また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1428596 全員に公開 フリークライミング奥武蔵

河又2018その2

日程 2018年04月14日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー5人
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

大五郎を登るワタシ。
2018年04月14日 13:28撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大五郎を登るワタシ。
1
たくさん撮っていただいて、ありがとうございます!
2018年04月14日 13:30撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たくさん撮っていただいて、ありがとうございます!
1
アンダー取って…。
2018年04月14日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アンダー取って…。
1
ここが核心部だけど、肘が上がってカッコ悪いなー(^^;。
2018年04月14日 13:31撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが核心部だけど、肘が上がってカッコ悪いなー(^^;。
1
男N村が気づかなかったアンダーガバ。
2018年04月14日 13:32撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男N村が気づかなかったアンダーガバ。
腕が張り始める。
2018年04月14日 13:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腕が張り始める。
コルネでレストちゅ。
2018年04月14日 13:33撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コルネでレストちゅ。
あとは終了点のホールドを取るだけのトコ。
2018年04月14日 13:34撮影 by Canon PowerShot G7 X Mark II, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あとは終了点のホールドを取るだけのトコ。
1
こちらはkanosuke氏。
2018年04月14日 16:13撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらはkanosuke氏。
1
OCCの王座に君臨する男。
2018年04月14日 16:14撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
OCCの王座に君臨する男。
1
ここまではよかったのだが…。
2018年04月14日 16:14撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまではよかったのだが…。
1

感想/記録

先週末はN村さん率いるNCC主催の湯川合宿に参加する予定だったが、日曜日の天気予報がよくないので残念ながら中止。
代わりに、OCCが主催する日帰り河又ツアーにNCCの3名(N村さん,K島嬢,カメちゃん)が加わる形になった。

土曜日の河又は、今まで見たことがないほど大勢の人が集まっていた。
OCCは例によって休んでばかりなので、ほとんど支障はないのだが。
一方NCCはさすが全員12クライマーだけあって、人気のないルートを絡めながら次から次へと登っていた。

今回のOCC三人のお目当ては「大五郎(5.11a)」。
kanosukeさんはドタ参加だから組長からヌンがけの指令が出ていますよ…と事前に嘘をついておいたのだが、アップをしているうちに他のパーティによってすでにヌンチャクがかけられていた。

自分はまず「いきのいい奴」でアップし、もう一本「ミヤザキミドリ」を登るつもりだったが、なかなか空かないので、kanosukeさんに続いて早速「大五郎」をムーブ確認がてらトライすることにした。
アップ不足ということもあり、案の定てんでダメだったが、前回のように粘りすぎてパンプしないように、ムーブに迷ったら即テンション。余力を残すようにした。

核心部のムーブも修正した。
前回最後に確認したUNムーブが上手くいかずにテンションをかけてしまったので、自分独自のムーブを組み立て直した。
核心前のムーブの途中ではなく、クリップポイントまで戻ってから一連の流れとしてムーブを確認したのが次に繋がった。

レストののち二便目。
核心部のピンチ取りで腰を入れること、手を先行させずに足をしっかり上げていくこと、その二点だけ自分に言い聞かせて臨んだ。
ホールドが分かってムーブが固まれば、あとは持久力だけなので、最後のガバでいやというほどレストして無事RPできた。通算四便かな?

「大五郎」はK島嬢とN村さんもアップで?登り、二人とも軽く一撃。
K島嬢はオンサイト、N村さんはフラッシュ。
N村さんは核心部左のアンダーガバを一切使わずに直登していたので、ビレイしながら見ていて分かっているのに使わないとはさすが男N村ですね!と褒めたら、そんなホールドあったんですか?とのお答え。
クライミングは上達したけれど、そこは変わってないのね〜。

カメちゃんは登りまくって、次々と宿題を回収。
さすが若いね〜とOCCの三人は感心しきりだったけれど、それだけではないだろう。
普段登り込んでいるからこそできること。ちょっとは見習わなければね。

自分にとって「大五郎」は楽ではなかったけれど、ぎりぎりというほどでもなかったので、新たに他のルートにトライする余裕はあったのだが、そこはワタシもOCCの端くれ。
すっかり気が抜けてしまい、その後は「ギザギザハート」にちょっと手をつけただけで終わってしまった。

「ギザギザハート」は1ピン目で敗退。
2ピン目にヌンチャクをかけるところで墜ちたらグラウンドで、そこに至るまでに絶対に墜ちないというほど確実なホールドが見つけられなかった。
面白そうなルートだったのに残念。
グレードは10cだけど、今の自分の実力ではちょっと危ないような気がする。

OCCのちっぽけな頂きに君臨する二人は、「大五郎」の核心部で苦戦。
まだムーブが固まっていないようだ。
そこを突破しても最後まで繋げられる気がしないようだが、時間をかけずスムーズに核心部を抜ける方法が分かれば登れると思う。
強度が高い核心部が上手くいかず何度も試していると、ルート全体が実際以上に難しいと感じてしまうもの。

河又は自分レベルがトライできる面白いルートがまだまだありそう。
次は「イヤーイヤー」か「タコ」かな?
11aをワンデイで登れるようになりたいけれど、そのためにはオンサイトを捨てるのが有効というのが悩ましい…。

弱気になった組長が提出しようとした外岩引退届は、引ったくって即破り捨てておいた。
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/13
投稿数: 1427
2018/4/16 15:24
 あっぱれ!
大五郎RPのことではないですよ、組長の引退届を却下したことにです。
ちょっと調子を落としたぐらいで引退なんてバカ言ってんじゃないわよ、ですよ

大五郎のRPはOCCのエースですから当たり前、むしろ4便もかけちゃって、喝!ですね
ただこの日2便目の核心前の動きが固く調子悪そうに見えたので正直RPできるとは思ってなかったので、やはりさすがです!
とリスペクトしたのも束の間、K島嬢とN村さんがガバを使わないキツいムーブで軽く一撃してしまったので、賞賛の気持ちは一瞬で吹っ飛んでしまいました

ワタシは次でなんとかしたいと思うもののドハマリしそうな予感...

それはそうと引っかかる記述が散見されますが、面倒なのでスルーしときます、ごめんちゃい。
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1183
2018/4/16 19:43
 そう言えば…。
組長の炎のトライを久しく見ていないような気がします。
でも調子が悪いと言ったって、ほんの数週間前に11cをRPしてるんですからねー。
成果なんて毎回出るもんじゃなし。
河又はちょっと辛いような気もするので、別の岩場でリハビリしていただきましょう。

ワタシも調子悪そうに見えました?
自分では分かりませんでしたけど、そうだとしたら根性で登ったのかもですねー。キリッ

kanosukeさんはまずムーブを固めてくださいませ。
毎回新しい発見をしていると、ドハマリしますよ!
登録日: 2011/7/6
投稿数: 68
2018/4/17 14:00
 NCCは何の略?
NKK じゃなくてNCCなのね?

この日はうちの会の女性が河又に行ってたような…。遭遇しました?
ちなみにワタシは「大将」が登れませんことよーうふふふ。
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1183
2018/4/17 23:42
 NCCは…
N村クライミンググラブの略でございます。
この日ワタシが名づけました。たぶん浸透しないと思いますけどw。

この日は人が多かったので、どんな人がいたのかほとんど覚えていないのですよー。
ひょっとして、割とガタイのいい人ですか?

河又はルートによっては、他の岩場で登れるグレードが登れないことがあるみたいですよ。
N村さんですら、11bのデンジャデンジャは敗退してました。
登録日: 2011/7/6
投稿数: 68
2018/4/19 9:49
 Re: NCCは…
まさかN村クライミングクラブじゃないよね…って塾長と言ってたら、本当にそのまんまだったのね(爆)

会の人は女性です。聖人岩でも遭遇してたはず。
登録日: 2011/6/5
投稿数: 1183
2018/4/19 13:06
 女性…
ワタシが書いたガタイのいい人というのも、女性のことなのでした(^^;。
聖人岩で会った人ですか。記憶にないですねー。

ワタシは女性には目もくれず、クライミングに集中していたのかもしれません。キリッ

関連する山の用語

コル テン 直登 クリ ビレイ ガバ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ