また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1425495 全員に公開 アルパインクライミング赤城・榛名・荒船

下仁田町 群馬チームで登った高立一本岩登攀記 

日程 2018年04月08日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
アクセス
利用交通機関
車・バイク
高立一本岩へのアクセスは下記リンクを参照してほしい。
https://hikingbird.exblog.jp/29647435/

ダートに強いSUV車で一本岩が見える石祠の岩場がある広場まで入った。
林道は非常に落石が多く、石を排除しながら進んだほどだ。
普通車両は侵入しない方が無難だろう。

過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

1P目の出だしは、ブッシュの生えたクラック。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1P目の出だしは、ブッシュの生えたクラック。
ビレイポイントは、体重を預けるにはいささか心もとない灌木(アブラチャンのようなイエローの花を咲かせていた)
その灌木に静かにハンギングビレイする。
浅間山からの寒風が容赦なく私の体温を奪う。 助けて〜寒いの嫌い!
寒いので汗は出ないが、ビレイ中もスタンスが何度も崩れて冷や汗はかきまくった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ビレイポイントは、体重を預けるにはいささか心もとない灌木(アブラチャンのようなイエローの花を咲かせていた)
その灌木に静かにハンギングビレイする。
浅間山からの寒風が容赦なく私の体温を奪う。 助けて〜寒いの嫌い!
寒いので汗は出ないが、ビレイ中もスタンスが何度も崩れて冷や汗はかきまくった。
1
一本岩が青空にそびえている。 偵察時よりも天気は良いが、冷たい風が吹き気温が低い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本岩が青空にそびえている。 偵察時よりも天気は良いが、冷たい風が吹き気温が低い。
3
広場で装備を確認していると、まさかの、カザハナが舞っているではないか!

そういえば、高立集落の街頭温度計は3℃だった。・・・(*_*;タラ-
“寒いから登るのやめて温泉入って帰ろうか〜”と弱気の発言をするSue。 賛同者なく、却下!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広場で装備を確認していると、まさかの、カザハナが舞っているではないか!

そういえば、高立集落の街頭温度計は3℃だった。・・・(*_*;タラ-
“寒いから登るのやめて温泉入って帰ろうか〜”と弱気の発言をするSue。 賛同者なく、却下!
2
しか〜し、アンカーポイントは8mくらい右にあるクラックに生えた灌木だ。
この8mのトラバースが身の毛が逆立つほど悪い! ヒィィ((ll゜゜Д゜゜ll))ィィ!!!

足元からくずれそうな脆いバンドに、The Lord of the Rings の1シーンが脳裏をよぎる。 
“スタンスが崩れ落ちる前に、8m先の灌木に飛び移ればいいのだ” と自分に言い聞かせてトラバル。  
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しか〜し、アンカーポイントは8mくらい右にあるクラックに生えた灌木だ。
この8mのトラバースが身の毛が逆立つほど悪い! ヒィィ((ll゜゜Д゜゜ll))ィィ!!!

足元からくずれそうな脆いバンドに、The Lord of the Rings の1シーンが脳裏をよぎる。 
“スタンスが崩れ落ちる前に、8m先の灌木に飛び移ればいいのだ” と自分に言い聞かせてトラバル。  
3
10年前の山野井氏たちのものと思われるスリングが大木の根元に残置されていた。
う〜ん、彼らは6スリング1本でラペルしたのか〜・・(゜д゜)!
自分も昔ならやっただろうが、今の私の防衛センターは過剰反応する。
はい、今なら8个離瀬屮襯好螢鵐阿謀肝悗泙派佞韻董△發譴覆残置いたします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10年前の山野井氏たちのものと思われるスリングが大木の根元に残置されていた。
う〜ん、彼らは6スリング1本でラペルしたのか〜・・(゜д゜)!
自分も昔ならやっただろうが、今の私の防衛センターは過剰反応する。
はい、今なら8个離瀬屮襯好螢鵐阿謀肝悗泙派佞韻董△發譴覆残置いたします。
4
一本岩のピークに立ち、笑顔でThumb Upする2人の Crazy Guys!
松本(右)と飯塚(左)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一本岩のピークに立ち、笑顔でThumb Upする2人の Crazy Guys!
松本(右)と飯塚(左)
3
下降ボイントを探る飯塚(右)とSue(左)のバックには西上州の山並みが・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下降ボイントを探る飯塚(右)とSue(左)のバックには西上州の山並みが・・
1

感想/記録

群馬県下仁田町の高立(たかだて)集落の奥にタワーのように立っている、高立一本岩。
高さ100mのこの岩峰のてっぺんに立ってみたいと思うクライマーの本能に突き動かされて・・登ってしまった!

おりしも長いブランク(15年?)からクライミングを再開して3ヶ月。
昔取った何とかで、簡単に登れる壁ではないのは分かっていたが、同行メンバーの力を借りて何とか登ることができた。

知り合いのクライマー達、東京、千葉、埼玉、山梨と関東甲信全域に声をかけたが、結局集結したメンバーは地元、群馬チーム3名であった。

登攀メンバー: 
松本浩(高崎市)
飯塚康弘(藤岡市)
名塚“Sue”好子(前橋市)

一本岩は、2007年に山野井泰史氏、大内尚樹氏、山野井妙子氏らによって初登されている。
今回、私達はその初登ルート“錦木”をトレースした。

10mくらい登ったあたりの、脆いハングが最初の核心。
核心と言っても岩登りのグレード(5.7)ではなく、核心は岩の脆さである。

掴んだホールドは片っ端からボロボロと剥がれていく。
そして、ホールドよりも厄介なのが、スタンスが信用できないことだ。
まともに足を置けるスタンスが無い、あったとしてもいつ欠けるかわからないという強迫観念にじりじりと神経と体力を吸い取られる。

どうしたものかと、行きつ戻りつすること数回、意を決して固そうなスタンスを見つけ、ジリジリと身体を上げていく。
ハングの上の脆いクラックにキャメロットをセットして、ようやく一息つく。

北山真氏が放棄し、山野井泰史氏にして、“非常に悪かった” と言わせた壁の中に私は身を置いているのだ。
う〜ん、西上州だ!
物語山のメンベ岩や、妙義山御殿東壁など、西上州の脆くて悪い壁には免疫ができているつもりだったが、そんなものではない最強最悪の悪さがここにある!


写真は順不同です。
詳細はこちらから → https://hikingbird.exblog.jp/29712407/


もしかして、第2登かな? 
このブロブを読んで、初登者以外で私達より先に登られた方がいたらお知らせください。

リークライミングがオリンピック種目になる今日では、こんなリスキーなクライミングをする輩はめっきり減った感がある。
しかし、本来クライミングとは、いや、登山とは “あのてっぺんに立ちたい” から始まったものではないだろうか。
そして、未知の壁に挑むことの凄さを肌で感じた。 改めて初登者たちへ敬意を表する。

訪問者数:456人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ