また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423800 全員に公開 ハイキング京都・北摂

佐々里峠から西尾根経由で雪の中を小野村割岳へ

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ後雪
アクセス
利用交通機関
バス
京都バス 広河原バス停、菅原バス停
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間18分
休憩
28分
合計
6時間46分
Sスタート地点09:4710:29佐々里峠10:4611:47雷杉11:5612:31エイリアンの木12:51911ピーク13:22小野村割岳13:2416:33ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
寒気が通過中で気温が下がるという予報でしたが、まさか雪が降るとは。
コース状況/
危険箇所等
登山ポスト無し。
昨年の台風による倒木はありますが、廃村八丁や品谷山ほどひどくはありません。
その他周辺情報菅原バス停 売店「トラウトタウン」。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ クッカー ピコシェルター ストック メリノウールアンダーシャツ上下
備考 グローブ忘れたのは痛恨

写真

バスの時刻表を撮影しておくと色々便利。
2018年04月08日 09:42撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バスの時刻表を撮影しておくと色々便利。
1
荘兵衛さんが開いてます。
2018年04月08日 09:48撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荘兵衛さんが開いてます。
1
佐々里峠近く。まだまだ咲いています。
2018年04月08日 10:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐々里峠近く。まだまだ咲いています。
1
佐々里峠到着。この頃から少し曇り始めました。
2018年04月08日 10:29撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
佐々里峠到着。この頃から少し曇り始めました。
1
お地蔵様に安全をお願いしていきます。
2018年04月08日 10:31撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お地蔵様に安全をお願いしていきます。
灰野と小野村割岳の分岐。ちょっとわかりにくいです。
2018年04月08日 11:01撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
灰野と小野村割岳の分岐。ちょっとわかりにくいです。
前夜に雪が降ったようです。
2018年04月08日 11:04撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前夜に雪が降ったようです。
痛々しい。
2018年04月08日 11:13撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
痛々しい。
1
この辺りから雪が降り始めました。この後降ったり止んだりを繰り返します。
2018年04月08日 11:47撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから雪が降り始めました。この後降ったり止んだりを繰り返します。
雷杉。中が黒焦げですが、生きてます。
2018年04月08日 11:49撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷杉。中が黒焦げですが、生きてます。
雪が舞う中、白と黒のコントラストが綺麗。
2018年04月08日 12:04撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が舞う中、白と黒のコントラストが綺麗。
標識、ありがたいです。
2018年04月08日 12:52撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標識、ありがたいです。
ふっと気づくと小野村割岳に。ご飯にしようと思いましたが、て横殴りの雪が降っていて落ち着いて食べるスペースがありません。
2018年04月08日 13:21撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふっと気づくと小野村割岳に。ご飯にしようと思いましたが、て横殴りの雪が降っていて落ち着いて食べるスペースがありません。
味がある字です。
2018年04月08日 13:21撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
味がある字です。
1
14:20のバスに乗れるんじゃないか、ということで南尾根ルートは止めて早稲谷の林道を目指します。
2018年04月08日 13:25撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:20のバスに乗れるんじゃないか、ということで南尾根ルートは止めて早稲谷の林道を目指します。
1
14:20のバスに乗れないことが確定したので、持参の弁当で昼食&懐中汁粉で暖をとります。
2018年04月08日 14:54撮影 by P008, asus
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
14:20のバスに乗れないことが確定したので、持参の弁当で昼食&懐中汁粉で暖をとります。
かつて広河原は炭焼きで有名だったそうで、女性たちが洛中まで売りに行っていたそうです。そうした伝統を残そうということで、鞍馬炭が新たにオープンしたのだそうです。
2018年04月08日 16:53撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かつて広河原は炭焼きで有名だったそうで、女性たちが洛中まで売りに行っていたそうです。そうした伝統を残そうということで、鞍馬炭が新たにオープンしたのだそうです。
1
ここでは桜はまだ蕾です。
2018年04月08日 17:02撮影 by DMC-TZ70, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでは桜はまだ蕾です。
1

感想/記録
by kasaU

忙しくて2ヶ月ほど山とはご無沙汰だったのでリハビリがてら小野村割岳に登りました。去年夏に久多峠から東尾根を歩いたので、今回は佐々里峠から入って西尾根を歩きます。

寒気が入ってきているようだったので、防寒はしっかりしていたのですが、まさか雪が降ってくるとは思いませんでした。まあ積もるほどではなかったのですが・・・結局早稲谷の林道に出るまで昼食はお預けでした。

出町柳発広河原行きの京都バスは立ち席も出るほどの混雑ぶり。花背山の家に向かう大人数の登山ツアーだあったようで、下車時に数えてみたら34人もいました。


訪問者数:292人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/11/11
投稿数: 3648
2018/4/9 5:36
 おはようございます
昨日は同じバスに乗っていたようです。
広河原行が混んでいてびっくりでしたね。
間違って朽木行きに並んでるのか確かめました

それにしても寒い一日でしたね。
時折雪も降り、寒い寒いとぼやいてました

因みに私は旧道別れで下車しました
登録日: 2015/11/4
投稿数: 8
2018/4/9 12:38
 Re: おはようございます
こんにちわ。

昨日の出町柳では出発直前にあれよあれよと言う間に人が増えて驚きました。
多分皆さん雲取山に向かわれたんじゃないかと思います。

旧道別れですと、旧花背峠に向かわれたのでしょうか。そちらも雪だったのですね。
城丹国境は11時くらいから時折の晴れ間を挟んでずっと雪で寒かったです。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 倒木 地蔵 登山ポスト
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ