また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403074 全員に公開 山滑走栗駒・早池峰

栗駒山 〜硬いのと軟らかいのと〜

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候小雪 強風 適温 時折ホワイトアウト
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間24分
休憩
9分
合計
3時間33分
Sスタート地点08:3109:16いわかがみ平09:1910:57中央・東栗駒コース合流地点10:5911:07栗駒山11:1011:30中央・東栗駒コース合流地点11:51東栗駒コース登山口11:5212:04ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
旧いこいの村〜いわかがみ平:軟雪
いわかがみ平〜中央展望台:ハードパック
山頂直下:アイスバーン

写真

移動性高気圧に覆われ、青空と新芽で気分上々
2018年03月17日 08:47撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
移動性高気圧に覆われ、青空と新芽で気分上々
1
向かい風で押し戻されながらも、順調に登頂。
しかし、視界が悪すぎて笊森〜真湯温泉は滑走できず。
ここで、スキン(シール)をはずして、ワックス棒塗り。
2018年03月17日 11:10撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かい風で押し戻されながらも、順調に登頂。
しかし、視界が悪すぎて笊森〜真湯温泉は滑走できず。
ここで、スキン(シール)をはずして、ワックス棒塗り。
一面銀世界。なんて綺麗なもんじゃない。
すぐに滑降開始します。ガリガリのアイスバーンを。
2018年03月17日 11:10撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一面銀世界。なんて綺麗なもんじゃない。
すぐに滑降開始します。ガリガリのアイスバーンを。
奥宮への御供え物。
秋田駅で売っていました。
2018年03月17日 11:16撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥宮への御供え物。
秋田駅で売っていました。
1
栗駒山の「標準装備」ともいえる北西からの強風にあおられながら。
2018年03月17日 11:35撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
栗駒山の「標準装備」ともいえる北西からの強風にあおられながら。
すこし見えた山
2018年03月17日 11:39撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこし見えた山
1
本日の装備(その1)
2018年03月17日 11:40撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の装備(その1)
5
本日の装備(その2)
2018年03月17日 11:40撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の装備(その2)
3
宮城県側は、晴れているようですが
2018年03月17日 11:51撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮城県側は、晴れているようですが
1
ずっとこんな感じです。
2018年03月17日 11:51撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずっとこんな感じです。
1
一気に滑って、戻りました。
2018年03月17日 12:04撮影 by F-03H, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に滑って、戻りました。
3

感想/記録

予定では、山スキーでイワカガミ平から登って、笊森を経て真湯温泉に滑降する計画でした。(真湯温泉駐車場へのお迎えを無理にお願いし・・・)
ところが本日の女神さまはご機嫌斜めなようで、「栗駒標準仕様の強風」に押し戻されながら、山頂直下のガリガリ・アイスバーンでシールの効きも悪くズルズル後退。
山頂には予定通り到達したものの、笊森や避難小屋方面の見通しが全くきかないので、イワカガミ平ピストンに急きょ変更しました。
山頂直下の南東大斜面は広々としていて素晴らしい1枚バーンなのですが、アイスバーンとハードパックの連続で、踏んでも踏んでもエッジがかなり落とされがちでした。(上級者というほどではないので)
ところがイワカガミ平まで降りると雪が柔らかくなっていて、ブナとダケカンバのツリーランを楽しむことができました。(久しぶりのウェーデルン)
今日もありがとう!

※呑みながら思い出したので追記(笑)
 駐車場敷地内には無線施設がありメンテナンス作業が行われていました。
帰りには、入口のバリケードも狭められていたので、作業の支障にならない様に注意しましょう。
また、除雪されているとはいえ、ほぼ1車線の幅員なので、対向車とのすれ違いに注意しましょう。「狭い道、ゆづる心に金メダル」の精神で。
なお品川、横浜ナンバーの車も来ていましたが、ほとんどは地元ナンバー(仙台、宮城、平泉)でした。皆様、お疲れ様でした。
ということで、明日は仙台の美術館へ。
訪問者数:269人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ