また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1419603 全員に公開 雪山ハイキング朝日・出羽三山

白太郎山

日程 2018年04月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
入山口付近の路側帯に駐車し、近所の方にご挨拶してから出発

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間7分
休憩
10分
合計
4時間17分
Sスタート地点10:5213:14白太郎山13:2415:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほぼ雪をつないで歩けるが、雪堤の沈下、崩落が始まっている。
山頂のドームも亀裂があり、奥までは行きたくない。
控えめな間隔で赤布あり。
その他周辺情報入山点のすぐ近くに「おぐに白い森リフレ」があり、500円で日帰り入浴できる。浴槽の窓から徳網山と白太郎山が見える。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

二軒の別荘風民家の間から入山

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二軒の別荘風民家の間から入山

2
出だしの急斜面
登り切るところの雪着きが悪くちょっと怖い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしの急斜面
登り切るところの雪着きが悪くちょっと怖い
2
杉林以降はずっと急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林以降はずっと急登
4
雪堤崩壊が始まり、右側は歩きたくない感じ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪堤崩壊が始まり、右側は歩きたくない感じ
2
左手にずっと見えているのは巣戸々山かな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手にずっと見えているのは巣戸々山かな
3
徳網山みならが遅いランチタイム
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳網山みならが遅いランチタイム
5
ズドン
はい、そのままそのまま…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ズドン
はい、そのままそのまま…
17
春はこの一本にだけ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春はこの一本にだけ
9
モッケさん、後ろ後ろ series2
雪が薄すぎて上に乗れないので、こんな感じで下降します。私はアクロバット中に左足をつって、お休みしながら撮影してます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モッケさん、後ろ後ろ series2
雪が薄すぎて上に乗れないので、こんな感じで下降します。私はアクロバット中に左足をつって、お休みしながら撮影してます。
15
徳網山に向かって急降下
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳網山に向かって急降下
5
下界はいい天気でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界はいい天気でした
1
白い森リフレから見た白太郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白い森リフレから見た白太郎山
3
[email protected]カメラ忘れてスマホ〉
出だしが核心部?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
[email protected]カメラ忘れてスマホ〉
出だしが核心部?
6
ブナ林がキレイですが、ふくらはぎに堪えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ林がキレイですが、ふくらはぎに堪えます。
6
もう少しで山頂。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂。
1
記念撮影。
Lさんとご一緒するとなぜか見られない祝瓶山。
今日はバッチリ見えましたよw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
記念撮影。
Lさんとご一緒するとなぜか見られない祝瓶山。
今日はバッチリ見えましたよw
14
帰りはあっという間でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りはあっという間でした。
2
いつかはうちを花見山に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつかはうちを花見山に
9
オキナ軍団準備中
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オキナ軍団準備中
9

感想/記録

久々にcheezeさんにご一緒いただいた。
近頃は急に暖かくなり、この日も予想最高気温は20℃以上。
諸事情により歩くことになった白太郎山も、あちこちで雪割れが見られた。
なかなかの急斜面が続き、終始アイゼンを着用して歩く。
スマートなブナ林を抜けた先にあった頂上からは、真正面に祝瓶が見えた。
飯豊や朝日主稜線の山並みを見ることはできなかったが、鷲ヶ巣や光兎などのシブい山を同定しながらのんびりとランチタイム。
名残惜しく雪の感触を楽しみながらの下山となった。
今回も何かとご指南いただいたcheezeさんに感謝です。

感想/記録
by cheeze

朝mokkedanoさんと寒河江SAでお会いして、ひょんなことから小国の白太郎山に登ることになった。急な変更で地図はなし。最近地形図をよく見る機会があり、一本尾根なのでまあなんとかなるかな。ただ入山点は標高300程度なので、地形と雪着きを見ないとどこから登るか決められない。登山道はない山なので。

雪が消えると伐採地だろうと思われる急斜面を乗り越し、あとは平坦な杉林を少し歩く。すぐに自然林になり尾根型がはっきりしてくると植生はブナに変わってくる。朝日連峰の一部、美しいブナの疎林をひたすら急登していく。視界が開けてくるあたりから、左手にずっと見えているのは巣戸々山だろうか。

山頂は広い雪のドームだが、東側に亀裂が入っており近寄れない。灌木のあるラインまで。祝瓶が目の前にあってなかなかの景観である。その左奥にある大朝日は残念ながら雲の中だ。祝瓶の隣が袖朝日の稜線だろうか、これも途中まで。飯豊も残念ながら姿を見せず。

少し戻り風を避けて遅いお昼。徳網山とその奥に鷲ノ巣山を眺められる斜面でゆっくりとやすんだ。モッケさんのカレーメシと私のハヤシメシ、一口ずつ交換。
他に登山者はなく、静かで穏やかな一日。
訪問者数:439人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

アイゼン 急登 崩落 ブナ 下界
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ