また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1410715 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥多摩・高尾

春雪の石尾根縦走(鴨沢BS〜七ッ石山〜石尾根縦走路〜鷹ノ巣山〜奥多摩駅)

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
青梅 5:19 → 6:00 奥多摩駅 6:05 → 6:40 鴨沢BS
奥多摩駅発 13:36
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七ッ石小屋手前から雪が出てきます。
復路は三ノ木戸林道分岐手前から雪はなくなる。

写真

鴨沢BS、下車したのは4名。
気温0℃だが日が差して暖かい。
2018年03月25日 06:45撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鴨沢BS、下車したのは4名。
気温0℃だが日が差して暖かい。
1
登山口に雪はありません。
2018年03月25日 07:10撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口に雪はありません。
1
1時間経過。
暖かい日差しと鳥のさえずりが心地良い。
2018年03月25日 07:49撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間経過。
暖かい日差しと鳥のさえずりが心地良い。
1
堂所到着。
ここまで右の小袖側の音だったのが、ここからは左、片倉谷からの流れが聞こえてくる。
2018年03月25日 08:01撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
堂所到着。
ここまで右の小袖側の音だったのが、ここからは左、片倉谷からの流れが聞こえてくる。
1
ここにも堂所、標高がおかしいかな?
2018年03月25日 08:04撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここにも堂所、標高がおかしいかな?
いつもの場所からいつものように初富士。
富士の高嶺には雪がたっぷり。
2018年03月25日 08:13撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもの場所からいつものように初富士。
富士の高嶺には雪がたっぷり。
1
アップ。
2018年03月25日 08:13撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ。
5
七ッ石小屋に寄ります。
2018年03月25日 08:27撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋に寄ります。
1
七ッ石小屋前から。
2018年03月25日 08:34撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石小屋前から。
1
アップ。霞み出したようです。
2018年03月25日 08:34撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ。霞み出したようです。
2
水場はこれくらいの水量。
いつ飲んでもうまい。
2018年03月25日 08:41撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場はこれくらいの水量。
いつ飲んでもうまい。
1
奥は今から歩く稜線、雪が多そう。
2018年03月25日 08:44撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥は今から歩く稜線、雪が多そう。
石尾根へ。
2018年03月25日 08:48撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根へ。
1
高丸山方面はほぼ歩かれていない模様。
2018年03月25日 08:49撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高丸山方面はほぼ歩かれていない模様。
3
七ッ石山直下から雲取山を望む。
雪が付いていてきれいです。
2018年03月25日 08:55撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石山直下から雲取山を望む。
雪が付いていてきれいです。
2
七ッ石山。休憩中の方とお話ししました。
土曜日鷹ノ巣山から七ッ石までの石尾根はノートレース、雪も深く参ったとの談。
雲取山に行かないので、頑張ってつけていただいた初トレースを有り難く使わせていただきます。
2018年03月25日 08:55撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ッ石山。休憩中の方とお話ししました。
土曜日鷹ノ巣山から七ッ石までの石尾根はノートレース、雪も深く参ったとの談。
雲取山に行かないので、頑張ってつけていただいた初トレースを有り難く使わせていただきます。
4
富士山もよく見えます。
2018年03月25日 08:56撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もよく見えます。
1
アップ。
2018年03月25日 08:57撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップ。
2
南アルプス。
2018年03月25日 08:57撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。
2
飛龍から先は雪が多いんだろうな。
2018年03月25日 08:58撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍から先は雪が多いんだろうな。
2
石尾根のトレース。もう一人通ったようですね。
2018年03月25日 09:02撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根のトレース。もう一人通ったようですね。
1
ズボズボと降りてきました。
2018年03月25日 09:02撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズボズボと降りてきました。
1
走らなければ踏み抜けませんが、気温が上がってくるとズボッとなる所ばかり。
2018年03月25日 09:11撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
走らなければ踏み抜けませんが、気温が上がってくるとズボッとなる所ばかり。
1
千本ツツジへの稜線から、こんな素晴らしい景色が見えます。
2018年03月25日 09:13撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千本ツツジへの稜線から、こんな素晴らしい景色が見えます。
1
こちらも。
2018年03月25日 09:13撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも。
1
やはりズボズボと降りてしまいます。
気持ちいい!
2018年03月25日 09:14撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりズボズボと降りてしまいます。
気持ちいい!
2
南アルプス。
2018年03月25日 09:17撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプス。
1
これから向かいます。
2018年03月25日 09:19撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かいます。
2
P1704直前。
2018年03月25日 09:42撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P1704直前。
1
下りはこんな深い、下は泥で滑ります。
疲れたので日蔭名栗山は巻道を使いましたが、これが失敗。
ノートレースの気温上昇で緩くなった脛の深さの雪に泣かされました。
2018年03月25日 09:46撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りはこんな深い、下は泥で滑ります。
疲れたので日蔭名栗山は巻道を使いましたが、これが失敗。
ノートレースの気温上昇で緩くなった脛の深さの雪に泣かされました。
2
避難小屋手前でやっと雪の量が減りました。
2018年03月25日 10:11撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋手前でやっと雪の量が減りました。
2
避難小屋。
2018年03月25日 10:26撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。
1
鷹ノ巣山直下から。
2018年03月25日 10:36撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山直下から。
1
通ってきた稜線の奥には、奥秩父の山々。
2018年03月25日 10:48撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
通ってきた稜線の奥には、奥秩父の山々。
1
鷹ノ巣山には7名ほどの先行者で賑わっていました。
2018年03月25日 10:53撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山には7名ほどの先行者で賑わっていました。
3
鷹ノ巣山といえばこれ。
2018年03月25日 10:52撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山といえばこれ。
1
大岳山と御前山。
2018年03月25日 10:52撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岳山と御前山。
1
鷹ノ巣山を降りて、開けた所から。
2018年03月25日 11:08撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山を降りて、開けた所から。
1
富士山もいいですね。
2018年03月25日 11:08撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山もいいですね。
1
水根山。
2018年03月25日 11:15撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水根山。
長沢背稜、すっきり見えていました。
2018年03月25日 11:28撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜、すっきり見えていました。
1
六ッ石山には20名ほどの方が昼食中。
2018年03月25日 12:06撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六ッ石山には20名ほどの方が昼食中。
2
富士山も見えていました。
2018年03月25日 12:06撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も見えていました。
1
ここまで来ると雪が消えます。
チェーンスパイクを脱ぎました。
2018年03月25日 12:19撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると雪が消えます。
チェーンスパイクを脱ぎました。
1
U字溝の道を避け三ノ木戸林道を降りました。
モノレール終点、その先は舗装道。
2018年03月25日 12:44撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
U字溝の道を避け三ノ木戸林道を降りました。
モノレール終点、その先は舗装道。
1
ゴール。
2018年03月25日 13:09撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。
1
疲れました。
2018年03月25日 13:18撮影 by SHV38, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
疲れました。
4

感想/記録
by washin

前月の降雪後に行った、七ッ石山から奥多摩駅までの雪の石尾根駆け降りが気持ちよかったので、もう一度体験しに七ッ石から六ッ石山までの稜線を歩いてきました。
快晴で暖かく、3/21の降雪から2人ほどしかトレースのない静かなコースと展望は大満足です。
ただ、思ったよりゆるんだ雪は踏み抜きが多く疲れましたが、6時間以上たっぷり遊び最高!
訪問者数:373人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ