また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433510 全員に公開 ハイキング近畿

竜門岳 (西谷の尾根 第2弾)

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
旧県道の空きスペース(西谷簡易浄水施設付近、県道橋梁の真下)に駐車しました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間17分
休憩
53分
合計
4時間10分
Sスタート地点09:0111:03竜門岳11:5613:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
尾根+作業用林道のコースです。
ヤブはあまりありませんが、
枝打ち・伐採した木材が転がり歩きにくい箇所もあります。
写真配置は記憶にて手入力ですのでいい加減な箇所もあります。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

チェーンソー工房前よりスタート。
前回より気になっていた梯子を使って入山です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンソー工房前よりスタート。
前回より気になっていた梯子を使って入山です。
いきなりの、急な尾根を登って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いきなりの、急な尾根を登って行きます。
おなじみの(?)鉄塔巡視路案内が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみの(?)鉄塔巡視路案内が。
間もなくで鉄塔の広場に出ました。
(101番)のプレートがついていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
間もなくで鉄塔の広場に出ました。
(101番)のプレートがついていました。
南方向の眺めが、どの辺りの山が見えているのでしょう?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南方向の眺めが、どの辺りの山が見えているのでしょう?
先も綺麗な尾根道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先も綺麗な尾根道です。
来た道を振り返って見ています。
尾根はやや北東から北西に進路を変えつつ、
2018年04月21日 09:36撮影 by EX-FR10, CASIO COMPUTER CO., LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返って見ています。
尾根はやや北東から北西に進路を変えつつ、
大きな尾根に合流です。
枝打ちした後の木が進路をふさいで少々歩きづらかったです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きな尾根に合流です。
枝打ちした後の木が進路をふさいで少々歩きづらかったです。
同じ場所を別角度からも一枚。
写真左側にも踏み跡が。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同じ場所を別角度からも一枚。
写真左側にも踏み跡が。
左側の踏み跡。地図上では三津の集落あたりに続く様ですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側の踏み跡。地図上では三津の集落あたりに続く様ですが。
先に進むと左側に気になるトンガリが。地図を正置すると、
細峠から続く稜線上にある、4等三角点三津(789.5)の様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先に進むと左側に気になるトンガリが。地図を正置すると、
細峠から続く稜線上にある、4等三角点三津(789.5)の様です。
金剛山のダイトレにも負けないくらい整備された登山道(?)
をいきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金剛山のダイトレにも負けないくらい整備された登山道(?)
をいきます。
2手に分かれていますが、左が正解の様です。
この辺り、こんな感じの枝道が散見され、気になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2手に分かれていますが、左が正解の様です。
この辺り、こんな感じの枝道が散見され、気になります。
左眼下に林道が見え始めます。
三津集落から続く三津登山口への林道の様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左眼下に林道が見え始めます。
三津集落から続く三津登山口への林道の様です。
分岐に出ました。ここは右へ。
左は先ほどの三津登山口方面へ行くようですね。
因みに地図では真ん中の尾根にも破線道の記載があります。
三津峠付近に合流出来るようですが、また行ってみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に出ました。ここは右へ。
左は先ほどの三津登山口方面へ行くようですね。
因みに地図では真ん中の尾根にも破線道の記載があります。
三津峠付近に合流出来るようですが、また行ってみたいです。
少し左側を偵察に。
やはり林道に接続する様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し左側を偵察に。
やはり林道に接続する様です。
分岐に戻り、右へ進みます。
しばらくで見覚えのあるキャタピラ車が。
3/18日来訪時「竜門岳 (西谷の尾根〜関電巡視路)」
ではここのポイントで右へ折れ、下山しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐に戻り、右へ進みます。
しばらくで見覚えのあるキャタピラ車が。
3/18日来訪時「竜門岳 (西谷の尾根〜関電巡視路)」
ではここのポイントで右へ折れ、下山しました。
竜門岳北側、
三津方面へ続く主稜線上の広場にある鉄塔群が見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竜門岳北側、
三津方面へ続く主稜線上の広場にある鉄塔群が見えました。
林道終点です。
ここより尾根に取り付き、主稜線を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道終点です。
ここより尾根に取り付き、主稜線を目指します。
お助けロープがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お助けロープがあります。
こんな感じの尾根を等高線100mほど登って行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じの尾根を等高線100mほど登って行きます。
三津峠から続く主稜線の登山道に合流です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三津峠から続く主稜線の登山道に合流です。
山頂到着〜。山桜が吹雪いてなんともキレイでした。
休憩中、年配の2人組の方が上がって来られました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着〜。山桜が吹雪いてなんともキレイでした。
休憩中、年配の2人組の方が上がって来られました。
1
下山です。右方向、西谷方面への破線道を行きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山です。右方向、西谷方面への破線道を行きます。
適宜テープが誘導してくれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適宜テープが誘導してくれています。
分岐です。
左は地図に載る西谷登山口への破線道ルート。
直進は県道へ続く直尾根ルートです。
直進します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐です。
左は地図に載る西谷登山口への破線道ルート。
直進は県道へ続く直尾根ルートです。
直進します。
左、地図に載る西谷登山口への破線道ルート。
何とも頼りなげな踏み跡、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左、地図に載る西谷登山口への破線道ルート。
何とも頼りなげな踏み跡、
県道へ続く直尾根ルートは地図に載りませんが解り易い様な。
(とはいえ、激登り・下りゾーンがあります。)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道へ続く直尾根ルートは地図に載りませんが解り易い様な。
(とはいえ、激登り・下りゾーンがあります。)
むむ。
前に来た時には無かった様なテープが適宜付設されています。
この山域で最近よくお見かけする気がする(赤・黄テープ)。
マイナーなルートなのでしょうが、登山者がおられる様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むむ。
前に来た時には無かった様なテープが適宜付設されています。
この山域で最近よくお見かけする気がする(赤・黄テープ)。
マイナーなルートなのでしょうが、登山者がおられる様です。
ソーラーパネルの施設が見え始めます。
県道が近づいてますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ソーラーパネルの施設が見え始めます。
県道が近づいてますね。
県道へ降り立ちました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道へ降り立ちました。
案内が。
やはりどなたかが付設された様です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内が。
やはりどなたかが付設された様です。
橋梁より。
登り始めに行った鉄塔(101)が見えていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋梁より。
登り始めに行った鉄塔(101)が見えていました。

感想/記録

18年 3/18日にレコした竜門岳 (西谷の尾根〜関電巡視路)の続編です。
下山時に気になった別尾根への取り付き口(階段)をチャレンジして、前回のルートとつないで歩いてみました。いろいろルートが出来て面白いです。
三津集落方面からの林道もいろいろありそうで、また探検してみたいです。
訪問者数:308人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/4/21
投稿数: 2338
2018/4/22 7:14
 おはようございます
明確な登山道のない難しいルート、コンパス等を駆使しみごと踏破!
さすがです。関電巡視路の文言を見るとドキリとします。
鉄塔までは道があるがそのあとは何もない・・・
こんな経験を何度もしています。最近は難しいルートを行っていない私、
久しぶりにコンパスを使って歩いてみようかな。
登録日: 2015/7/6
投稿数: 30
2018/4/22 23:57
 こんばんは
akipapaさんお久しぶりです。
コメントありがとうございます。金剛山にもちょくちょく行っております。

ついついGPSに頼りがちですが、竜門岳のマイナールートで私なりですが地図読みを楽しんでおります。この山域を探検していると、鉄塔巡視路+林業用と思われる作業道など結構な枝道を発見し味わい深い感じなのです。確かに鉄塔広場の先は何もない・・ということも経験しました(笑) とはいえ、里山の探検登山も楽しいですよね。

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

林道 三角点 枝道 吹雪 鉄塔巡視路
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ