また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1423991 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

入笠山 - 沢入登山口

日程 2018年04月07日(土) [日帰り]
メンバー
 gagammc(CL)
, その他メンバー3人
天候曇り〜晴れ〜霰
アクセス
利用交通機関
車・バイク
沢入登山口駐車場よりスタート
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間5分
休憩
2時間3分
合計
6時間8分
S沢入登山口09:4011:01入笠湿原11:0211:05山彦荘11:1511:27マナスル山荘11:32御所平登山口11:3312:14入笠山12:5013:27御所平登山口13:3013:30マナスル山荘14:3514:45山彦荘14:4814:49入笠湿原15:44沢入登山口15:4815:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
御所平登山口付近までは乾いたしっかりした登山道。
事前情報通り、今年は雪も少なく、4月上旬は頂上直下(途中)のみ残雪。
頂上は雪も無く乾いていた。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー 長袖ミドルウェア 化繊インシュレーター 薄手フリース ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 雨具 ゲイター 冬季ブーツ ザック ザックカバー チェーンスパイク 12本爪アイゼン 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル カメラ ポール

写真

沢入登山口駐車場。
ここから点線の登山道です。
2018年04月07日 09:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢入登山口駐車場。
ここから点線の登山道です。
駐車場のこの先は通行止めですね。
登山口はこのすぐ右に明確にあります。
2018年04月07日 09:44撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場のこの先は通行止めですね。
登山口はこのすぐ右に明確にあります。
今回、付いてきたのはこの三人
2018年04月07日 10:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、付いてきたのはこの三人
1
たまに大きい岩あります。
2018年04月07日 10:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに大きい岩あります。
中央にある通り、電信柱と電線が・・
2018年04月07日 10:50撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央にある通り、電信柱と電線が・・
やっと少し分岐っぽいところが出てきますが、真っすぐですね。
もう入笠湿原も近いです。
2018年04月07日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと少し分岐っぽいところが出てきますが、真っすぐですね。
もう入笠湿原も近いです。
もうすぐです。
2018年04月07日 10:53撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐです。
湿原到着
2018年04月07日 11:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原到着
鹿避けゲートはあるものの、、、周りのネットはどこも落とされてました。
2018年04月07日 11:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿避けゲートはあるものの、、、周りのネットはどこも落とされてました。
右手側がパノラマのゴンドラ山頂駅です。
2018年04月07日 11:02撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手側がパノラマのゴンドラ山頂駅です。
いやはや整備されてますね。。
2018年04月07日 11:06撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやはや整備されてますね。。
湿原看板
2018年04月07日 11:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原看板
山荘方面の木道階段
2018年04月07日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘方面の木道階段
あちらがゴンドラ山頂駅。ここから15分らしい。
2018年04月07日 11:08撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あちらがゴンドラ山頂駅。ここから15分らしい。
トイレです。
2018年04月07日 11:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トイレです。
山彦荘前のコース看板
2018年04月07日 11:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山彦荘前のコース看板
入笠湿原全体の看板
2018年04月07日 11:09撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠湿原全体の看板
歩道(車道)の横を通るルートがありますが、平行して進んでまた合流するだけ。。
富士見にあるカゴメさん提供?
2018年04月07日 11:25撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩道(車道)の横を通るルートがありますが、平行して進んでまた合流するだけ。。
富士見にあるカゴメさん提供?
車道をこちら(右手)側へ
2018年04月07日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道をこちら(右手)側へ
入笠全体のルート図ですね。
すぐ御所平登山口です。マナスル山荘の左にあります。
2018年04月07日 11:28撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠全体のルート図ですね。
すぐ御所平登山口です。マナスル山荘の左にあります。
御所平登山口入ってすぐに雪が少し見えてみました。
入口から無雪期は頂上まで30分ぐらいです。
2018年04月07日 11:39撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平登山口入ってすぐに雪が少し見えてみました。
入口から無雪期は頂上まで30分ぐらいです。
雪・・です、一応。
2018年04月07日 11:40撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪・・です、一応。
途中、雪が無くなったりします。
2018年04月07日 11:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、雪が無くなったりします。
また雪。というようにまばらですね。
2018年04月07日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
また雪。というようにまばらですね。
山頂への2ルート分岐。
2018年04月07日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂への2ルート分岐。
右が岩場コース。左が迂回コース。
ここから山頂は15分ぐらい?
2018年04月07日 11:52撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右が岩場コース。左が迂回コース。
ここから山頂は15分ぐらい?
わざとブーツを蹴りこんで、、
2018年04月07日 12:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わざとブーツを蹴りこんで、、
少しは雪山気分を・・
2018年04月07日 12:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しは雪山気分を・・
後ろの三人も付いてきています。
2018年04月07日 12:07撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろの三人も付いてきています。
やっと頂上が見えてきました。
2018年04月07日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと頂上が見えてきました。
入笠山山頂
2018年04月07日 12:18撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
入笠山山頂
登頂記念
2018年04月07日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂記念
1
登頂記念
2018年04月07日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登頂記念
2
天気がいいです。
2018年04月07日 12:21撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気がいいです。
晴れてます。
2018年04月07日 12:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れてます。
1
が、、風が強い!ここで少し寒くなります。
2018年04月07日 12:24撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、、風が強い!ここで少し寒くなります。
初投入のチェアゼロ。
2018年04月07日 12:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初投入のチェアゼロ。
あると、、いいなぁ。風が強くなければここで昼食料理もいい。
2018年04月07日 12:48撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あると、、いいなぁ。風が強くなければここで昼食料理もいい。
帰りは岩場コースで。
2018年04月07日 12:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りは岩場コースで。
せいぜいこんな感じ。
途中、鎖が付いている岩があるも、普通に降りられます。
2018年04月07日 12:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せいぜいこんな感じ。
途中、鎖が付いている岩があるも、普通に降りられます。
やっと雪が出てきました。
2018年04月07日 12:57撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと雪が出てきました。
雪の多いところで遊びます
2018年04月07日 13:04撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の多いところで遊びます
ツボ足付ければ皆、注意しつつラクに降りてこられます。
2018年04月07日 13:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツボ足付ければ皆、注意しつつラクに降りてこられます。
下りてきました。
2018年04月07日 13:17撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきました。
御所平登山口です。
2018年04月07日 13:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平登山口です。
御所平登山口からマナスル山荘が見えてきます。
2018年04月07日 13:30撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御所平登山口からマナスル山荘が見えてきます。
マナスル山荘到着
2018年04月07日 13:32撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マナスル山荘到着
いいですねぇ。
2018年04月07日 13:42撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いいですねぇ。
メニュー表
2018年04月07日 13:43撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メニュー表
聞いたところ、まだビーフシチューがあるとのこと!
2018年04月07日 13:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聞いたところ、まだビーフシチューがあるとのこと!
登場。予想外な雰囲気に喜んでしまった。
2018年04月07日 13:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登場。予想外な雰囲気に喜んでしまった。
1
ライスを付けて、昼食です。
うまい!!
2018年04月07日 13:55撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ライスを付けて、昼食です。
うまい!!
さて、マナスル山荘でゆっくりして、湿原からまた沢入へ。
2018年04月07日 14:58撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、マナスル山荘でゆっくりして、湿原からまた沢入へ。
なぜか霰が突然降ってきました。。
2018年04月07日 15:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか霰が突然降ってきました。。
登山道はしっかり整備されてますので、別に滑ることもありませんでした。
2018年04月07日 15:22撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道はしっかり整備されてますので、別に滑ることもありませんでした。
地面に見えるかな?細かいアラレの粒が。。
2018年04月07日 15:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面に見えるかな?細かいアラレの粒が。。
写真には映らないなぁ。。
2018年04月07日 15:41撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真には映らないなぁ。。
こうやって、霰をはじく写真も撮ってみたが、、映らない。。
2018年04月07日 15:46撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって、霰をはじく写真も撮ってみたが、、映らない。。
小一時間ほどで湿原から沢入登山口まで下りてきました。
2018年04月07日 15:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小一時間ほどで湿原から沢入登山口まで下りてきました。
駐車場です。
2018年04月07日 15:47撮影 by DSC-RX100, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場です。

感想/記録

会社同僚がスノーボードに行くというので同乗させてもらい、富士見パノラマスノーリゾートへ。
もちろん、新しい冬季装備を試すため、初心者でも手頃な入笠山へ登山(ハイキングに近いか・・)。
しかし残念ながら他メンバー3名は諸事情により急遽スノーボード中止で観光目的へ。(富士見パノラマもコース規制で土が出ているぐらいだったので、もう無理か)
早朝拾って頂き、8時過ぎには諏訪南ICを降り、買い出し。
少し移動し 「沢入登山口駐車場」 へ到着。3台ほど先行者のクルマがあるようだ。

ルートは、ゴンドラ山頂駅からだと入笠山山頂まで1時間も掛からずあまりにも行動時間が短いのでせめて沢入から入ろうと計画。
ここまで雪は一切無く、山も見上げる限り雪無し。。トホホ。
事前情報通り、雪は殆ど無いようだ。。
気温も高く、標高差もあまりないので頂上も然程寒くないと思われる。

ここで何故か他メンバーが行けるところまで登りたいとのご様子。
一応、ハードシェルやブーツなど登山ができる準備はしていたらしい。
仮にアイゼンが必要な雪道や天候が変わりそうなら引き返すとの約束で同行を許可。
全員の装備を確認し、不足装備はなぜかザック二つ分の大量の装備を持ってきてしまった私のものを使い、入笠山登頂に十分な装備のパーティを組む。
過剰なPetzl 12本爪アイゼンは使わないだろうがチェーンスパイクと一応二つ持っていく。さすがにPetzlのアイスアックスは場違いなのでクルマに置いて行こう。。

ということで、単独予定が4人組で登ることに。(お陰でスタートは9:30頃に。まぁ、予想通り)

沢入から入るが、かなり整備された登山道だ。
入笠湿原まで木の階段が作られているし道迷いの心配も全くない。
(もし大雪で登山道が見えなくなるぐらいだったらわからないが、ピンクリボンは適当な間隔で目の高さ以上の位置にあるし、、そもそも電信柱と電線が各所に通っていて人工物が嫌でも目に入る。。。)

4人なのでゆっくりと周りを見ながら登る。林間コースで汗が出る。
40分程で湿原到着できるが、ゆっくり目なので小一時間ほど掛けて到着。

湿原も木道が整備され、ハイキング気分。。

山荘を過ぎ、車道を通り、マナスル山荘過ぎてから、御所平登山口へ。

ここで山頂から降りてきた登山客に道中と山頂の様子をお聞きする。
山頂にも雪は無く、途中の登山道に少し雪があるものの、チェーンスパイクも使わなかったとのこと。
但し、山頂は風が強いため寒い、との情報。

この4人組でもピークハントしてすぐ戻るぐらいなら行けそうだ。

御所平登山口から入り登り始めると雪が少し出てきた。
一応、気を付けてブーツで雪を蹴りながら登る。
雪と普通の乾燥した登山道の繰り返し。
途中の岩場コースと迂回コースでは、念の為、迂回コースで登る。
少し雪があるので先頭の私が足場を作り登る。
雪があるのでペースは遅いものの(通常は30分で頂上へ)、無事、40分ちょいで山頂に辿り着いた。
丁度、お昼だったが、午前中は曇りだったせいか寒かったらしい。
頂上は風が強く、太陽が照っているものの気温が低く感じられる。

しかし、360度の眺望は素晴らしかった。
甲斐駒ヶ岳や八ヶ岳など全周に渡って見ることができた、素晴らしい。標高1,955mだが侮れない景色だ。
でも、富士山と穂高方面は雲掛かっていて見えなかったなぁ、残念。
北アルプス側は天候悪そうだった。

ちなみに、私は元々、アドベンチャーイン富士見というMTBレースで、富士見パノラマから富士見町に一旦降りて、釜無山を登って黒河内併用林道を経由し、入笠牧場から回って入笠山を一周して、ゴンドラ山頂から林間Cコースのダウンヒルで駐車場まで降りてくる競技に何年も出場していたことがあり、この一帯のルートは頭に入っているため、ホントなら懐かしさで入笠山周回コースも徒歩で歩いてみたかったが、、4人組で風も強いのでピストンで折り返す。

帰りは岩場コースを上から見ても変わらない程度の雪道だったので、岩場コースで下山することに。
下山始めると風裏の林間になるのですぐに無風。
また、岩場コースとは名ばかりで、、岩が多少ゴロゴロしているだけで本当の岩場というわけでも無かったので拍子抜け。
同行組はかなり楽しめたようだ。

御所平登山口まで下りてから、昼食はマナスル山荘へ。
13時過ぎだというのに、念願のビーフシチューがあるという。
早速、ビーフシチューとライスを注文。
確かに美味しかった! 暖かさが体に染みる。当初計画通り!!
しかし、入笠山ピンバッジが売り切れで残念。春まで入荷しないらしい。
代わりに入笠山/マナスルの登頂記念 缶?バッジ とステッカーを購入。
マナスル山荘では随分、ゆっくりさせてもらい、下山開始。
入笠湿原から沢入方面の登山道へ分岐。

ゴンドラで降りるとなると15分ぐらいの行程らしいです。犬連れて山荘辺りまで散歩できそうだ。

帰りもゆっくりペースで。全員の体調も問題無し。少し汗冷えしているのが若干1名いるが、もう気温も上がってきて駐車場まで数十分なので大丈夫だろう。

と、途中で、なぜか霰が落ちてきた。
上空の気温で霰になったのだろうが、ずごい降ってくる。
あまり溶けもしないので、まるで除雪剤を撒かれているかのよう。。
フードを被って、少しテンポを上げつつ下る。
特にウェアが濡れることもなく、また危険箇所もなきまま、無事下山することができた。

下山しても霰は降り続いたので恐らく地域一帯に降ったのだろう。
撤収準備して、そそくさと宿泊予定の清里のペンションへ移動した。


初心者も楽しめる入笠山。
雪山(雪があるときね..)であっても雪山入門にも使えるし、グリーンシーズンのハイキングにも面白そう。
眺望が良かったので、今度は時間掛けて大河内湿原周回や入笠山周回コースなどバリエーションルートを歩いてみたい。

訪問者数:689人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ