また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1418996 全員に公開 ハイキング中国山地東部

鷹入山(鳥取、島根県境)

日程 2018年04月02日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴天(かなり靄がかかっている)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
安来より県道9号南下し赤屋より県道105号入り上小竹へ。ここら辺から鷹入りの滝案内板あり。さらに鷹入りの滝目指して山奥へ。(安来市内より30分〜40分)そして滝駐車場到着。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

登山口 9:45 滝上部 10:30 頂上着 11:50 下山開始 12:30  登山口着 13:30
コース状況/
危険箇所等
滝まで15分。ここまでは登山道あり。滝上部へ上がりこれより先は登山道なし。ルートを頂上へ目指し直登する。
その他周辺情報滝入口駐車場あり。トイレあり。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 GPSナビ<br />地理院地図(地形図)
備考 笹がひどいので鎌とかあれば。

写真

平成の名水百選だそうです。(環境省)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平成の名水百選だそうです。(環境省)
2
中電の50万V山陰横断幹線が東西に延びています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中電の50万V山陰横断幹線が東西に延びています。
1
いよいよ滝到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ滝到着。
1
これが一番大きな滝です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが一番大きな滝です。
3
滝の上部へ上がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝の上部へ上がります。
2
これより先は道なし。ピンクテープつけながら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これより先は道なし。ピンクテープつけながら登ります。
2
最初の尾根へ上がりました。(標高500m)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の尾根へ上がりました。(標高500m)
1
少しずつ下界が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しずつ下界が見えます。
尾根の東側はヒノキ造林地。西は雑木林。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根の東側はヒノキ造林地。西は雑木林。
1
延々と急登が頂上まで〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
延々と急登が頂上まで〜
1
途中大岩が3か所邪魔をします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中大岩が3か所邪魔をします。
1
ついに頂上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに頂上です。
2
705.8m山頂。3等三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
705.8m山頂。3等三角点。
1
鳥取県日南町の山の会による山頂標識柱。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥取県日南町の山の会による山頂標識柱。
2
こぶしの花が満開です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こぶしの花が満開です。
2

感想/記録

地元では有名な山ですが,登る人はほとんどなし。なぜなら滝から上は道なし。日南町からもなし。ルートについては県境沿い尾根を上りたいけど,笹やぶ漕ぎにつき諦めて、最短楽な所、滝から真っ直ぐ頂上へアタック。急登ではあるが比較的に歩きやすいと思はれる。なお頂上からの眺めは木に囲まれてちらほらとしか見えない。大山がかろうじて見えました。
訪問者数:175人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 三角点 直登 ヒノキ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ