また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1432522 全員に公開 ハイキング紀泉高原

高野山〜九度山(上り:天空・下り:町石道)

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
行き:橋本〜極楽橋(南海電車天空)極楽橋〜高野山(ケーブルカー)
高野山〜根本大塔(南海バス)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間12分
休憩
37分
合計
6時間49分
Sスタート(金剛峯寺)09:3009:56根本大塔10:19大門10:2511:54矢立峠12:36笠木峠12:3713:13神田地蔵堂13:2414:12丹生都比売神社14:1814:47六本杉峠14:4816:00慈尊院16:1216:19ゴール地点(道の駅)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
町石道1から180までの道のりと、見つけたお花を下に記します。
1丁。根本大塔のそば。そこから7丁までは山上の舗装された道。
8丁。大門から本格的な町石道に入る。最初はきつい坂。
20丁前後。道沿いに川のせせらぎ。ヤマルリソウが生えていた。
27丁。鏡石があった。
32丁。少し先に展望が開けた場所あり。そばに国道370号が走り、騒音が興ざめ。
35丁。マムシグサが道沿いでたくさん見られる。
36丁。国道を横目に歩く。
40丁。展望台のある休憩所がある。ここでお茶休憩と、足の指の痛い箇所にバンドエイドを貼る。
68丁。足場の悪い箇所があった。
このあたりからだんだん何も考えられなくなる。
86丁。峠。下りばかりかと思っていたら、けっこう上りもあってしんどい。
90丁付近。半分を超えた!左手にゴルフ場があって興ざめ。この辺から出会う人が激減。
108丁。バックの岩と町石の組み合わせがいい感じ。
111丁。神田地蔵堂。見晴らしのいい休憩場所で、ホットサンドを焼いて食べた。
120丁。丹生都比売神社へ向かうため、町石道を外れる。しばらくは急坂(八丁坂)。
丹生都比売(にうつひめ)神社。太鼓橋のような輪橋と本殿、楼門は格式があってさすが世界遺産と思った。神社というより公園の雰囲気があり、少し座って景色を楽しみながら休んだ。道にヘビが横断していた。
136丁。町石道に合流する六本杉へ。ここへ来る登りの途中できれいなショウジョウバカマを見られた。
140丁。このあたりから下りとなる。肩が痛くなる。
150丁付近。ようやく九度山方面が見えてきた。吉野川と紀伊山地が美しい。
160丁付近。柿畑の中を通る。どんどん下っていく。腰も痛くなる。
170丁。あと少しというところで、何とかふんばりながら降りる。
173丁。前に登ったことがあるところまで来た。あと少し。
179丁。最後の町石道の碑。
ゴールの慈尊院。4時に到着。スタートして6時間半もかかった。想定外の登りもあり、予定よりも1時間以上かかってヘトヘトになってゴールした。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

橋本から南海の観光列車「天空」に乗りました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋本から南海の観光列車「天空」に乗りました。
2
展望が見やすいように配置された座席は半分ほど埋まりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望が見やすいように配置された座席は半分ほど埋まりました。
2
登山鉄道らしいくねくねとした線路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山鉄道らしいくねくねとした線路。
2
ここからはケーブルカーで高野山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはケーブルカーで高野山へ。
2
真言宗総本山の金剛峯寺。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真言宗総本山の金剛峯寺。
1
こちらも高野山の顔、根本大塔。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも高野山の顔、根本大塔。
2
こちらも顔かな?こうやくん。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらも顔かな?こうやくん。
1
根本大塔のそばに町石道のスタート1丁の町石がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根本大塔のそばに町石道のスタート1丁の町石がありました。
1
180丁までがんばるぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
180丁までがんばるぞ!
1
大門から町石道は山道に入ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大門から町石道は山道に入ります。
1
20kmの長ーい道のりです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
20kmの長ーい道のりです。
1
初めの方は町石道の数字がなかなか増えていきませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めの方は町石道の数字がなかなか増えていきませんでした。
1
思ってたよりも下りが少なく平坦な道が多かったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ってたよりも下りが少なく平坦な道が多かったです。
1
このへんは日差しが気持ちよかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このへんは日差しが気持ちよかったです。
2
鏡石。ツルツルです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡石。ツルツルです。
1
国道371号がそばを走っていて、車の走る音が聞こえるのはちょっと興ざめでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国道371号がそばを走っていて、車の走る音が聞こえるのはちょっと興ざめでした。
1
2つ並んでいる町石。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2つ並んでいる町石。
1
押上石。弘法大使がお母さんをこの石でお守りしたとか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
押上石。弘法大使がお母さんをこの石でお守りしたとか。
1
シャガ。これはいろいろなところで群落して咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャガ。これはいろいろなところで群落して咲いていました。
1
ムラサキケマン。これもよく咲いていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムラサキケマン。これもよく咲いていました。
1
70丁。もうすぐ半分!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
70丁。もうすぐ半分!
1
上古沢駅へのエスケープ道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上古沢駅へのエスケープ道。
1
ジロボウエンゴサク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジロボウエンゴサク
1
ゴフル場が隣接している区域はちょっと…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴフル場が隣接している区域はちょっと…。
1
ここから長い登り。想定外でしんどかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから長い登り。想定外でしんどかったです。
1
味わいのある町石。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
味わいのある町石。
1
108丁。半分を超えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
108丁。半分を超えました。
1
神田地蔵堂。民家と田んぼが正面に見渡せるいい休憩場所でもありました。でも暑い!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神田地蔵堂。民家と田んぼが正面に見渡せるいい休憩場所でもありました。でも暑い!
1
ホットサンドを作っていただき、元気回復。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホットサンドを作っていただき、元気回復。
3
ここからルートをそれて丹生都比売神社へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからルートをそれて丹生都比売神社へ。
1
きつい下りです。まさか後で登るんじゃないだろうか…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きつい下りです。まさか後で登るんじゃないだろうか…
1
白のオドリコソウとヒメオドリコソウ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白のオドリコソウとヒメオドリコソウ。
2
シマヘビが道路横断中。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シマヘビが道路横断中。
1
丹生都比売神社の輪橋。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹生都比売神社の輪橋。
2
世界遺産の神社です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
世界遺産の神社です。
2
鳥居から本殿へと続く厳粛な参拝路。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥居から本殿へと続く厳粛な参拝路。
2
ショウジョウバカマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ショウジョウバカマ。
2
やはり町石道合流までは登り道でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはり町石道合流までは登り道でした。
1
六本杉からはずっと下り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六本杉からはずっと下り。
1
150丁を超えました。足が、肩が、腰が痛い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
150丁を超えました。足が、肩が、腰が痛い。
1
柿畑から九度山方面が見られるようになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柿畑から九度山方面が見られるようになりました。
2
ゴールが見えてくると、がんばれます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールが見えてくると、がんばれます。
2
これまた名前の分からないかわいい花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまた名前の分からないかわいい花。
2
ゴールの慈尊院。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールの慈尊院。
3
やったー!完歩したぞ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー!完歩したぞ!
2

感想/記録

「高野山から九度山へ(上りは天空、帰りは町石道)」
上り。朝は6時に出発し、バイクで橋本の九度山まで1時間かけて行った。九度山の道の駅でバイクを止め、九度山駅まで10分ほど歩いた。まずは橋本へ向かった。カーブの多い路線で、スピードを落としながら走っていたのを先頭の席から見ていた。12分で橋本に到着。そこで昨日電話で予約していた天空の510円分の指定席を買った。8時26分発の極楽橋行きの天空は、土日のみ運行の観光列車。2両編成だが、後ろに2両普通列車がくっついている。出発して九度山駅を過ぎると、登山鉄道らしいカーブが連続する。線路と車輪が軋むキキーという音がうるさいが、しばらくすると慣れる。窓が広めにとられているため、高台からの眺望はよく、小ぶりだと感じた席は意外と座り心地がよかった。畳四畳半ほどの展望スペースでは、風が気持ちよく入ってきて、さながらトロッコ列車に乗っているよう。ガイドさんの説明もあって、これで指定席510円というのはお得だ。さらに今はキャンペーン中ということで、スクラッチカードがもらえて、10円で削ると4等だった。受付の人に渡すと、天空のキーホルダーがもらえた。あとでそれが600円で販売していると知り、かなり得をした気分になれた。40分ほどで極楽橋に到着。標高は500mを越えた。そこからケーブルカーに乗り換えて、高野山口駅へ。
下り。バスで金剛峰寺のそばまで行き、そこから町石道の1丁をまず根本大塔のそばで見つけた。7丁のある大門まではきれいな舗装路。そこから先が20kmほどの町石道らしい道。下りだけだから長い距離でも大丈夫だろうと思っていたが、実際はほとんどが平たんな道で、逆に峠道で登りもあって、予想以上に疲れた。町石道の詳細は上に。私と同じように下る人は少なかったが、登ってくる人は100人以上いた。下りでも結構疲れるのに、登りとなると7時間はかかるんではないだろうか。とてもじゃないが無理だなぁ、自分には。

訪問者数:340人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ