また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1411777 全員に公開 フリークライミング箱根・湯河原

湯河原クライミング

日程 2018年03月25日(日) [日帰り]
メンバー
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

感想/記録

また湯河原

結果
帰還兵 ×
コットンクラブ5.12a ×××RP
卑弥呼ダイレクト5.11c? ××RP
ゼルダ5.11a 再

スードラ終わったし最早くる理由もないだろうと思っていたが何かと都合がいいのが湯河原

終日暖かかく、ピクニック気分だった。

喜望峰の残った宿題だった二本をトライ
コットンクラブはボルダー一級くらい。
クリップ核心でしくじればサヨナラ

卑弥呼はトポがよくわからなくて限定で登っている人を見たことがない。
ガバガバのカンテを使って右壁を使えば10cということで定着していて、それは何度も登っているし、登っている人を見たこともあるが、おそらくその場合はハング下で終わらせている。

余談だがスードラとこの卑弥呼の間のフェイスはカンテすらも限定してしまえば、湯河原最難のラインになるのではないかと思うがどうなのだろうか。

さて、そんなこんなでトライを始めると右壁なしの限定ラインは意外と素直で面白い。
下部の核心は今回かなりカンテ側に逃げてかなり微妙なラインどり。フェイスのまま行けるホールドも見当たらずかなり遠いので諦めたが、
回収時に確認するとチョークがついたカチが数箇所あった。が、めちゃ悪そうでとても11cには見えない、、

最後のハングはスードラの右から入るがこれが悪くて、ムーブがわからずに小さなカチからデットで飛ばしてパワーで解決した。

2番目は下部で落ちたので実質2便だったけれど、もっと上手い方法があった気がする。

よりフェイスで下部を登り、上部のムーブも申し分ないのでもっとスッキリした形のルートなら三つ星間違いなしだったのになぁ。

またの機会にトライしてみようと思います。

喜望峰はとうとうあと二本。ホーチミンのラインは意味不明だしネグリッタなすがままが最後となりました。





訪問者数:131人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

関連する山の用語

クリ ガバ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ