また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1418286 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

常念岳東尾根

日程 2018年03月31日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク
林道烏川線冬季ゲート前に駐車(5〜6台駐車可)
コース状況/
危険箇所等
・鉄塔から尾根上がるところはササが茂っていて道がわかりずらい。
・1100〜1600mまではササが刈られていて歩きやすい。
・1700m付近は雪がまだらに解け、ササが立ち上がってきて道が不明瞭になる。下りの時、間違って左の尾根に向かいそうになった。
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 ゲイター 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ
備考 サングラスと日焼け止めをザックに入れ忘れて、日焼けで真っ赤になってしまった。

写真

1030mの鉄塔から1150mまではササの中を尾根を目指して歩く。写真は1350m付近の様子。きれいにササが刈られている。
2018年03月31日 06:04撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1030mの鉄塔から1150mまではササの中を尾根を目指して歩く。写真は1350m付近の様子。きれいにササが刈られている。
1680m付近の様子。ササが立ってきて歩きづらい。背後に前常念岳が見える。
2018年03月31日 06:46撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1680m付近の様子。ササが立ってきて歩きづらい。背後に前常念岳が見える。
1730m付近。アイゼンをつける。
2018年03月31日 07:10撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1730m付近。アイゼンをつける。
1955mの手前。
2018年03月31日 07:39撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1955mの手前。
2050m付近の線状凹地。
2018年03月31日 08:23撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2050m付近の線状凹地。
2260m付近で諏訪湖方面を見る。富士山の右手に甲斐駒と仙丈。
2018年03月31日 09:44撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2260m付近で諏訪湖方面を見る。富士山の右手に甲斐駒と仙丈。
風雪にさらされてきた花崗岩。
2018年03月31日 09:46撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風雪にさらされてきた花崗岩。
これから登る常念岳が美しい。
2018年03月31日 09:55撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登る常念岳が美しい。
辿ってきた東尾根。
2018年03月31日 10:10撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辿ってきた東尾根。
前常念岳につくと穂高連峰が現れる。
2018年03月31日 11:12撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前常念岳につくと穂高連峰が現れる。
1
常念小屋の様子。
2018年03月31日 12:04撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念小屋の様子。
山頂手前の様子。東斜面へ雪庇が張り出している。
2018年03月31日 12:08撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂手前の様子。東斜面へ雪庇が張り出している。
山頂と穂高連峰。
2018年03月31日 12:16撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂と穂高連峰。
2
上高地の様子。
2018年03月31日 12:21撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地の様子。
白くなった蝶ヶ岳山頂付近に線状凹地がいくつも見える。
2018年03月31日 12:22撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白くなった蝶ヶ岳山頂付近に線状凹地がいくつも見える。
山頂の花崗岩。
2018年03月31日 12:29撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の花崗岩。
途中の接触変成岩。
2018年03月31日 12:49撮影 by PENTAX *ist DL , PENTAX Corporation
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の接触変成岩。
滝展望台の背後にある巨礫層。1020mの緩傾斜地はこんな巨礫層でできているようだ。
2018年03月31日 17:57撮影 by PENTAX Optio W60, PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝展望台の背後にある巨礫層。1020mの緩傾斜地はこんな巨礫層でできているようだ。
訪問者数:254人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ