏が多く、それなりの距離もあって、意外に歩きがいがありました。岐阜の各務ヶ原アルプスに似ているなと思いました。
訪問者数:147人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

山座同定 道標 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ