また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1424799 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走金剛山・岩湧山

大阪府チャレンジ登山大会(当麻寺〜紀見峠)

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れのちくもり
麓の気温は5℃程度。正午の金剛山山頂の気温は1℃。
風は稜線上で3〜4m程度。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■ルート
国道165号大和高田バイパスで南東へ。道の駅 ふたかみパーク當麻「當麻の家」を右手に見ながら、2〜3の交差点を進むと「ゆうあいステーション」の看板が見えるので右折。ゆうあいステーションのすぐ奥にある葛城市の広い駐車場が集合場所。

■駐車場
道の駅(ふたかみパーク當麻)にお世話になりました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
万歩計では60000歩程度
※金剛山から下りのコースタイムは膝を壊したのでかなりゆっくりとした時間になっています。
コース状況/
危険箇所等
全般的にダイアモンドトレール上はきちんと整備されており、道標もしっかりしています。
0ニョロ、0ヒル、0シカ。

■当麻寺→二上山馬の背
スタートはゆうあいステーション。スタートからすぐに二上山登山道が始まり、歴史を感じさせる一の鳥居と傘堂を通っていきます。
馬の背には立派なトイレが設置されています。

■二上山→大和葛城山
竹内峠、平石峠、岩橋山を経て大和葛城山へ。アップダウンを繰り返しながらの序盤戦です。道幅の広い山道で階段も整備されていて安心して歩けます。
大和葛城山の山頂は、ルートから少しだけ離れたところにあります。山頂は開放感のある景色のいい場所ですが風が強くとても寒かったのですぐにルートに戻りました。
大和葛城山の手前の平石にトイレが設置されています。また、葛城山山頂付近にもトイレあります。

■大和葛城山→金剛山
いったん水越峠まで下り登り返して金剛山へ。こんなに下るのというぐらい長い階段を下ります。その後は長い階段の登り返しです。
金剛山の山頂は、ルート上の一の鳥居から少しだけ登った葛城神社にあります。今回はライブカメラに映りたくて国見城址に立ち寄りました。
トイレは金剛山の一の鳥居を過ぎた、ちはや園地にあります。

■金剛山→紀見峠
伏見峠、久留野峠から登り返して中葛城山、千早峠、行者杉峠、杉尾峠、紀見峠と長い長いトレールを進みます。
中葛城山からはそれほど大きなアップダウンもなく、どんどん歩けます。
トイレは紀見峠までありません。

■紀見峠→南海紀見駅
紀見峠からは、長い長い下りになります。階段をどんどん下っていきます。民家がちらほら見えだしてからは南海紀見駅までの道標があります。
当日はスタッフの方々の誘導がありましたので、迷うようなことはありませんでした。

■大阪府山岳連盟 第44回大阪府チャレンジ登山大会
http://sangaku-osaka.com/
http://sangaku-osaka.com/tokubetu/18/18daitore/0408.html

■金剛山ライブカメラ
http://www.kongozan.net/live/live_f.html
その他周辺情報■温泉
葛城市 福祉総合ステーション(ゆうあいステーション)
http://katsuragi-shakyo.jp/yuaistation.html
大人510円
※サウナ、露天風呂、水風呂なし
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ドライレイヤ上(行動着) 長袖のドライ服(行動着) Tシャツ(着替えx1) 夏用ズボン 登山用靴下x2 ミッドカットカット登山靴 レイン上(着用せず) レイン下(着用せず) LEDヘッドランプ ラジオと鈴 テーピングテープ・絆創膏等 日帰り用ザック 水600mlx2本 おにぎりx3 アミノバイタルx2

写真

今回2回目のダイトレ参加。頑張るぞー。
写真は参加賞のワッペンとTシャツ。
2018年04月08日 06:06撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回2回目のダイトレ参加。頑張るぞー。
写真は参加賞のワッペンとTシャツ。
1
ワッペンは早速ザックに。
2018年04月08日 06:09撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワッペンは早速ザックに。
1
さあ出発です。
2018年04月08日 06:13撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ出発です。
3
二上山の馬の背に到着。ここから下ってまた登って、また下って登っての繰り返しが始まります。。
2018年04月08日 06:42撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二上山の馬の背に到着。ここから下ってまた登って、また下って登っての繰り返しが始まります。。
馬の背のすぐ近くにある岩屋。
2018年04月08日 06:43撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬の背のすぐ近くにある岩屋。
と岩屋杉。
2018年04月08日 06:43撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と岩屋杉。
万葉の森。こんな朝早いのに、のんびりと釣り堀で釣りをされておられる方々が結構いますね。
2018年04月08日 06:53撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
万葉の森。こんな朝早いのに、のんびりと釣り堀で釣りをされておられる方々が結構いますね。
1
ランの方々に次々に抜かれていきます。
2018年04月08日 07:51撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ランの方々に次々に抜かれていきます。
トレイル上には、この石碑が要所要所にあります。
2018年04月08日 08:02撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイル上には、この石碑が要所要所にあります。
最初のチェックポイント。岩橋山。
2018年04月08日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のチェックポイント。岩橋山。
1
みなさんチェックの後はすぐに出発。
2018年04月08日 08:09撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みなさんチェックの後はすぐに出発。
1
金剛山までのアップダウンはこのような階段が結構あります。でも六甲縦走のように渋滞はありません。
2018年04月08日 08:36撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山までのアップダウンはこのような階段が結構あります。でも六甲縦走のように渋滞はありません。
この辺りからパラパラと雪が降ってきました。
2018年04月08日 09:05撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りからパラパラと雪が降ってきました。
1
大和葛城山の鉄塔が。摩耶山の感じに似てます。
そういえば、前半のアップダウン、後半の金剛山から下り、六甲縦走コースと雰囲気似ていますね。
2018年04月08日 09:30撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城山の鉄塔が。摩耶山の感じに似てます。
そういえば、前半のアップダウン、後半の金剛山から下り、六甲縦走コースと雰囲気似ていますね。
大和葛城山は初級コースのゴール地点。
2018年04月08日 09:33撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城山は初級コースのゴール地点。
2
大和葛城山の山頂はコースから少し外れたところにありますが、景色がいいので外すわけにはいきません。
2018年04月08日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城山の山頂はコースから少し外れたところにありますが、景色がいいので外すわけにはいきません。
3
大和葛城山の三角点。風が冷たくて長居できなかったので、すぐに出発。
2018年04月08日 09:40撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城山の三角点。風が冷たくて長居できなかったので、すぐに出発。
そしてお腹も空いてきたので巻きずしを頬張りながら歩きます。
2018年04月08日 09:42撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そしてお腹も空いてきたので巻きずしを頬張りながら歩きます。
大和葛城山のリス君は公衆電話のすぐ傍にいました。
2018年04月08日 09:43撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大和葛城山のリス君は公衆電話のすぐ傍にいました。
巻きずしの後はソーセージ。これからの長い道のりに備えます。
2018年04月08日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巻きずしの後はソーセージ。これからの長い道のりに備えます。
1
水越峠のチェックポイントを通過。
2018年04月08日 10:22撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水越峠のチェックポイントを通過。
1
金剛の水。
2018年04月08日 10:46撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛の水。
金剛山は先ほどまで降っていた雪が融けずに残っています。
2018年04月08日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山は先ほどまで降っていた雪が融けずに残っています。
歩いてきた大和葛城山。だいぶ来ましたね。
2018年04月08日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた大和葛城山。だいぶ来ましたね。
2
アップで。
2018年04月08日 11:28撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
金剛山に到着。ここからちょっと寄り道。
2018年04月08日 11:42撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山に到着。ここからちょっと寄り道。
大阪府最高点の金剛山葛木神社。
2018年04月08日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大阪府最高点の金剛山葛木神社。
2
国見城址のライブカメラ前。これこれ、これが今回の寄り道の目的です。12時の5分前です。間に合いました。
2018年04月08日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国見城址のライブカメラ前。これこれ、これが今回の寄り道の目的です。12時の5分前です。間に合いました。
2
12時ジャストにパチリ。記録に残るために寄り道しました。
2018年04月08日 11:53撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12時ジャストにパチリ。記録に残るために寄り道しました。
4
山頂は1℃。
2018年04月08日 12:02撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は1℃。
道路は凍結していて歩くのに滑りそうな感じでした。一般の方々は苦労して通過されている感じでした。
2018年04月08日 12:03撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道路は凍結していて歩くのに滑りそうな感じでした。一般の方々は苦労して通過されている感じでした。
1
展望台は今回は通過。でも大峯山が良く見えていたのでちょっと登りたかった。
2018年04月08日 12:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望台は今回は通過。でも大峯山が良く見えていたのでちょっと登りたかった。
中級コースのゴール地点。ちはや園地。
2018年04月08日 12:21撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中級コースのゴール地点。ちはや園地。
2
バナナ戴きました。途中、レモン水やスポーツドリンクなどのサービスもありましたよ。ありがとうございました。
2018年04月08日 12:22撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バナナ戴きました。途中、レモン水やスポーツドリンクなどのサービスもありましたよ。ありがとうございました。
2
温かいロッジのストーブ前でしばし休憩。
良く歩いた。膝が痛み出していたので進むかどうかを少し迷いましたが、やはり頑張って進むことに。
2018年04月08日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温かいロッジのストーブ前でしばし休憩。
良く歩いた。膝が痛み出していたので進むかどうかを少し迷いましたが、やはり頑張って進むことに。
1
休憩したちはや園地のロッジです。
2018年04月08日 12:31撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩したちはや園地のロッジです。
中葛城山を通過。したところで同じアングルで写真を撮る方が。。
2018年04月08日 13:04撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中葛城山を通過。したところで同じアングルで写真を撮る方が。。
ザックの後ろにヤマレコバッチがあることを見逃しませんでしたよ。ヤマレコユーザさんでした。
2018年04月08日 13:05撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックの後ろにヤマレコバッチがあることを見逃しませんでしたよ。ヤマレコユーザさんでした。
エネルギー注入。また元気を出して歩きます。
2018年04月08日 13:33撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エネルギー注入。また元気を出して歩きます。
河内長野のリス君。たくさん生息していました。
2018年04月08日 14:05撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
河内長野のリス君。たくさん生息していました。
行者杉チェックポイント。
2018年04月08日 14:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者杉チェックポイント。
1
労山ダイトレの時には、ここでぜんざいを戴きましたね。
2018年04月08日 14:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
労山ダイトレの時には、ここでぜんざいを戴きましたね。
大峯山が雪を被っているのが見えます。
2018年04月08日 14:18撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大峯山が雪を被っているのが見えます。
ちょっとアップで。
2018年04月08日 14:19撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとアップで。
途中、ショウジョウバカマがちらほら咲いていましたが、ここは群生していました。だいぶ広い範囲で群生しており、なかなか見ごたえありました。
2018年04月08日 14:37撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、ショウジョウバカマがちらほら咲いていましたが、ここは群生していました。だいぶ広い範囲で群生しており、なかなか見ごたえありました。
1
アップで。
2018年04月08日 14:37撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
1
西の行者堂。
2018年04月08日 15:01撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の行者堂。
降りてきました。和歌山県に突入です。
2018年04月08日 15:53撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきました。和歌山県に突入です。
ゴール見えました。
2018年04月08日 16:19撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール見えました。
2
並んで無事にゴール。
2018年04月08日 16:20撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
並んで無事にゴール。
2
今回のスタンプマップです。
2018年04月08日 16:22撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のスタンプマップです。
2
カレーの匂いに誘われて。
2018年04月08日 16:24撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カレーの匂いに誘われて。
戴きました。美味しかった〜。
2018年04月08日 16:25撮影 by Canon PowerShot SX230 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戴きました。美味しかった〜。
4

感想/記録

今回で2回目のダイトレ挑戦は、大阪府主催のチャレンジダイトレ。前回、一昨年前の秋のダイトレで経験があったのでスムーズにスタートできました。
金剛山までのアップダウンは順調にそれほど疲れもなく進みました。
しかしその先は、最近あまり山歩きしていなかったので膝が持つか心配していましたが、金剛山を越えるぐらいから徐々に違和感が出てきて、ちはや園地に着いた時点で持たないことが判りました。
でも折角大阪まで来たし、時間も十分にあったので、痛みに堪えながらゆっくりでも最後まで歩くことを決めました。
平たんなところや登りはそれほど傷まないのですが、下りは少し傾斜があると一歩一歩が辛い。
ゆっくりゆっくりと下っているとスタッフさんから途中に看護師さんがいるので「エアーサロンパスしてもらい」とありがたいお言葉。
看護師さんのいる「山の神」に着き、エアーサロンパスがあるか尋ねたところ、湿布ならあるとのことでロキソニンテープを貼っていただきました。
おかげさまで、ここからの舗装路はそれほど傷まずに無事下山できました。
また、エアーサロンパスが無いことを聞いていた(恐らく私の後ろを歩いていた方)とても親切な参加者のかたが、自分のエアーサロンパスを使いなさいと差し出してくれました。
ありがとうございました。
今回は、スタッフさん、看護師さん、一緒に歩いていた参加者の方々にも支えられて、無事に歩ききることができました。
今回看護師さんから学んだロキソニンテープは、次回の長距離から持参しようと思います。

■2016年秋の労山ダイトレ初参加レコ
https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-984995.html
訪問者数:234人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザック 三角点 馬の背 道標 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ