また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423347 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走関東

道志の主峰・赤鞍ヶ岳 道迷いに注意です!

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
厳道峠駐車場(5台)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち70%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
道迷い点は「細芽ノ頭」「池ノ窪」だ。稜線上を歩くルート化、巻き道を歩くルートか地図上できちんと把握していないと迷う可能性がある。
コース状況/
危険箇所等
標識が少なく、踏み跡が薄い(無い)個所もあり、道迷いに注意が必要
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

厳道峠駐車場。5台ほど停めれます。
2018年04月08日 08:06撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳道峠駐車場。5台ほど停めれます。
赤鞍ヶ岳への登山口
2018年04月08日 08:10撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤鞍ヶ岳への登山口
いきなり2手に分かれます。正解は右手に登っていきます。左も立派な道になっていますが、単なる送電線の監視路です。
2018年04月08日 08:12撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなり2手に分かれます。正解は右手に登っていきます。左も立派な道になっていますが、単なる送電線の監視路です。
1
ちょっと登れば、富士山が顔を出します。左手の大きな山容は裏丹沢の主峰・大室山。
2018年04月08日 08:14撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと登れば、富士山が顔を出します。左手の大きな山容は裏丹沢の主峰・大室山。
1
送電線鉄塔の下を通ると急坂が始まります。
2018年04月08日 15:14撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電線鉄塔の下を通ると急坂が始まります。
急坂を登りきったところに案内板。赤鞍ヶ岳より全然手前の御牧戸、長尾山を指しています。だけど、御牧戸山、長尾山には山頂看板がないんですよ。
2018年04月08日 09:01撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急坂を登りきったところに案内板。赤鞍ヶ岳より全然手前の御牧戸、長尾山を指しています。だけど、御牧戸山、長尾山には山頂看板がないんですよ。
1
もう少しで咲きそう。
2018年04月08日 09:04撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで咲きそう。
2
TV局中継アンテナが見えてくると、ここは御牧戸山。表示はありません。
2018年04月08日 09:12撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
TV局中継アンテナが見えてくると、ここは御牧戸山。表示はありません。
1
雑木林の中を歩いていきます。
2018年04月08日 09:32撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林の中を歩いていきます。
山の稜線上を歩いていたと思っていたんですが、左手に舗装された道路が…?興ざめです。
2018年04月08日 09:38撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の稜線上を歩いていたと思っていたんですが、左手に舗装された道路が…?興ざめです。
1
★道迷い注意1★細芽ノ頭付近。ここが道迷いの分岐路。中央に「県有林改良事業…」と書かれたさびれた案内板があります。正解は左手を登ってい行きます。間違って右手に行ってしまい、1時間ほどコース外を彷徨いました。
2018年04月08日 14:13撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★道迷い注意1★細芽ノ頭付近。ここが道迷いの分岐路。中央に「県有林改良事業…」と書かれたさびれた案内板があります。正解は左手を登ってい行きます。間違って右手に行ってしまい、1時間ほどコース外を彷徨いました。
1
コースに戻って、青いテープに沿って歩いて行く。実はこれもコース外だった。
2018年04月08日 11:25撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースに戻って、青いテープに沿って歩いて行く。実はこれもコース外だった。
1
★道迷い注意2★道志村役場から登ってくる道とぶつかる分岐点。
2018年04月08日 11:27撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
★道迷い注意2★道志村役場から登ってくる道とぶつかる分岐点。
1
城山ダム観測所の鉄塔が見えてくる。実はこの建物の裏が「(東)赤鞍ヶ岳」であった。
2018年04月08日 11:36撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
城山ダム観測所の鉄塔が見えてくる。実はこの建物の裏が「(東)赤鞍ヶ岳」であった。
1
稜線上は大室山同様に立派な古木が多い。
2018年04月08日 11:40撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線上は大室山同様に立派な古木が多い。
ウバガ岩からは道志村の街並みを見下ろせます。
2018年04月08日 11:44撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウバガ岩からは道志村の街並みを見下ろせます。
1
もうひと山越えれば(西)赤鞍ヶ岳
2018年04月08日 13:21撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうひと山越えれば(西)赤鞍ヶ岳
ここは秋山峠。(西)赤鞍ヶ岳はもうすぐ。
2018年04月08日 12:23撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここは秋山峠。(西)赤鞍ヶ岳はもうすぐ。
道の迷ったせいで4時間近くのかかってしまった。やっと、(西)赤鞍ヶ岳に到着。誰もいない静かな山頂。
2018年04月08日 12:29撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の迷ったせいで4時間近くのかかってしまった。やっと、(西)赤鞍ヶ岳に到着。誰もいない静かな山頂。
1
帰り道、同じ道を歩いていたと思ったが、あらっ?赤鞍ヶ岳と書いてある。ここは、さっきの城山ダム観測所の裏手である(東)赤鞍ヶ岳だ。分かりにくい山だ。
2018年04月08日 13:28撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰り道、同じ道を歩いていたと思ったが、あらっ?赤鞍ヶ岳と書いてある。ここは、さっきの城山ダム観測所の裏手である(東)赤鞍ヶ岳だ。分かりにくい山だ。
(東)赤鞍ヶ岳を過ぎると藪に中へ。これが道志名物か…。
2018年04月08日 13:29撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(東)赤鞍ヶ岳を過ぎると藪に中へ。これが道志名物か…。
雑木林に戻り、岐路を急いだ。
2018年04月08日 14:38撮影 by SLT-A55V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雑木林に戻り、岐路を急いだ。
1
撮影機材:

感想/記録

今回は道志の主峰である赤鞍ヶ岳を目指した。歩く人が少ないので踏み跡が少ない、藪もある、案内板も少ない、玄人好みの山だ。かつ、地図上にも赤鞍ヶ岳という山頂が隣同士に2つあるというややこしい山だ。そこで、「(東)赤鞍ヶ岳(ワラビタタキ)」と「(西)赤鞍ヶ岳(朝日山)」と分けて表記してみた。(東)赤鞍ヶ岳は狭い山頂だ。(西)赤鞍ヶ岳=本当の赤鞍ヶ岳はゆっくり休める広い山頂だが、ともに展望はない。
全体を通して案内板も少なく、踏み跡が消えたり、分かりにくい分岐点があったり、きちんと読図ができないと道迷いになる可能性がある。私も分岐を間違えて、西に進むはずが、いつの間にか北へぐんぐん進み、標高を大きく下げたところで間違いと気付いた(ちょっと鈍い!)。そこで振り向いても道はなかった。そう、自分で道だと思い込んで勝手に歩いてきただけなのだ。これはヤバいとコンパス頼りに上へ上へと目指したが、自分がどこにいるのかが分からなくなってしまった。最後の頼みはGPSだ。Google地図で現在地を確認し登山道へ向かいなんとかなったが、1時間も道迷いしていたのだ。「遭難」という文字が頭をよぎった。
やっぱり、きちんと読図ができないといけないのだと痛感した。準備不足、勉強不足の山登りとなってしまった。反省。
訪問者数:295人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

コンパス GPS 道迷い 遭難 縦走 ノ頭
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ