また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1426831 全員に公開 ハイキング奥武蔵

棒ノ嶺〜岩茸石山〜高水山など、

日程 2018年04月13日(金) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間22分
休憩
40分
合計
6時間2分
Sスタート地点09:4109:56白谷沢登山口10:51岩茸石11:07権次入峠11:18棒ノ嶺11:1911:48権次入峠12:01黒山12:15逆川ノ丸12:1612:53興越山12:5413:05名坂峠13:15岩茸石山13:48高水山13:5013:54常福院14:0114:35上成木バス停14:48小沢峠15:1615:28小沢峠15:30小沢トンネル北口15:43久林バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
小沢峠〜小沢の道で、木道及びトラバースする部分が崩落しかかってます。
トラバースする所は崩落箇所がザレ場になっており滑落の危険は高そうです。
ここは通らずトンネルの歩道を使うのが良いでしょう。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル カメラ

写真

快晴の棒ノ嶺山頂。こんな絶好のコンディションで、しかも満開で見れるとは本当に感激でした。
頂上でヤマノススメのあおひなバッジつけた方をお見かけしましたが、私はチキンなので声かけそびれました…
2018年04月13日 11:24撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の棒ノ嶺山頂。こんな絶好のコンディションで、しかも満開で見れるとは本当に感激でした。
頂上でヤマノススメのあおひなバッジつけた方をお見かけしましたが、私はチキンなので声かけそびれました…
2
あぁ…カメラのレンズ汚れてせっかくの晴天が(;´Д`)
2018年04月13日 11:24撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あぁ…カメラのレンズ汚れてせっかくの晴天が(;´Д`)
1
山頂は風も冷たくて心地よかったです。
2018年04月13日 11:27撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は風も冷たくて心地よかったです。
1
岩茸石山へ向かうルートはほとんど人通りがありませんでした。
木々の音や風の音が楽しめた贅沢ルートでした。
2018年04月13日 13:18撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山へ向かうルートはほとんど人通りがありませんでした。
木々の音や風の音が楽しめた贅沢ルートでした。
初めて岩茸石山へ登りましたがここもすごい展望がよくって心地よかったです!
山頂で暫く休憩取っていましたが誰もおらず、このパノラマな展望を一人占めとか、とてもすごい贅沢をさせていただきました。
ありがたや…
2018年04月13日 13:23撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて岩茸石山へ登りましたがここもすごい展望がよくって心地よかったです!
山頂で暫く休憩取っていましたが誰もおらず、このパノラマな展望を一人占めとか、とてもすごい贅沢をさせていただきました。
ありがたや…
1
道の崩落で迂回路ができてたので、崩落ってどんな感じ…と見てみたら、あぁ…派手に削れてますね
2018年04月13日 14:19撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の崩落で迂回路ができてたので、崩落ってどんな感じ…と見てみたら、あぁ…派手に削れてますね
私的にはここは滑落遭難してもおかしくないポイントと感じました。
ちょっとわかりにくいですがトラバースする所で、木の枝が積もってる部分ありますが地面がもろくザレ場で崩れます。全体重乗せたら恐らく滑落するのではないかと…。
滑落したら途中掴まるものが何もないのでとことん落ちそうです。
ここで危険を犯しても得るものは何もないので素直に引き返した方がいいでしょう。
2018年04月13日 14:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私的にはここは滑落遭難してもおかしくないポイントと感じました。
ちょっとわかりにくいですがトラバースする所で、木の枝が積もってる部分ありますが地面がもろくザレ場で崩れます。全体重乗せたら恐らく滑落するのではないかと…。
滑落したら途中掴まるものが何もないのでとことん落ちそうです。
ここで危険を犯しても得るものは何もないので素直に引き返した方がいいでしょう。
その直前の木道。ここも直下が崩落しかかってるのでいつ限界が来てもおかしくなさそうです。
しかし山と高原地図で普通にコースに載ってるのが何よりこわい(^^;
2018年04月13日 15:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その直前の木道。ここも直下が崩落しかかってるのでいつ限界が来てもおかしくなさそうです。
しかし山と高原地図で普通にコースに載ってるのが何よりこわい(^^;
小沢峠〜小沢のトラバースする所が崩落気味でとても通行できたものではなかったので、トンネルで迂回
2018年04月13日 15:34撮影 by DMC-TX1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小沢峠〜小沢のトラバースする所が崩落気味でとても通行できたものではなかったので、トンネルで迂回

感想/記録

当初は棒ノ嶺の帰りにさわらびの湯を計画してましたが、さわらびの湯が臨時休業の為、岩茸石山、高水山を経由する事にしました。
程よく足にも負荷がかかって心地よいです。
棒ノ嶺山頂は丁度桜が満開になっており、晴天で風も冷たく心地よいと、至れり尽くせりな状態でした。
山頂にヤマノススメのあおひなバッジ付けてる方がいましたが声かけそびれました。

棒ノ嶺はそこそこ人がおりましたが、岩茸石山方面へ向かうルートは殆ど人を見かけませんでした。
岩茸石山で暫く休んでいたのですが誰一人来なかったという贅沢ここに極まれりですw

小沢峠から小沢に向かうルートでトラバースする所があったのですが、
道がえらく脆いザレ場だったのと、「平日、単独、恐らく人通り極端に少ない」という条件から、
単独行で冒険するにはちょっとリスキーすぎと判断してトンネルで迂回しました。
後でヤマレコのルート見てると、その件の場所、一応皆さん通ったログがあるんですね…
あそこを通れるとは…
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ザレ 崩落 滑落 高原 木道 遭難 トンネル
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ