また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1422373 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍岳(暴風の摩利支天へ地獄めぐり)

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
天候薄曇り(森林限界上部は暴風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
MT乗鞍スノーリゾートの休暇村駐車場までマイカー。
まだ三本滝まで車は入れない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
前日降った雨が凍って全般的にカチカチアイスバーン。
緩めば快適ザラメだが朝のうちは滑落注意。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

今日はどこも天気が悪そうだが敢えて修行のため乗鞍岳までやってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はどこも天気が悪そうだが敢えて修行のため乗鞍岳までやってきた。
1
位ヶ原を超えると風は地獄だが視界はあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原を超えると風は地獄だが視界はあった。
1
この時点では槍穂高もバッチリ。
少ししたら雲に覆われてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時点では槍穂高もバッチリ。
少ししたら雲に覆われてしまった。
4
剣が峰。
今日はあっちにはいかず摩利支天を目指す。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰。
今日はあっちにはいかず摩利支天を目指す。
1
摩利支天方面。
今日は前日の雨で全面アイスバーンなので終始クトー。
パクなら担いでたかな?どうかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天方面。
今日は前日の雨で全面アイスバーンなので終始クトー。
パクなら担いでたかな?どうかな?
1
サンピラー!初めて見た。
地獄の中登って来たので神様からのご褒美かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンピラー!初めて見た。
地獄の中登って来たので神様からのご褒美かな。
9
うっすらご来光。
期待していなかったので嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うっすらご来光。
期待していなかったので嬉しい。
6
雷鳥のつがい。
ご褒美だらけで来てよかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥のつがい。
ご褒美だらけで来てよかった。
9
大黒岳はほとんど雪がついていなかった。
風強いしかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大黒岳はほとんど雪がついていなかった。
風強いしかな。
東にはうっすらと甲斐駒ヶ岳のシルエット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東にはうっすらと甲斐駒ヶ岳のシルエット。
3
摩利支天岳。
あそこまで頑張ろう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
摩利支天岳。
あそこまで頑張ろう。
2
剣が峰。
この頃には猛烈な風が吹きつけている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が峰。
この頃には猛烈な風が吹きつけている。
2
滑走モードに換装する時も油断すると板が紙のように飛ばされそうは勢いだった。
こういうことも経験しておくことが大事。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走モードに換装する時も油断すると板が紙のように飛ばされそうは勢いだった。
こういうことも経験しておくことが大事。
2
滑走開始!
富士見沢へ行ってみよう。
カリカリツルツルで滑落注意。
標高が下がって風は弱まったものの地獄は終わっていなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑走開始!
富士見沢へ行ってみよう。
カリカリツルツルで滑落注意。
標高が下がって風は弱まったものの地獄は終わっていなかった。
1
昨日までは快適ザラメだった雰囲気あり。今日はカリカリだが。(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日までは快適ザラメだった雰囲気あり。今日はカリカリだが。(笑)
富士見沢、ザラメだったら最高でした;;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見沢、ザラメだったら最高でした;;
1
位ヶ原山荘まで下りてきた。
スルーしてカリカリ林道を快適滑走。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
位ヶ原山荘まで下りてきた。
スルーしてカリカリ林道を快適滑走。
林道は緩んでたら逆に手漕ぎが大変だけど凍ってたので楽ちんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は緩んでたら逆に手漕ぎが大変だけど凍ってたので楽ちんでした。
1
ゲレンデ滑って駐車場到着。
この閑散ぶり。
おつかれさまでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲレンデ滑って駐車場到着。
この閑散ぶり。
おつかれさまでした。
4
下山したらYSHR先生のブログに載せてもらってた。
剣が峰行ってなくてゴメンナサイ(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山したらYSHR先生のブログに載せてもらってた。
剣が峰行ってなくてゴメンナサイ(笑)
8

感想/記録

今週末は土日とも天気が悪そうだ。
当初は白山で地獄訓練でも・・・と思っていたが大雨の影響で林道の土砂崩れや雪崩がやばそう。
低山は雨で嫌だし・・・ならば、ということで3000m級で地獄訓練しようと乗鞍岳を目指すことにした。
今週は地獄メンバーも山じゃなくてチャリで体力づくり、という方向感らしく大魔人さんから「物好きですね」と言われてしまった。
でも言わしてもらいますけど僕らの山行なんか傍から見たら常に物好きだと思われてますよ(笑)

土曜日の中でも朝のうちは多少視界がありそうな感じだったので朝3時前に乗鞍の休暇村を出発。もちろん誰もいない。
乗鞍も前日は雨だったようでゲレンデを含めてカチカチアイスバーン。
終始クトーを使う羽目になった。

位ヶ原を過ぎたあたりで明るくなり、森林限界を超えると容赦のない暴風が襲ってきた。
地獄2丁目の風だ。
気温はそれほど低くないし視界もあるので地獄4丁目程度か・・・いや、ガチガチアイスバーンで体が持ってかれたら滑落必至なので地獄3丁目だろう。
ザックから久しく使っていなかった地獄装備を取り出す。
バラクラバ、地獄ゴーグル、ダウン、アウター、テムレス。
久しぶりの地獄装備でなぜかテンションアップ(笑)

ふと後ろを見ると東の雲が赤く染まり一本の光芒が空を突き刺していた。
サンピラーだ!
これまで幾度となく山に登ってきたがサンピラーを見るのは今回が初めてだった。
暴風で立っているのも大変な状態だったが、せっかくなので、とYSHR先生にラインで写真を送る。
摩利支天に近づくにつれて斜度も厳しくなり風で煽られてバランスを失ったり耐風姿勢を取ったりと緊張の連続だった。
ザラメだったらどうということはないのだが厳冬期の地獄とは異なる滑落の恐怖との闘いだった。

摩利支天まで行ったら滑走準備にとりかかる。
ここでも風にあおられ続ける。
シールや道具が飛ばされないようにするのはもちろんだが、スキー板でさえも飛ばされそうな勢いだった。
厳冬期と違って板がなくてもラッセルで降りられなくなるという心配はないが失くしたら出費が痛いので細心の注意を払う(笑)

何とか滑走モードに換装して富士見沢方面へドロップ。
エッジ1枚では落とされるような氷の斜面なので2枚で確実にグリップさせていく。
こういう時は外足に加えて内足を使って滑る技術が重要になる。
富士見沢は斜度も広さも適度でパウダーやザラメだったら楽しいだろうな・・・と想像しながらも滑落に気を付けながら位ヶ原山荘まで滑り下りた。

その後は硬く締った林道を時折ショートカットしながらスキー場まで滑走し最後はゲレンデをかっ飛ばして消化試合終了。
今回はお茶濁し程度のショートトリップだったが地獄経験値を上げることができて有意義な山行となった。
訪問者数:620人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ