また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1403771 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道南

冷水岳(八雲町熊石)/東尾根ルート

日程 2018年03月17日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り一時小雪舞う
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道277号線雲石国道、見市トンネル先のパーキングに駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
18分
合計
6時間51分
Sスタート地点06:5909:05co700m付近11:02冷水岳11:2013:50ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルートは明瞭な尾根通しなので迷うような箇所はないと思います。
所々急登、急斜面あります。
co900m付近、山頂付近など雪庇・クラック注意な箇所あり。
co350m付近より上は全てアイゼンで歩きましたが、スノーシューでも行けたと思います。但し、雪面は常に変化するので状況に合わせた対応が求められます。
その他周辺情報見市温泉(500円)
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

日の出、天気は良さそうです
2018年03月17日 05:58撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出、天気は良さそうです
6
雲石国道から見える雄鉾岳。
冬に登ろうなんて考えてはいけません( `ー´)ノ
2018年03月17日 06:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲石国道から見える雄鉾岳。
冬に登ろうなんて考えてはいけません( `ー´)ノ
6
見市トンネル出口(熊石側)の所から登り始めます。
写真左の尾根に取付きますが、のっけから超急登
2018年03月17日 07:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見市トンネル出口(熊石側)の所から登り始めます。
写真左の尾根に取付きますが、のっけから超急登
3
最初の急登、標高差約150mを登りきると緩やかになりますが、またすぐに次の急登が待ち構えています
2018年03月17日 07:36撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の急登、標高差約150mを登りきると緩やかになりますが、またすぐに次の急登が待ち構えています
1
堅雪なのでアイゼンに換装して次の急登に挑む。
Wポールの方が登りやすいのでピッケルは最初しか使いませんでした
2018年03月17日 07:49撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堅雪なのでアイゼンに換装して次の急登に挑む。
Wポールの方が登りやすいのでピッケルは最初しか使いませんでした
1
c450付近の尾根は直登するには急すぎるので、トラバースして右に見える尾根から登りました。
トラバースは雪崩れる可能性もある斜面なので注意
2018年03月17日 08:14撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
c450付近の尾根は直登するには急すぎるので、トラバースして右に見える尾根から登りました。
トラバースは雪崩れる可能性もある斜面なので注意
1
序盤は急登が続くのでどんどん高度が上がります。
雄鉾岳が見えます
2018年03月17日 08:23撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
序盤は急登が続くのでどんどん高度が上がります。
雄鉾岳が見えます
道南のマッターホルン、岩子岳も見えます
2018年03月17日 08:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道南のマッターホルン、岩子岳も見えます
5
急登をクリアすると緩やかになり良い雰囲気になってきました
2018年03月17日 08:37撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をクリアすると緩やかになり良い雰囲気になってきました
2
振り返る度に見える景色が変わります
2018年03月17日 08:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返る度に見える景色が変わります
3
山頂を捉えました。まだかなり遠く感じます。行けるのだろうか・・・
2018年03月17日 08:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂を捉えました。まだかなり遠く感じます。行けるのだろうか・・・
3
なんども振り返って景色を楽しむ
2018年03月17日 08:51撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんども振り返って景色を楽しむ
4
ぶな爺さん
2018年03月17日 09:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶな爺さん
4
日本海も見えてきます
2018年03月17日 09:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海も見えてきます
1
道南のグランドじょラス、雄鉾岳をアップで
2018年03月17日 09:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道南のグランドじょラス、雄鉾岳をアップで
6
写真1枚に収まらないのでパノラマで撮ってみます。
左の岩子岳〜右の雄鉾岳
2018年03月17日 09:16撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真1枚に収まらないのでパノラマで撮ってみます。
左の岩子岳〜右の雄鉾岳
4
なかなか近づかない山頂
2018年03月17日 09:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか近づかない山頂
1
岩子岳、ペンケ岳をアップで
2018年03月17日 09:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩子岳、ペンケ岳をアップで
7
かなり上がってきました
2018年03月17日 09:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かなり上がってきました
だいぶ近付きましたがまだ遠い。
稜線伝いに右から回り込みます
2018年03月17日 09:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいぶ近付きましたがまだ遠い。
稜線伝いに右から回り込みます
1
co900m付近は巨大な雪庇にクラックが入っている!
2018年03月17日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
co900m付近は巨大な雪庇にクラックが入っている!
1
木の間際までクラックがあるので、左の林のなかを進みます
2018年03月17日 10:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間際までクラックがあるので、左の林のなかを進みます
2
徐々に近づく山頂
2018年03月17日 10:07撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に近づく山頂
3
小腹がすいたので
2018年03月17日 10:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小腹がすいたので
7
いよいよ山頂へ続く尾根へ。
意外と広くてどこら辺が危険か分からないので、真ん中を行く。
クラックに注意して進みましたが、下の方は全く安全でした。
2018年03月17日 10:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂へ続く尾根へ。
意外と広くてどこら辺が危険か分からないので、真ん中を行く。
クラックに注意して進みましたが、下の方は全く安全でした。
頂上が近付くと狭くなってきます。
巨大な雪庇に覆われてしまっているのでしょうか、一見安全そうですが何があるか分からないので一歩一歩慎重に登る。
2018年03月17日 10:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が近付くと狭くなってきます。
巨大な雪庇に覆われてしまっているのでしょうか、一見安全そうですが何があるか分からないので一歩一歩慎重に登る。
4
雪庇の向こうは急斜面、高度感にちょっとビビるが、余計なことを考えずに雪面を確実にグリップして登れば大丈夫。でもかなり緊張してました
2018年03月17日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪庇の向こうは急斜面、高度感にちょっとビビるが、余計なことを考えずに雪面を確実にグリップして登れば大丈夫。でもかなり緊張してました
山頂間近
2018年03月17日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂間近
1
右には遊楽部岳が見えてきました
2018年03月17日 10:56撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右には遊楽部岳が見えてきました
2
登頂、と思いきや山頂はまだ先でした
2018年03月17日 11:00撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂、と思いきや山頂はまだ先でした
1
念願の冷水岳、遂に登頂しました!
2018年03月17日 11:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願の冷水岳、遂に登頂しました!
8
廃道となっている夏道尾根を望む、中央には屏風岳。
右奥はヤンカ山かな
2018年03月17日 11:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃道となっている夏道尾根を望む、中央には屏風岳。
右奥はヤンカ山かな
1
夏道の細い尾根は雪庇が危険でこの時期とても登れそうもありません
2018年03月17日 11:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道の細い尾根は雪庇が危険でこの時期とても登れそうもありません
2
こちらも廃道で登れない白水岳。いつか登りたい・・・
2018年03月17日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも廃道で登れない白水岳。いつか登りたい・・・
4
頂上は意外と広いです
2018年03月17日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は意外と広いです
1
遊楽部岳をバックに記念に一枚
2018年03月17日 11:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊楽部岳をバックに記念に一枚
16
岩子岳を見下ろす
2018年03月17日 11:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩子岳を見下ろす
3
風も弱く快適なのでゆっくりしたいところですが、緊張する斜面を降りることを考えると落ち着かないので、とりあえず下山します
2018年03月17日 11:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風も弱く快適なのでゆっくりしたいところですが、緊張する斜面を降りることを考えると落ち着かないので、とりあえず下山します
遊楽部岳も見納め
2018年03月17日 11:27撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遊楽部岳も見納め
3
目の前を通過していった渡り鳥?伝書鳩かも??
2018年03月17日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目の前を通過していった渡り鳥?伝書鳩かも??
5
絶景に何度も立ち止まってしまう
2018年03月17日 11:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景に何度も立ち止まってしまう
たった今緊張する斜面を登ったばかりなので、怖い思いをしてまで超急登の岩子岳は登らなくてもいいかな、と思ってしまう
2018年03月17日 11:40撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たった今緊張する斜面を登ったばかりなので、怖い思いをしてまで超急登の岩子岳は登らなくてもいいかな、と思ってしまう
5
ほんとに名残惜しくて何度も何度も立ち止まって景色を堪能します
2018年03月17日 11:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんとに名残惜しくて何度も何度も立ち止まって景色を堪能します
5
ジュエリーアイス?
2018年03月17日 11:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジュエリーアイス?
1
白水岳縦走路途中のピーク
2018年03月17日 11:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白水岳縦走路途中のピーク
2
平坦な所まで降りて昼飯にします
2018年03月17日 11:54撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平坦な所まで降りて昼飯にします
5
左に砂欄部岳、さらにその奥に先っちょだけの駒ヶ岳も見えています
2018年03月17日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に砂欄部岳、さらにその奥に先っちょだけの駒ヶ岳も見えています
右に乙部岳
2018年03月17日 12:05撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に乙部岳
南側の天候もどんどん良くなってくる。
絶景を正面に見ながら幸せな気分で下山
2018年03月17日 12:11撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の天候もどんどん良くなってくる。
絶景を正面に見ながら幸せな気分で下山
2
山頂振り返って名残惜しむ
2018年03月17日 12:12撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂振り返って名残惜しむ
冷水さん、最高でした!
2018年03月17日 12:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷水さん、最高でした!
6
岩子さんも朝より見栄えがする?
2018年03月17日 12:26撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩子さんも朝より見栄えがする?
7
絶景を独り占めの一日・・・
2018年03月17日 12:45撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶景を独り占めの一日・・・
5
誰にも会わないと思っていたら地元の若者スキーヤーとスライド。しばし歓談。
2018年03月17日 12:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰にも会わないと思っていたら地元の若者スキーヤーとスライド。しばし歓談。
4
無事下山完了
2018年03月17日 13:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事下山完了
4

感想/記録

夏道が廃道状態で登れない冷水岳。2年前myuさんが見市トンネルから登った記録を見て感動し、私もいつか登ってみたいと思っておりました。昨年は積雪が少なく、残雪期のこの時期にはもう下の方はすっかり雪が無くなっており断念。今年は雪が多いので晴れ予報のこの日を逃してはならぬと思いチャレンジしました。風邪気味で体調万全ではないのですが最近は腰痛もだいぶ良いので登れる時に登っておこう。

登り始めから超急登、しかし堅雪でラッセルがないので登りやすいです。途中からアイゼンに換装、ピッケルを使う程 固くはないので慣れたストックの方が歩きやすい。ピッケルはすぐにザックに括り付けて重りにする。
序盤はとにかく急登が多いのできついですがあっという間に標高が上がり、眺望がどんどん良くなってくるのが嬉しい。何度も振り返って景色を楽しみます。
遥か遠くに見えてなかなか近づかない山頂ですが、ゆっくりでも確実に歩みを進めて行きます。co900m付近には巨大な雪庇、突然隠れていたクラックにスポッと落ちるが浅かったので事なきを得る。木の間際までクラックが入っていたので林の中に逃げます。
途中から見え隠れする山頂に続く尾根には雪庇が見えるし結構急そうなので、登れるのだろうかとやや不安になります。
いよいよ山頂へ続く最後の登り、尾根は予想外に広くて快適。しかし先ほどの隠れクラックといい何があるか分からないので慎重に行きます。
山頂が近付くと尾根も狭くなってきて、周囲を見渡すと高度感に少しビビる。なるべく余計なことは考えないように一歩一歩確実にステップを刻んで行きます。
そして念願だった冷水岳山頂へ。周囲ぐるりと大パノラマが素晴らしいです。遊楽部岳や白水岳がよく見える。かつては縦走路もあったそうですがかなりの距離ですね。
しばし景色を堪能して下山開始。目の前に広がる絶景に、これまでに経験したことがない程名残惜しい気持ちになり、何度も立ち止まってしまいます。素晴らしすぎます。
夢だった冷水岳に登頂できたこと、すばらしい眺望を満喫したこと、適度な緊張感を味わえたこと、標高差1000m超・私の今の体力で精いっぱいの雪山登山・・・もう思い残すことはないほど大満足の冷水岳でした!
訪問者数:252人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/12/5
投稿数: 385
2018/3/18 20:49
 チョコ
wajiさん冷水岳お疲れ様です
見てたら行きたくなりましたが
そんな体力ないので今年も見るだけにします
myu
登録日: 2008/6/4
投稿数: 191
2018/3/18 21:10
 素敵すぎます!
素敵すぎる冷水岳、お疲れ様でした。
距離10km標高差1000m、出かけるまでは無理かも?と不安だらけですが、山頂に立てばここに立ててホントによかった!としみじみ感じる、すべてが報われる山ですね。
ルートは沢の源頭を大きく回り込む尾根伝いなため、ずっと左手に山頂が見えているのにちっとも近づかない上に、源頭過ぎくらいから雪庇が左右交互、しまいには左右両方にあらわれ、どこ歩けばいいの?状態になりますよね。
けど、こんなナイスな山頂横断幕(?)まで用意していったからには、登頂しないわけには行きませんでしたね。

こうなるとやっぱ次は白水岳…行きたくなりますよね。
登録日: 2014/3/21
投稿数: 532
2018/3/18 21:38
 Re: チョコ
JYUN隊長、お仕事お疲れ様です。
とてもすばらしいお山です。どこぞの変態さんが登った岩子岳ほどの危険箇所もありません。それなりに慎重に登れば問題ないですし、夏の羊蹄山よりもずっと楽です。
体力回復して来年にでもチャレンジしてみて下さい。
登録日: 2014/3/21
投稿数: 532
2018/3/18 21:51
 Re: 素敵すぎます!
myuさん、ありがとうございます。
二年前のレコ、とても参考になりました。
出発前は不安も多く、珍しく前夜はあまり眠れませんでした。
序盤の急登で結構疲れてしまい、最後の登りは休み休みになってしまいましたが、素敵な山域のお蔭でモチベーションも下がることはなく歩き通すことができました。途中で撤退したら絶対に後悔すると思い、とにかく前に進むことを考え続けました。
雪庇は巨大すぎてどこが危険なのか分からない程でした。
山頂は素晴らしくて感無量、下山時にこれほど名残惜しい気持ちになったのは初めてです。
山頂標識は前回のyoshikatsuさんを見習って真似てみました(^^;
白水岳、絶対登ってみたいです。チームで行けたらいいですね。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ