また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1425315 全員に公開 ハイキング比良山系

蓬莱駅から小女郎ヶ池、蓬莱山、キタダカ道、志賀駅と花見の周回

日程 2018年04月10日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行き JR山科駅からJR蓬莱駅
帰り JR志賀駅からJR山科駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間21分
休憩
28分
合計
6時間49分
S蓬莱駅08:0709:14薬師ノ滝道登山口09:1609:27薬師ノ滝09:3111:21小女郎峠11:2311:27小女郎ヶ池11:3512:12蓬莱山12:33打見山12:3413:01クロトノハゲ13:0413:31天狗杉13:3914:55志賀駅14:56ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ほぼ全行程登山道で特に危険箇所は無い。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

JR蓬莱駅で降りると中学生らしき子供達も沢山降りた。少しの間付いて歩いていたがこの標識に気付いたので道を間違わずに済んだ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
JR蓬莱駅で降りると中学生らしき子供達も沢山降りた。少しの間付いて歩いていたがこの標識に気付いたので道を間違わずに済んだ。
この山に向かう舗装道路は傾斜がきつく最初から疲れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山に向かう舗装道路は傾斜がきつく最初から疲れる。
湖西の道路の手前でイワカガミが咲いていた。これは幸先が良いと喜んだが後が続かなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖西の道路の手前でイワカガミが咲いていた。これは幸先が良いと喜んだが後が続かなかった。
4
ちんたら歩きながらアケビの芽を取っていたら軽く一握り程になった。今日の戦利品としておこう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちんたら歩きながらアケビの芽を取っていたら軽く一握り程になった。今日の戦利品としておこう。
5
1時間余りかけてやっと山道の入口に着いた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1時間余りかけてやっと山道の入口に着いた。
やっと薬師ノ滝。ここまでめぼしい花は無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと薬師ノ滝。ここまでめぼしい花は無かった。
滝を過ぎるとヒトリシズカが咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滝を過ぎるとヒトリシズカが咲いていた。
4
花がないので手当たり次第に写真を撮る。
ユリワサビかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花がないので手当たり次第に写真を撮る。
ユリワサビかな?
1
ミヤマカタバミだけは最初からあったが、ここでやっと開いたものと出合う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマカタバミだけは最初からあったが、ここでやっと開いたものと出合う。
4
一寸珍しい美濃小貝母があった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一寸珍しい美濃小貝母があった。
5
周りを見ると結構咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りを見ると結構咲いていた。
4
これはミヤコアオイの花かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これはミヤコアオイの花かな?
1
やっと一杯開いたミヤマカタバミと出合った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと一杯開いたミヤマカタバミと出合った。
4
標高800mほど登ってくるとイワカガミの蕾は固かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高800mほど登ってくるとイワカガミの蕾は固かった。
標高900m辺りの谷の二股辺りに咲いていた桜。近畿豆桜だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900m辺りの谷の二股辺りに咲いていた桜。近畿豆桜だろうか?
4
数本纏まって咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
数本纏まって咲いていた。
ニリンソウ。ここまで蕾しか無かったがこんなに標高が高くなってやっと開いたものを観察出来た。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニリンソウ。ここまで蕾しか無かったがこんなに標高が高くなってやっと開いたものを観察出来た。
7
背後に琵琶湖が望める様になってきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
背後に琵琶湖が望める様になってきた。
1
峠の直下の谷筋に、まだ雪の塊が残っていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠の直下の谷筋に、まだ雪の塊が残っていた。
1
琵琶湖を振り返る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖を振り返る。
霞んでいるが琵琶湖大橋が望める。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでいるが琵琶湖大橋が望める。
2
小女郎峠の標識。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小女郎峠の標識。
峠を越え小女郎ヶ池に向かう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
峠を越え小女郎ヶ池に向かう。
2
落ちている案内板。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
落ちている案内板。
先ずは西側から池を一周してみる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは西側から池を一周してみる。
一番西側から東に向かい蓬莱山を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番西側から東に向かい蓬莱山を望む。
3
池の縁の馬酔木は1000mを越える標高故か咲き始めだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の縁の馬酔木は1000mを越える標高故か咲き始めだった。
1
池の東から西側を見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の東から西側を見る。
2
これがヘク谷の始まりとなる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これがヘク谷の始まりとなる。
1101m標高点辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1101m標高点辺り。
西側、権現山方面を見る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西側、権現山方面を見る。
1
蓬莱山山頂を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓬莱山山頂を望む。
山頂の一等三角点。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂の一等三角点。
5
遠くに武奈ヶ岳を望む。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに武奈ヶ岳を望む。
3
誰も居ないスキー場を降りて行く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰も居ないスキー場を降りて行く。
スキー場から見る琵琶湖。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場から見る琵琶湖。
3
下山を初めて直ぐにゴンドラが頂上に到着した。観光客らしい人を見なかったけど営業しているのかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山を初めて直ぐにゴンドラが頂上に到着した。観光客らしい人を見なかったけど営業しているのかな?
1
琵琶湖が望める見晴らしの良い所で一寸お昼休憩する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が望める見晴らしの良い所で一寸お昼休憩する。
1
直ぐにバイカオウレン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直ぐにバイカオウレン。
6
固まって咲いている。この後も退屈しないくらいに花はあった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
固まって咲いている。この後も退屈しないくらいに花はあった。
4
イワウチワも咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワウチワも咲いていた。
3
クロトノハゲの標識が転がっていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロトノハゲの標識が転がっていた。
クロトノハゲ辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロトノハゲ辺り。
1
何故か標高を下げる程咲きが悪い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何故か標高を下げる程咲きが悪い。
5
全体として咲き始めだった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
全体として咲き始めだった。
標高を下げてもバイカオウレンは咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高を下げてもバイカオウレンは咲いていた。
2
スミレも全行程で咲いていた。これはシハイスミレだろうか? スミレはエイザンスミレが気になっているので気を付けているがここでも比叡山でも残念ながら見つける事は出来てない。ちなみに最初見たのは四国山地だった。出来れば近畿の何処かで見てみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スミレも全行程で咲いていた。これはシハイスミレだろうか? スミレはエイザンスミレが気になっているので気を付けているがここでも比叡山でも残念ながら見つける事は出来てない。ちなみに最初見たのは四国山地だった。出来れば近畿の何処かで見てみたい。
1
こちらの下山道の方が荒れていた。これは幹を乗り越える方に道が付いていたので無理矢理短い足で乗り越えた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの下山道の方が荒れていた。これは幹を乗り越える方に道が付いていたので無理矢理短い足で乗り越えた。
何処かに標識が有ったはずと回り込むと裏側に有った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何処かに標識が有ったはずと回り込むと裏側に有った。
2
何と諦めていたカタクリも咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何と諦めていたカタクリも咲いていた。
3
700m位まで高度を下げたがイワカガミはまだ咲いて無かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
700m位まで高度を下げたがイワカガミはまだ咲いて無かった。
これもミヤコアオイ。これも至る処に咲いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもミヤコアオイ。これも至る処に咲いていた。
4
この通せんぼの横たわった木は根っ子側に道が付いていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この通せんぼの横たわった木は根っ子側に道が付いていた。
湖西道路の側まで降りてきてやっと咲き始めのイワウチワがあった。まだまだこれからの花だ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湖西道路の側まで降りてきてやっと咲き始めのイワウチワがあった。まだまだこれからの花だ。
3
人家まで降りてくるとシャガが咲き始めていた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人家まで降りてくるとシャガが咲き始めていた。
2

感想/記録
by yjin

今年は春の花に上手く出会えない。そこで昔、色々な花に出会えた記憶のあるコースを辿って見る事にする。標高約100mから高度を上げて1100mまで登るコースなら可能性は高い。

時期も良かったかも知れないが目論見通りに事は進んだ。その上蓬莱山でも人に会う事も無く静かに歩く事が出来た。勿論平日でも有るのだがこんな事は珍しい。あと数点会いたい花は有るがこの山域では見た事がないので仕方ない。また今度、違う山域で計画してみよう。兎に角満足の一日だった。
訪問者数:1307人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ