また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1432578 全員に公開 ハイキング奥武蔵

伊豆ヶ岳13回目(正丸駅→正丸峠〜伊豆ヶ岳〜子の権現→吾野駅):中高年ハイカーが歩いてみた

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
スタート地点:正丸駅
ゴール地点:吾野駅

大宮〜東飯能(JR):670円
東飯能〜正丸(西武):270円
吾野〜東飯能(西武):240円

吾野から飯能方面へ向かう列車は、概ね1時間に2本程度のようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち66%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間45分
休憩
23分
合計
5時間8分
S正丸駅08:0208:23伊豆ヶ岳登山口08:59五輪山09:18伊豆ヶ岳09:2309:34古御岳09:3709:55高畑山09:5910:11中ノ沢ノ頭(イモグナノ頭)10:24天目指峠10:2611:06子ノ権現11:1411:21子の権現駐車場11:2212:52東郷公園御嶽山第一駐車場13:10吾野駅13:10ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
子の権現からは、吾野駅に向かうコースと西吾野駅へ向かうコースがあります。
人気のある浅見茶屋でうどんを楽しむなら吾野駅方面へ、駅まで早く着きたければ西吾野コースとなります。
浅見茶屋から吾野駅までは3km程度です。
上記、「子の権現駐車場」〜「東郷公園御嶽山第一駐車場」の時間には、浅見茶屋でうどん休憩していた時間を含みます。
コース状況/
危険箇所等
伊豆ヶ岳山頂直下の男坂以外は特段危険な箇所はなし。
男坂は、濡れているとかなり滑り易いです。
死亡事故も発生している場所なので、充分な注意が必要です。
(男坂を避けて迂回できます)
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

正丸駅スタート。
順調に行けば、08:00前後に歩き始めることができます。
2018年04月21日 07:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正丸駅スタート。
順調に行けば、08:00前後に歩き始めることができます。
名物の歩き難い階段。
2018年04月21日 07:59撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の歩き難い階段。
沢沿いに歩いて行きます。
2018年04月21日 08:07撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いに歩いて行きます。
途中にある休憩所。
蒸かしたての手造りまんじゅう(120円)を食べました。
2018年04月21日 08:10撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中にある休憩所。
蒸かしたての手造りまんじゅう(120円)を食べました。
道なりにアスファルト上を進んで行くと正丸峠経由で、左に入るとショートカットで伊豆ヶ岳へ向かえます。
2018年04月21日 08:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道なりにアスファルト上を進んで行くと正丸峠経由で、左に入るとショートカットで伊豆ヶ岳へ向かえます。
1
所々、見晴らしが良いところもありますが、概ね樹林帯の中で遠望できないコースです。
2018年04月21日 08:52撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々、見晴らしが良いところもありますが、概ね樹林帯の中で遠望できないコースです。
1
最初のピーク五輪山。
2018年04月21日 08:56撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のピーク五輪山。
五輪山から降ってすぐに、鎖場主体の男坂コースと女坂コースの分岐があります。
2018年04月21日 08:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五輪山から降ってすぐに、鎖場主体の男坂コースと女坂コースの分岐があります。
高低差数十メートルの鎖場です。
これだけの鎖場は、北アルプスでもあまり目にしません。
2018年04月21日 09:02撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高低差数十メートルの鎖場です。
これだけの鎖場は、北アルプスでもあまり目にしません。
1
鎖場を登り切り、しばらく進むと巨大な岩塊が。
左側も巻けそうに見えますが、結構危険です。
そのまま登ってしまうのが楽で安全です。
2018年04月21日 09:11撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場を登り切り、しばらく進むと巨大な岩塊が。
左側も巻けそうに見えますが、結構危険です。
そのまま登ってしまうのが楽で安全です。
1
最後の岩塊を通過すると、すぐに伊豆ヶ岳山頂へ。
2018年04月21日 09:15撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の岩塊を通過すると、すぐに伊豆ヶ岳山頂へ。
1
山頂標識は二つあります。
2018年04月21日 09:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識は二つあります。
1
一旦降りますが、ここからはアップダウンが繰り返されます。
2018年04月21日 09:16撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一旦降りますが、ここからはアップダウンが繰り返されます。
古御岳の頂上には、屋根付きの休憩スペースがあります。
食事を含む休憩なら、狭い伊豆ヶ岳山頂よりも、ここの方が良いかもしれません。
2018年04月21日 09:32撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳の頂上には、屋根付きの休憩スペースがあります。
食事を含む休憩なら、狭い伊豆ヶ岳山頂よりも、ここの方が良いかもしれません。
気の早い馬酔木が僅かに咲いていました。
2018年04月21日 09:50撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気の早い馬酔木が僅かに咲いていました。
中ノ沢頭。
巻くことも可能です。
むしろ、頭への分岐を見落とす可能性があります。
2018年04月21日 10:08撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ沢頭。
巻くことも可能です。
むしろ、頭への分岐を見落とす可能性があります。
天目指峠で、一旦車道と交差します。
ここから激登りです。
2018年04月21日 10:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠で、一旦車道と交差します。
ここから激登りです。
激登りが終わったところで、ご褒美ベンチがあります。
この後も、アップダウンは続きますが。
2018年04月21日 10:33撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激登りが終わったところで、ご褒美ベンチがあります。
この後も、アップダウンは続きますが。
1
この小さな祠までくれば、後は大きな登りはありません。
2018年04月21日 10:57撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この小さな祠までくれば、後は大きな登りはありません。
巨大な手。
ここまで来たら、子ノ権現は目の前です。
2018年04月21日 11:01撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大な手。
ここまで来たら、子ノ権現は目の前です。
子ノ権現到着。
2018年04月21日 11:05撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子ノ権現到着。
サイクルラックも完備されています。
ローディ達も多く来ていました。
2018年04月21日 11:12撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サイクルラックも完備されています。
ローディ達も多く来ていました。
神仏習合の名残で、三門の前に鳥居があります。
2018年04月21日 11:13撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神仏習合の名残で、三門の前に鳥居があります。
駐車場を通り抜けて降りていきます。
2018年04月21日 11:18撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場を通り抜けて降りていきます。
ガードレールの切れ目から山の中へ入って行くと、浅見茶屋・吾野駅方面です。
道なり直進すると、西吾野駅方面(途中でさらに分岐)へ進めます。
2018年04月21日 11:21撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガードレールの切れ目から山の中へ入って行くと、浅見茶屋・吾野駅方面です。
道なり直進すると、西吾野駅方面(途中でさらに分岐)へ進めます。
伝説の降魔橋。
これを渡れば、浅見茶屋まではすぐです。
2018年04月21日 11:36撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伝説の降魔橋。
これを渡れば、浅見茶屋まではすぐです。
本日最も多く目にした花は、シャガでした。
2018年04月21日 11:39撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日最も多く目にした花は、シャガでした。
半年ぶりの浅見茶屋。
前回は自転車で来て、復路で転倒し骨折。
2018年04月21日 11:45撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
半年ぶりの浅見茶屋。
前回は自転車で来て、復路で転倒し骨折。
1
ぶっかけうどん特盛(950円)。
普通盛は750円、大盛は850円。
2018年04月21日 12:04撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぶっかけうどん特盛(950円)。
普通盛は750円、大盛は850円。
2
浅見茶屋は、満席に近い状態でした。
2018年04月21日 12:20撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浅見茶屋は、満席に近い状態でした。
道端数か所で、シャクナゲが満開でした。
2018年04月21日 12:22撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端数か所で、シャクナゲが満開でした。
2
ヤマブキは、そろそろ終わりのようです。
2018年04月21日 12:29撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマブキは、そろそろ終わりのようです。
猫と遊びながら。
2018年04月21日 12:38撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫と遊びながら。
1
吾野駅に到着。
2018年04月21日 13:06撮影 by NIKON D5300, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾野駅に到着。
1
撮影機材:

感想/記録

頸椎の異常、右腕の骨折で、昨年11月以降は一度も山へ行けず。
約半年ぶりとなる山行。
復帰第一弾として、勝手知ったる伊豆ヶ岳へ。
浅見茶屋に寄ることもできて、満足度高。
今シーズンは雪山へも行けず、半年ぶりの山で、若干の膝痛も。
訪問者数:296人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

鎖場 シャクナゲ 山行 ヤマブキ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ