また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1408971 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走比良山系

北比良・リトル比良縦走(イン谷口〜釈迦岳〜岳山〜近江高島駅)

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ○
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク
【行き】
・比良駅までは車で移動しました。駅前の無料駐車場を利用。20台くらい駐車可能でしょうか?。ちょっと離れたところに300円/日の有料駐車場もありました。
・比良駅からイン谷口まではバスを利用しました。このバスは春分の日〜12月の第一日曜日までの土日のみ運行しています。350円。

08:20 比良駅 - 08:32 イン谷口(江若交通 比良登山線 イン谷口 行)

【帰り】
・JR湖西線を使って近江高島駅から比良駅まで戻りました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間6分
休憩
1時間2分
合計
9時間8分
Sイン谷口08:3108:49大山口08:5009:16青ガレ09:2109:51金糞峠10:13前山10:1510:18北比良峠10:2010:24比良ロッジ跡10:29比良明神10:3010:36次郎坊山10:49カラ岳11:09釈迦岳11:1511:36フジハゲのピーク11:47ヤケオ山11:4812:30ヤケ山12:3112:50寒風峠13:0413:46鵜川越13:5414:11岩阿沙利山14:1514:57鳥越峰15:03オーム岩15:1715:38岳山16:06ザレ場16:0716:17岳観音堂跡16:1816:34白坂17:09長谷寺17:14音羽バス停17:1517:39近江高島駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【イン谷口〜金糞峠】
・青ガレを通過するコースで行きました。微妙に通れそうな沢筋が多いので注意してください。私は後半に間違えそうになりました(うしろを歩いていた夫婦に呼び止めてもらってギリギリでセーフ)。浮石がやや多いのも注意ポイントです。

【金糞峠〜釈迦岳〜岳山】
・日陰にはまだ雪が残っています。またお昼過ぎるとそれらが溶けてドロドロになるのでゲイター必須です。ヤケオ山からの下りが一番ドロドロだった気がします。
・基本的に道標も多く、トレースもしっかりしている登山道です。

【岳山〜近江高島駅】
・ザレ場や白坂など面白い見どころがある一方、道が狭くて、前々日まで雨がかなり降っていたためか水の通り道にもなっており、なかなかの悪路でした。道なのか沢なのかの判断も微妙にしにくかったです。
その他周辺情報【比良とぴあ】
・イン谷口からの比良山登山のあとと言えば「天然温泉 比良とぴあ」みたいです。今回は利用していません。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

比良駅から。本日のコースが見えました。左の山群が北比良(最高点は釈迦岳)、峠を越えて右の山群がリトル比良です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
比良駅から。本日のコースが見えました。左の山群が北比良(最高点は釈迦岳)、峠を越えて右の山群がリトル比良です。
6
まずは金糞峠に到着!。ここから赤線繋ぎスタートです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まずは金糞峠に到着!。ここから赤線繋ぎスタートです。
2
金糞峠からの琵琶湖。今日はちょっと霞み模様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金糞峠からの琵琶湖。今日はちょっと霞み模様。
4
北比良峠。かなり広く開拓されているのは、比良ロープウェイの山上駅があったからみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠。かなり広く開拓されているのは、比良ロープウェイの山上駅があったからみたいです。
2
北比良峠を過ぎてからは、日陰や北斜面にちょっと長めの残雪。ここでゲイター装着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良峠を過ぎてからは、日陰や北斜面にちょっと長めの残雪。ここでゲイター装着です。
1
北比良最高点の釈迦岳に登頂!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北比良最高点の釈迦岳に登頂!!!
2
手前に沖島や近江八幡の山々。奥には鈴鹿山脈。方向的に中央は雨乞岳あたりですかね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手前に沖島や近江八幡の山々。奥には鈴鹿山脈。方向的に中央は雨乞岳あたりですかね。
8
吸い込まれそうな釈迦岳。雪は北斜面のみで登山道にはほとんどありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吸い込まれそうな釈迦岳。雪は北斜面のみで登山道にはほとんどありませんでした。
6
伊吹山。もうほとんど雪はありませんね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山。もうほとんど雪はありませんね。
7
赤坂山方面。このあたりはどれがどれだかよくわかりません笑。誰か教えてください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤坂山方面。このあたりはどれがどれだかよくわかりません笑。誰か教えてください。
7
蛇谷ヶ峰。奥比良へ縦走する場合のゴールですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛇谷ヶ峰。奥比良へ縦走する場合のゴールですね。
3
白山ですよね。名前負けしない純白さ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山ですよね。名前負けしない純白さ。
12
寒風峠!!!。ここが一般的に北比良とリトル比良の分かれ目みたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒風峠!!!。ここが一般的に北比良とリトル比良の分かれ目みたいです。
2
岳山に登頂!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳山に登頂!!!
2
広いザレ場。一瞬ですが、今までの樹林帯歩きから急に雰囲気が変わるので楽しくなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広いザレ場。一瞬ですが、今までの樹林帯歩きから急に雰囲気が変わるので楽しくなります。
3
白坂。すごい不思議な光景でした。どうやってこうなったんだろう、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白坂。すごい不思議な光景でした。どうやってこうなったんだろう、、、
4
岳山から音羽の半分くらい?はこんな道です。なかなかの悪路。今週けっこう雨だったからでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岳山から音羽の半分くらい?はこんな道です。なかなかの悪路。今週けっこう雨だったからでしょうか。
2
リトル比良へ陽が沈む。田畑への反射がいい感じ☆
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リトル比良へ陽が沈む。田畑への反射がいい感じ☆
9
本日のゴールです。お疲れ様でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のゴールです。お疲れ様でした。
1
3週連続で比良山地にきて、平バス停から近江高島駅までは赤線が繋がりました。こうなると奥比良も、、、ってなりますね笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3週連続で比良山地にきて、平バス停から近江高島駅までは赤線が繋がりました。こうなると奥比良も、、、ってなりますね笑
5

感想/記録
by zzzin

比良山地の赤線繋ぎ最終章(?)に行ってきました。これで3週連続の比良山地です笑。前回までで平バス停から金糞峠まで繋げましたので、今日は金糞峠から北比良とリトル比良を歩いていきます。

ちなみにこの日から比良駅〜イン谷口の登山バスが今年の運行を開始しましたので、早速利用させて頂きました。

アイゼンが必要なシーンなんてさすがにないだろと思いながらも、今日もザックの肥やしにアイゼン持っていきましたが、やっぱり使いませんでした笑。ただその代わりにドロドロの道がかなり増えてきたのでゲイターは必須ですね。

比良山地は遭難が多いイメージをもっていましたが、今回歩いたコースたちはとてもわかりやすい道ばかりで、ちょっとイメージが更新されました。もちろん油断大敵ですが。あとキャンプ指定地はありませんがテント適地は沢山ありましたので、またどこかでテント泊してみても面白そうです。

------------------------------

『プチ本州縦断!つなげ大阪湾〜若狭湾!』
今回繋いだ距離:12.2km(金糞峠〜近江高島駅)
現在:222.4 / 293.7km

これで宝塚からマキノまで繋がりました。あとは大阪湾へと繋がる六甲全山縦走と、若狭湾へと繋がる赤坂山越えを残すのみ!それぞれ桜の時期に合わせてアタックするつもりです。
訪問者数:429人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ