また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1420131 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

岩湧山(今年の山焼きは・・・) 18023

日程 2018年04月03日(火) [日帰り]
メンバー
天候
風:時々3〜5m/s
気温:出発時・20℃、山頂・18℃(体感)、下山時・22℃
アクセス
利用交通機関
車・バイク
往路:泉北 9:24 発 夕月橋バス停そば駐車地 9:49 着
復路:夕月橋バス停そば駐車地 14:06 発 泉北 14:27 着
                    延走行距離:30.2km

駐車場:
 夕月橋バス停近くに7〜8台駐車可能な空地あり。
 新関屋橋そばには有料駐車場・茶店・公衆便所あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

9:59 夕月橋バス停そば駐車地出発 ー(6分)ー 滝畑ダムバス停 10:07 ー(10分)ー 滝畑登山口 10:20 ー(14分)ー カキザコ 10:35 ー(38分)ー 鉄塔75号 11:16 ー(20分)ー 岩湧山西峰 11:44 ー(17分)ー 鉄塔75号 12:15 ー(5分)ー 鉄塔76号 12:22 ー(21分)ー 梅ノ木永久索道跡 12:51 ー(5分)ー 鞍部四差路 13:02 ー(6分)ー コヤブ山 13:14 ー(6分)ー 鞍部四差路 13:21 ー(11分)ー 梅の木林道出口 13:34 ー(10分)ー 夕月橋 13:44 ー(4分)ー 夕月橋バス停そば駐車地帰着 13:48

歩行時間:2時間53分(9:59〜13:48)
歩行距離:9.5km
コース状況/
危険箇所等
道の状況:
 危険個所はないが、鉄塔76号からサルバカ谷・梨の木峠方面への下りは梅ノ木永久索道跡付近まで急坂の連続です。枯葉も多いのでスリップに注意が必要です。梨の木隧道に下山する予定であったが、コヤブ山に登り返したところで前方の状況が掴めず(持参した地図にコヤブ山の記載がなかった)、少し索道跡方向へ戻りU字型の登山道を下ってサルバカ谷沿いの梅の木林道へ出る。帰宅後、古い地図を見たところコヤブ山の記載があり、Uターンせずに直進しておれば約300m先が梨の木隧道であることが分かった。

登山ポスト:なし
その他周辺情報温泉・飲食店・宿泊施設等:
 駐車地付近には当該施設はありません。新関屋橋そばには茶店あり。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

滝畑村は桜が満開です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝畑村は桜が満開です。
1
小さな花が・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな花が・・・、
3
あちこちに・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちこちに・・・、
1
鉄塔75号です。岩湧山をピストンした後、写真中央脚部からネバシ谷方面へ下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔75号です。岩湧山をピストンした後、写真中央脚部からネバシ谷方面へ下ります。
今年は2年振りに山焼き(4/1)ができました。丸太階段を登る時、山焼きの残り香が漂っていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は2年振りに山焼き(4/1)ができました。丸太階段を登る時、山焼きの残り香が漂っていました。
2
索道跡もよく見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
索道跡もよく見えています。
1
火の手にめげずに・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火の手にめげずに・・・。
2
金剛山の眺望がこの程度なので、大峰山系は眺望なしです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山の眺望がこの程度なので、大峰山系は眺望なしです。
岩湧山西峰から山頂広場を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩湧山西峰から山頂広場を望む。
1
足元がすっきりしています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元がすっきりしています。
3〜4週間後にはワラビが林立していることでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3〜4週間後にはワラビが林立していることでしょう。
3
嘗ては大活躍したはずの・・・、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嘗ては大活躍したはずの・・・、
1
大きなプーリーを初めて見ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなプーリーを初めて見ました。
2
きれいな焦げ目です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな焦げ目です。
2
ゴリラの横顔に見えますが・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴリラの横顔に見えますが・・・。
2
鉄塔76号から数m下り、ネバシ谷ルートを右に分けて左へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉄塔76号から数m下り、ネバシ谷ルートを右に分けて左へ。
急坂の悪路続きですが、タムシバが咲き誇っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂の悪路続きですが、タムシバが咲き誇っています。
1
急坂に枯葉が積もりスリップしそうです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂に枯葉が積もりスリップしそうです。
見頃のツツジがあちこちに咲いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見頃のツツジがあちこちに咲いています。
2
梅ノ木永久索道跡です。ここからは緩傾斜の下りになりますが、小さなアップダウンが連続します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅ノ木永久索道跡です。ここからは緩傾斜の下りになりますが、小さなアップダウンが連続します。
1
木生りのツバキは色鮮やかです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木生りのツバキは色鮮やかです。
1
四差路の鞍部を直進して30m余り登り返したコヤブ山です。直進か否か迷った末に四差路の鞍部へUターン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四差路の鞍部を直進して30m余り登り返したコヤブ山です。直進か否か迷った末に四差路の鞍部へUターン。
1
四差路の鞍部を右に入り、サルバカ谷方面へ。左はネバシ谷方面と思われる。直進は岩湧山山頂方向です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四差路の鞍部を右に入り、サルバカ谷方面へ。左はネバシ谷方面と思われる。直進は岩湧山山頂方向です。
1
四差路の鞍部からU字型の道を7分ほど下ると梅の木林道に出合い、右へ更に4分進むと出口ゲートに出合います。車道を左へ10分ほど行くと夕月橋です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
四差路の鞍部からU字型の道を7分ほど下ると梅の木林道に出合い、右へ更に4分進むと出口ゲートに出合います。車道を左へ10分ほど行くと夕月橋です。
1
案外短い林道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案外短い林道です。

感想/記録

 2年振りに山焼きが実施された岩湧山を滝畑からダイトレで登り、下山路に初歩きとなる梨の木峠ルートを選んだ。二日前に焼かれたばかりで煙り香が漂う山頂からは好天にもかかわらず眺望は良くなかった。GW前頃にはきれいな焼け跡にワラビが林立していることが想像された。下山路に初歩きルートを歩いたが、少しルートミスしたので残念な山行となった。
                           fukuchi36
訪問者数:374人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ