また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1408852 全員に公開 山滑走八ヶ岳・蓼科

天狗岳 BC コル北面はさらさらパウダー(^^)

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
渋ノ湯の有料駐車場に車を駐めました。最初に必ず渋ノ湯で受付をしてから駐車場所を案内してもらう必要があります。
渋ノ湯までの道路は朝は所々雪が残っている部分がありましたが、変える頃にはだいぶ溶けていました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち83%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

登山口。登山道にはさらさらの雪が積もっていて歩きやすかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。登山道にはさらさらの雪が積もっていて歩きやすかったです。
登るにしたがって積雪がどんどん増えていきました。まるで厳冬期並みの風景です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登るにしたがって積雪がどんどん増えていきました。まるで厳冬期並みの風景です。
黒百合ヒュッテに到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテに到着。
正面の斜面はすでにギダギダ(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面の斜面はすでにギダギダ(^^;。
1
ここでアイゼンを装着しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを装着しました。
天狗岳どーん(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳どーん(^^)。
2
木が霧氷で真っ白でとてもきれいでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木が霧氷で真っ白でとてもきれいでした。
2
本当にきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本当にきれいです。
3
ここからしばらく急登が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからしばらく急登が続きます。
振り返ると絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると絶景。
2
西天狗岳。今回は山頂から写真右下の先まで滑り降りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳。今回は山頂から写真右下の先まで滑り降りました。
天狗の鼻の急斜面も締まった雪で登りやすかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の鼻の急斜面も締まった雪で登りやすかったです。
東天狗岳山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂が見えてきました。
東天狗岳山頂に到着。ここだけ少し強めの風が吹いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳山頂に到着。ここだけ少し強めの風が吹いていました。
3
これから向かう西天狗岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう西天狗岳。
1
山頂をズーム。東斜面は滑るには全く問題無さそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂をズーム。東斜面は滑るには全く問題無さそうです。
1
蓼科山とその向こうに白馬三山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科山とその向こうに白馬三山。
2
霧氷が岩にびっしり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷が岩にびっしり。
3
では西天狗岳に向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では西天狗岳に向かいます。
コルの北側の斜面の雪はまださらさらでした(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルの北側の斜面の雪はまださらさらでした(^^)。
東天狗岳を振り返って。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を振り返って。
直登はきついです(^^;。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登はきついです(^^;。
これから滑る斜面の様子。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから滑る斜面の様子。
西天狗岳山頂に到着。雪が多いときはこの標識がほぼ埋もれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳山頂に到着。雪が多いときはこの標識がほぼ埋もれます。
5
滑る準備をし、ほぼ山頂から滑り始めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑る準備をし、ほぼ山頂から滑り始めます。
1
滑りやすい雪でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい雪でした。
2
急斜面を見下ろします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を見下ろします。
意外にも締まった雪でした。でも真っ白な斜面に自分だけのシュプールを描くのは楽しいです(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
意外にも締まった雪でした。でも真っ白な斜面に自分だけのシュプールを描くのは楽しいです(^^)。
6
徐々に進路を北に向けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に進路を北に向けます。
東天狗岳を見上げます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天狗岳を見上げます。
北斜面に入ると雪は一気にさらさらになりました(^^)。最近のBCは外れが多かったので(^^;、気持ち良く滑ったのは1ヶ月ぶり位になるかも。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面に入ると雪は一気にさらさらになりました(^^)。最近のBCは外れが多かったので(^^;、気持ち良く滑ったのは1ヶ月ぶり位になるかも。
6
見るもの全てが美しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見るもの全てが美しいです。
4
パウダーバーンはまだまだ続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
パウダーバーンはまだまだ続きます。
2
思わず声が出る気持ちよさでした(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思わず声が出る気持ちよさでした(^^)。
5
最後は少し狭くなりますが最後まで滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後は少し狭くなりますが最後まで滑ります。
2
最高でした(^^)。ここでやっとお昼とします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高でした(^^)。ここでやっとお昼とします。
4
食事後、天狗の奥庭方面に向けてトラバース気味に滑って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事後、天狗の奥庭方面に向けてトラバース気味に滑って行きます。
森の中の雪は柔らかでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の中の雪は柔らかでした。
1
ここからはシールで天狗の奥庭まで登り返します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはシールで天狗の奥庭まで登り返します。
滑ってきた斜面を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑ってきた斜面を振り返ります。
シュプールをズーム。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュプールをズーム。
2
天狗岳を振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岳を振り返ります。
2
黒百合ヒュッテ前の斜面を最後に滑ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒百合ヒュッテ前の斜面を最後に滑ります。
1
ぎだぎだを避けて左側を滑りました。まだパウダーでした(^^)。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぎだぎだを避けて左側を滑りました。まだパウダーでした(^^)。
4

感想/記録

2日前の南岸低気圧で八ヶ岳にも久しぶりにどか雪が降りましたので、パウダーを求めて天狗岳にバックカントリー(テレマークスキー)に出かけてきました。
西天狗岳東斜面は日差しの影響で全体的に締まった雪になっていましたが、コルの北側斜面に入ると雪質は一変、さらさらのパウダーになりました(^^)。滑っていて思わず声が出る気持ちよさでした。
そろそろラストパウダーかな。でももう少しパウダーを滑りたいです(^^;。
訪問者数:440人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ