また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434086 全員に公開 ハイキング中央アルプス

烏帽子岳(鳩打峠から小八郎岳経由で)

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
駐車場は、朝5時の段階で、我々が2台目。下山した11時には9台停まっていました。
この前の日(土曜日)の11時頃下見した際は、15台停まっており、満車に近いかんじでした。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
05:06 スタート(0.00km) 05:06 - ゴール(8.93km) 11:13
コース状況/
危険箇所等
一カ所、20mほど(?)の区間に残雪あり。特別な装備は必要ないと思いますが、雪がどうしても靴の中に入ってしまうので、スパッツがあるに越したことはないかと。

山頂直下が、危険といえば危険。
直下で分かれ道。烏帽子岩経由のルートと直行ルート。
以前は看板がありましたが、取り外された模様。以前の看板には、直行ルートを「初心者向き」と書かれていました。
直行ルートは、10m弱(?)の垂直の崖を登る必要があります。極端に危険とは思いませんが、注意が必要ではあると思います。「初心者向き」かなぁ?
ぼくのオススメは、烏帽子岩を上るルート。
もちろん、雨天時に足を滑らせるとか、強風時に体を持って行かれる恐れはありますし、高所恐怖症の方はヤバいかも。でも、岩登り、楽しいです。

山頂直下のみ多少の注意が必要。
他は、セキナギで身を乗り出すようなことをしない限り、危険箇所はありません。

オススメの山ですよ。
※飯島ルートは多少危険。
その他周辺情報清流苑 www.seiryuen.jp/
写真を撮っていくと、小八郎岳と烏帽子岳それぞれの、缶バッチがもらえます。まぁあくまでも缶バッチなので、それなりのクオリティですけども。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登山口。
すぐ隣りに入口があったはずだが、崩れていて現在は通れず。
こちらの入口は丸太で段差が組んであるなど、非常に整備されている。
2018年04月22日 05:07撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口。
すぐ隣りに入口があったはずだが、崩れていて現在は通れず。
こちらの入口は丸太で段差が組んであるなど、非常に整備されている。
小八郎岳から。
2018年04月22日 05:50撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小八郎岳から。
小八郎岳から。
2018年04月22日 05:51撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小八郎岳から。
1
小八郎岳から朝日を見つめる奥さん。
2018年04月22日 05:54撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小八郎岳から朝日を見つめる奥さん。
1
小八郎岳から眺める目的地の烏帽子岳。
2018年04月22日 05:56撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小八郎岳から眺める目的地の烏帽子岳。
飯島ルートとの合流地点。
5/10地点からすぐ、と記憶していたのだが、なかなか着かない。あの先かな?登ってみたらまだ先、というのを5回ほど繰り返す。
正確には6/10地点からほどなく。
2018年04月22日 07:00撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯島ルートとの合流地点。
5/10地点からすぐ、と記憶していたのだが、なかなか着かない。あの先かな?登ってみたらまだ先、というのを5回ほど繰り返す。
正確には6/10地点からほどなく。
北側斜面に残雪。
2018年04月22日 07:20撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側斜面に残雪。
セキナギと呼ばれる崩落地点。
下を覗くと恐ろしいです。
2018年04月22日 07:22撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキナギと呼ばれる崩落地点。
下を覗くと恐ろしいです。
1
セキナギにて。
2018年04月22日 07:33撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
セキナギにて。
先ほど登った小八郎岳。
その向こうに南アルプス。
2018年04月22日 07:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ほど登った小八郎岳。
その向こうに南アルプス。
1
ここから少しの区間、残雪の登山道。
2018年04月22日 07:42撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから少しの区間、残雪の登山道。
ルリビタキの雄。
かなりトリミングしています。(望遠レンズを持って行かなかったため)
2018年04月22日 08:05撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ルリビタキの雄。
かなりトリミングしています。(望遠レンズを持って行かなかったため)
2
伊那谷と南アルプス
2018年04月22日 08:17撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊那谷と南アルプス
1
飯島、駒ヶ根方面。
2018年04月22日 08:17撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯島、駒ヶ根方面。
烏帽子岩にて
2018年04月22日 08:19撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩にて
2
烏帽子岩経由の登山ルートは、ちょっとしたロッククライミング気分が味わえる。
2018年04月22日 08:19撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩経由の登山ルートは、ちょっとしたロッククライミング気分が味わえる。
3
自宅は見えるかな?
2018年04月22日 08:27撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自宅は見えるかな?
1
烏帽子岩からほどなく、烏帽子岳山頂に到着。
2018年04月22日 08:33撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子岩からほどなく、烏帽子岳山頂に到着。
2
過去5回は、ここからまったく何も見えなかったよ。
2018年04月22日 08:33撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
過去5回は、ここからまったく何も見えなかったよ。
3
ついにこの場所で見ることができた中央アルプス。
真ん中は南駒ヶ岳。
2018年04月22日 08:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついにこの場所で見ることができた中央アルプス。
真ん中は南駒ヶ岳。
1
奥さん撮影。
2018年04月22日 08:34撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥さん撮影。
2
贅沢を言えば、山名盤が欲しいなぁ。
2018年04月22日 08:37撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
贅沢を言えば、山名盤が欲しいなぁ。
似たような写真を何枚も撮ってしまう。
2018年04月22日 09:31撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
似たような写真を何枚も撮ってしまう。
1
飯島ルートとの合流地点からの下山道は、正直、退屈。
上を見上げて写真でも撮ってみる。
2018年04月22日 10:52撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯島ルートとの合流地点からの下山道は、正直、退屈。
上を見上げて写真でも撮ってみる。
ここまで来ると、もうゴールはすぐそこ。
お疲れ様でした。
2018年04月22日 10:58撮影 by NIKON D800, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで来ると、もうゴールはすぐそこ。
お疲れ様でした。
1
撮影機材:

感想/記録

たとえば、あるミュージシャンの所属するバンドが解散する。
理由が「方向性の違い」などと発表される。

「けっ、カッコつけんなよ」
「カネの取り分で揉めたと正直に言えば良いのに」

などと思っていた。
すまない。方向性の違い、そういうこともあるかもしれない。

友人と山に登る。同じ目的地、楽しさの共有。そこに方向性の違いはない…。
ふと、同じ山に登るのでも、三者三様の違いがあるのか、などと思い始めている。
山を愛する西村くんは登山家と呼ぶにふさわしいし、米っちょは最近すっかりアスリートだ。ぼくはいつまで経っても観光客かなぁ、と。

「たまには海行きたい」

などと思ったり思わなかったり。
退屈な下山道、そんなことを考えていた。

6度目の烏帽子岳。雪で撤退ということもあったので、山頂に立つのは5度目。山頂で眺望に恵まれたのは初めて。雲ひとつない、霞もないクリアな360度の大絶景。
山頂で超ステキな単独登山女子に話しかけられてウキウキ気分も、「私と一緒だから晴れた」という奥さんの連呼で消し飛ぶ。
生活スタイルが変わって、今年はあまり登山できない。久しぶりのせいだろう、足が猛烈に痛い。季節外れの高温で、とんでもなく消耗。
疲れた。
訪問者数:341人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/7/1
投稿数: 48
2018/4/24 19:26
 登山イエ〜イ
山を愛する、登山イエ〜イ、西村です。登山家ではないわなあ。
近頃、生活スタイルが変わることがあったの?5月はどう、登れる?
自分は近頃、こしあぶらの採集を目論んで山に入ったら、時間にして3時間ぐらい歩いただけで、膝が痛くて!!!ショック!ただ、間隔が空くとそんなもんだよね。
米ちゃんはアスリートだけど、亀ちゃんは最もお山に登ってるじゃん、2月厳冬期の赤岳ピストン、午前中に帰って来るってすげえ〜!
自分も今年から火曜休み(隔週で水曜も)なので、家族には悪いがここ3年では最も登れるかも。方向性の話をしつつ、また登ろ〜!
戸台川の様子を見つつ、鋸にも行こ!
登録日: 2016/6/16
投稿数: 13
2018/4/24 20:06
 Re: 登山イエ〜イ
米っちょは、「トレラン」とか「エクストリーム」とか言い始めたので、もう一緒には無理なんじゃないかと…。
というわけで、デブ同士、一緒に行こう!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ