また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1406392 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

天狗岳

日程 2018年03月17日(土) 〜 2018年03月18日(日)
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
快晴の週末だったが、唐沢鉱泉登山口駐車場は空きが十分あった。
林道の未舗装区間は溝や泥濘もあるが、最低地上高15cmで接地無しで走行可能。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
登山口〜樹林帯下部(2100m) 凍結箇所多し
樹林帯上部〜黒百合平 危険箇所なし
黒百合〜天狗岳 ルート明瞭 危険箇所無し
天狗岳〜鉱泉 樹林帯下部凍結箇所多し
その他周辺情報縄文の湯(立寄り入浴600円)

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 ゲイター ザック アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス
共同装備 テント ストーブ 極地用ガス

写真

幕営地は黒百合平
幕営料は1人1000円
テン泊者は水が貰えるのがありがたい。
トイレも清潔で人気があるのも分かる。
黒百合ヒュッテの中は混み合っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営地は黒百合平
幕営料は1人1000円
テン泊者は水が貰えるのがありがたい。
トイレも清潔で人気があるのも分かる。
黒百合ヒュッテの中は混み合っていた。
16時に着いたがまだ3人用のテントを張るスペースが残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
16時に着いたがまだ3人用のテントを張るスペースが残っていた。
ステラリッジ3
降雪が無い想定で外張りは夏用
マットはサーマレストソーライト
シュラフはダウン量900g(夜間-10℃程度だったので過剰過ぎた)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ステラリッジ3
降雪が無い想定で外張りは夏用
マットはサーマレストソーライト
シュラフはダウン量900g(夜間-10℃程度だったので過剰過ぎた)
1
煮炊きの音、話し声、賑やかなテント場の夕暮れ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
煮炊きの音、話し声、賑やかなテント場の夕暮れ
1
8時にスタート
先発したパーティはいずれも中山峠経由だったようで、天狗の奥庭ルートには人が居ない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時にスタート
先発したパーティはいずれも中山峠経由だったようで、天狗の奥庭ルートには人が居ない。
奥庭越しの東天狗と西天狗
違った印象を受ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥庭越しの東天狗と西天狗
違った印象を受ける。
八ヶ岳は遠くに見えても意外と近い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳は遠くに見えても意外と近い。
東天狗への登り
風も無く快晴
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗への登り
風も無く快晴
中山峠からの尾根に乗った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山峠からの尾根に乗った。
岩峰を巻きながら尾根を進む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩峰を巻きながら尾根を進む
天狗の鼻直下
適度に締まって居て歩きやすい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻直下
適度に締まって居て歩きやすい。
1
天狗の鼻からのぞむ東天狗山頂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻からのぞむ東天狗山頂
振り返って天狗の鼻
基部にザックをデポして天狗の鼻の天辺に登ってみたが、あいにく写真を撮れなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って天狗の鼻
基部にザックをデポして天狗の鼻の天辺に登ってみたが、あいにく写真を撮れなかった。
山頂から西天狗をのぞむ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から西天狗をのぞむ
コルから東天狗を振り返る
肩から天狗の鼻が覗く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから東天狗を振り返る
肩から天狗の鼻が覗く
コルから南八ヶ岳をのぞむ
根石岳の向こうに硫黄岳の爆裂火口、赤岳、中岳、阿弥陀岳が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルから南八ヶ岳をのぞむ
根石岳の向こうに硫黄岳の爆裂火口、赤岳、中岳、阿弥陀岳が見える。
西天狗への登り返し
こんなに気持ちの良い尾根を手軽に歩けるのも北八ヶ岳ならでは
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗への登り返し
こんなに気持ちの良い尾根を手軽に歩けるのも北八ヶ岳ならでは
1
西天狗から再び南八ヶ岳

今冬はあまり山に来られ無かった。
まだ雪が付いている内に西面のバリエーションを2〜3本登ってみたいが時間が取れるだろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗から再び南八ヶ岳

今冬はあまり山に来られ無かった。
まだ雪が付いている内に西面のバリエーションを2〜3本登ってみたいが時間が取れるだろうか?

感想/記録

高校一年生の時に顧問に連れられて初めて登った山が天狗岳だった。
地球の脈動を目の当たりにした感動は自らの登山の原体験として今も強く心に残っている。

それ以来北八ヶ岳、分けても天狗岳周辺は不思議に縁遠かった。

テントを担いでの山行は久しぶりだったが、天気にも恵まれて素晴らしい週末となった。

訪問者数:245人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ