また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1433766 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

絶景富士山 鷹ノ巣山

日程 2018年04月21日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
奥多摩駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間16分
休憩
1時間4分
合計
8時間20分
S中日原バス停08:0508:08稲村岩を経て鷹ノ巣山方面登山口08:0908:21巳ノ戸尾根分岐点08:2608:58稲村岩分岐09:0011:04ヒルメシクイノタワ11:0511:26鷹ノ巣山12:1712:36水根山12:55城山(奥多摩町)12:5613:01カラ沢ノ頭13:0313:23将門馬場(馬責場)13:44六ツ石山分岐13:4514:18三ノ木戸林道分岐16:17奥多摩駅16:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
六ツ石山分岐~三ノ木戸林道分岐のコースタイムは地図上では1:10とあるが、実際には0:30程で通過できた。
コース状況/
危険箇所等
稲村岩までの急登での落石に注意
その他周辺情報奥多摩温泉もえぎの湯で汗を流しました。登山、キャンプ愛好者で混雑していました。
奥多摩駅前のHandcrafted beer バテレのビールは種類豊富で、喉の渇きを癒します。おつまみも美味!!!
https://ja-jp.facebook.com/verterebrewery/
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 医薬品パック 細引き 小物パック(ヘッドランプ ラジオ ナイフ マッチ) レインウェア 防寒着 地図 磁石 水(500mlペットボトル) 行動・非常食(ドライフルーツ カシューナッツ ストック ツェルト バーナー(PRIMUS) コッフェル

写真

奥多摩駅
なんとも昭和を感じさせるレトロな駅舎です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩駅
なんとも昭和を感じさせるレトロな駅舎です。
中日原バス停付近から望む稲村岩と鷹ノ巣山山頂に向かって延びる稲村岩尾根
バス停付近では、地元のおばちゃんに登山口はアソコだよと案内されました。ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中日原バス停付近から望む稲村岩と鷹ノ巣山山頂に向かって延びる稲村岩尾根
バス停付近では、地元のおばちゃんに登山口はアソコだよと案内されました。ありがとうございました。
1
巳の戸橋から新緑の渓谷
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巳の戸橋から新緑の渓谷
1
こちらは上流側
気持ちの良い沢音です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは上流側
気持ちの良い沢音です。
2
稲村岩を過ぎ、ヒルメシクイノタワ到着。
「午飯喰のタワ」と書くようです。ランチには丁度よい広さですが、富士山の眺めを期待して頂上を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村岩を過ぎ、ヒルメシクイノタワ到着。
「午飯喰のタワ」と書くようです。ランチには丁度よい広さですが、富士山の眺めを期待して頂上を目指します。
山頂到着と同時に一番に目に入ったのは、富士山の絶景!!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂到着と同時に一番に目に入ったのは、富士山の絶景!!!
1
立派な山頂碑です。頂上はランチタイムの賑わいに十分な広さです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な山頂碑です。頂上はランチタイムの賑わいに十分な広さです。
裏側にも山名を刻んでほしかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
裏側にも山名を刻んでほしかった。
これから4時間かけて、奥多摩駅に下ります。
その先には温泉と旨いBeerが待っているから、頑張れる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから4時間かけて、奥多摩駅に下ります。
その先には温泉と旨いBeerが待っているから、頑張れる。
三ノ木戸山の巻き道を進み、さらに運搬モノレール線沿いに下ると林道に出ます。しばらく行くと、華やかな桜源郷が現われました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ木戸山の巻き道を進み、さらに運搬モノレール線沿いに下ると林道に出ます。しばらく行くと、華やかな桜源郷が現われました。

感想/記録

雲ひとつない碧空と新緑の渓谷から登り始め、奥多摩三大急登の稲村岩尾根(勾配約40%)を1100m登り、山頂に到着した頃には夏日を思わせる暑さとなりました。
鷹ノ巣山は私の日本300名山にランクしたい山となりました。
真正面に富士山の絶景を見据え、その右手には白銀の南アルプスが輝き、頂上はランチタイムに十分な広さです。
三ノ木戸山分岐までは直射日光の中をひたすら下りますが、その後は気持ちの良い涼しさを感じる森林帯に入ります。
なだらかな4時間程の下り坂の後、奥多摩駅前「バテレ」にてHand Vrafted Beer で乾杯🍺🎶🍺🎶🍺  おつまみも美味で旨かった❤️
訪問者数:227人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ