また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1410816 全員に公開 講習/トレーニング丹沢

丹沢表尾根(戸沢山荘〜三ノ塔〜大倉)

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー21人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
■小田急線渋沢駅より戸沢山荘までタクシー
■大倉バス停より渋沢駅までタクシー
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間45分
休憩
1時間14分
合計
7時間59分
S戸沢山荘10:0310:24天神尾根入口(旧書策新道入口)10:2512:40政次郎ノ頭13:1513:58行者ヶ岳14:0614:34烏尾山14:5714:59烏尾山荘15:35三ノ塔地蔵菩薩15:50三ノ塔17:00牛首17:0617:37三ノ塔尾根道入口17:3818:02大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■戸沢山荘〜政次郎の頭
樹林帯の急登、最初は土道、途中からシャーベット状の雪、泥濘とのミックス、稜線近くのトラバースは雪多し
■稜線(政次郎の頭〜行者ヶ岳〜烏尾山〜三ノ塔)
路面状況はシャーベット状の雪、泥濘(ところどころ雪解け水が流れるほど)、水たまり、緩んだ雪と泥濘のミックス、稜線に一部乾いた土道(風のとおるところ)。行者が岳の岩場の鎖場に雪つき凍結は無し。地面についている鎖を泥濘で滑るために一部利用した。
■三ノ塔から三ノ塔尾根〜牛首
上部はシャーベット状の雪、泥濘で滑る。下部は土の道で下りやすかった。危険箇所はありません。
■牛首から大倉バス停
舗装された林道を利用したので危険箇所はなし。でも舗装路はくたびれました。
その他周辺情報大倉バス停にトイレ、靴洗い場あり。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 軽アイゼン エマージェンシーシート ニット帽 ゲイター

写真

小田急渋沢駅から登山口に向かいます。21日の雪で丹沢山塊の上部には雪がついています。雪がありそうなので楽しみ!
2018年03月25日 08:30撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小田急渋沢駅から登山口に向かいます。21日の雪で丹沢山塊の上部には雪がついています。雪がありそうなので楽しみ!
2
富士山も真っ白。こんなに白い富士山を見たのは久しぶり!
2018年03月25日 08:31撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山も真っ白。こんなに白い富士山を見たのは久しぶり!
3
政次郎尾根に取り付く登山道入口のある戸沢山荘まではタクシー利用。
2018年03月25日 09:47撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎尾根に取り付く登山道入口のある戸沢山荘まではタクシー利用。
5
樹林帯の急登
2018年03月25日 10:26撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯の急登
2
植林が多く自然の木は少ない
2018年03月25日 10:26撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植林が多く自然の木は少ない
2
最初は土の道
2018年03月25日 10:26撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初は土の道
2
そろそろ雪が現れてくる
2018年03月25日 11:39撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そろそろ雪が現れてくる
1
だんだん雪が多くなりますが、凍結箇所はありませんでした。
2018年03月25日 11:57撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だんだん雪が多くなりますが、凍結箇所はありませんでした。
1
天気が良いので暑いくらいです。
2018年03月25日 12:47撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気が良いので暑いくらいです。
1
シャーベット状の雪と泥濘と土のミックス。下山してくる人たちはチェーンスパイクが多い模様。私たちはツボ足で、たまにキックステップ。
2018年03月25日 12:54撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャーベット状の雪と泥濘と土のミックス。下山してくる人たちはチェーンスパイクが多い模様。私たちはツボ足で、たまにキックステップ。
1
政次郎の頭に出ました。稜線に出る直前、トラバースの前で軽アイゼンを装着しました。稜線に出たところでアイゼン外し昼食休憩。晴れているので稜線でも寒くない。
2018年03月25日 13:05撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
政次郎の頭に出ました。稜線に出る直前、トラバースの前で軽アイゼンを装着しました。稜線に出たところでアイゼン外し昼食休憩。晴れているので稜線でも寒くない。
2
行者ヶ岳山頂。
2018年03月25日 14:07撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者ヶ岳山頂。
1
うっすらとですが富士山。今日は最後まで富士山が見えました。
2018年03月25日 14:07撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらとですが富士山。今日は最後まで富士山が見えました。
1
これから行く三ノ塔方面
2018年03月25日 14:08撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く三ノ塔方面
5
途中稜線からの富士山
2018年03月25日 14:34撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中稜線からの富士山
4
ここまで歩いて来た道
2018年03月25日 14:59撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで歩いて来た道
2
三ノ塔へ向かいます。
2018年03月25日 14:59撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔へ向かいます。
1
三ノ塔のお地蔵様はまだ冬支度
2018年03月25日 15:42撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔のお地蔵様はまだ冬支度
2
三ノ塔に到着。本日はだいぶ行程が遅れていますが、ここからは三ノ塔尾根を下ります。下りの雪は上部では多く、途中シャーベット状の雪、泥濘、土道でした。
2018年03月25日 15:51撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ塔に到着。本日はだいぶ行程が遅れていますが、ここからは三ノ塔尾根を下ります。下りの雪は上部では多く、途中シャーベット状の雪、泥濘、土道でした。
2
牛首まで下りて来ました。日没も迫っているのでここからは尾根通しではなく舗装された林道を選択。
2018年03月25日 17:14撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首まで下りて来ました。日没も迫っているのでここからは尾根通しではなく舗装された林道を選択。
1
途中、ヤマルリソウを発見(ピンぼけですみません)
2018年03月25日 17:43撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、ヤマルリソウを発見(ピンぼけですみません)
2
風の橋を渡って大倉バス停に到着。
2018年03月25日 18:02撮影 by COOLPIX S3700, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風の橋を渡って大倉バス停に到着。
3
撮影機材:

感想/記録

 岩場歩き講習の一環で丹沢表尾根に行って来ました。21日に降った雪がまだ残っていて短い行者ヶ岳の岩場より、融けた雪や泥濘での歩き方講習となってしまいました。融けかけている雪を滑らないように時折キックステップも加えながら歩いたのは、とてもいい訓練になりました。私たちはトラバースのみ1回だけ軽アイゼンを装着し、あとはツボ足だったので長時間の歩き練習になりました。
 まだ雪が残る表尾根は初めてで、雪の丹沢山塊の山並みは美しく、今度は霧氷をまとった樹木を見に来たいですね。今年は機会を逸してしまったので、来年になるでしょうが楽しみです。 
訪問者数:231人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ