また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434154 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

保久良神社~七兵衛山~打越山

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:阪急岡本
帰り:くるくるバスエクセル東
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
1時間55分
休憩
17分
合計
2時間12分
S阪急電車岡本駅11:0011:07岡本八幡神社11:18保久良神社11:2211:39金鳥山12:05木漏れ日広場12:0612:14七兵衛山12:1912:24打越峠12:2812:33打越山12:57石切道登山口13:0013:12エクセル東バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
そろそろ羽虫が出る季節になりました。メマトイが目に入るので、サングラスは必携です。
コース状況/
危険箇所等
全く問題ありません。
その他周辺情報JR住吉の歌志軒でビール
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ヤマレコMAP 水500ml カロリーメイト2ブロック タオル 雨具 LEDライト サングラス ヘアバンド

写真

今回は阪急岡本駅から出発します。
2018年04月22日 10:59撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は阪急岡本駅から出発します。
今回訪れるのは六甲山では珍しい泥岩が主体の地域です。
保久良神社には泥岩の巨石があるらしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回訪れるのは六甲山では珍しい泥岩が主体の地域です。
保久良神社には泥岩の巨石があるらしい。
3
保久良神社。鳥居の向こうに岡本の街が挑めます。
2018年04月22日 11:19撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良神社。鳥居の向こうに岡本の街が挑めます。
2
立岩。神様の立ち位置らしいです。
2018年04月22日 11:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立岩。神様の立ち位置らしいです。
2
少し削れたところをアップに。これは花崗岩じゃないかな?
2018年04月22日 11:21撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し削れたところをアップに。これは花崗岩じゃないかな?
1
神生岩。柵があって近寄れず。
2018年04月22日 11:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神生岩。柵があって近寄れず。
3
保久良神社から金鳥山へは急な石段の登りが続きます。
途中泥岩の露頭が観察できました。
2018年04月22日 11:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
保久良神社から金鳥山へは急な石段の登りが続きます。
途中泥岩の露頭が観察できました。
2
泥岩の露頭。
2018年04月22日 11:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
泥岩の露頭。
3
鉱物の結晶の代わりに細かい粒子が固着している様子が観察できました。
2018年04月22日 11:28撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鉱物の結晶の代わりに細かい粒子が固着している様子が観察できました。
4
金鳥山手前のピークからの眺望。
2018年04月22日 11:36撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金鳥山手前のピークからの眺望。
5
ピークが広く、ベンチも設置されています。
2018年04月22日 11:37撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが広く、ベンチも設置されています。
1
七兵衛山への分岐。左手へ進みます。
2018年04月22日 11:41撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七兵衛山への分岐。左手へ進みます。
2
七兵衛山までは等高線に沿って軽快な小径が続いています。これが水平道と呼ばれている道でしょうか?
2018年04月22日 11:45撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七兵衛山までは等高線に沿って軽快な小径が続いています。これが水平道と呼ばれている道でしょうか?
5
八幡谷に近づくにつれ、花崗岩が観察されました。
2018年04月22日 11:49撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡谷に近づくにつれ、花崗岩が観察されました。
1
この辺りは照葉樹主体です。
2018年04月22日 11:54撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りは照葉樹主体です。
この辺りも花崗岩。
2018年04月22日 11:56撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りも花崗岩。
1
谷の両岸に崖が現れてきました。
2018年04月22日 12:00撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
谷の両岸に崖が現れてきました。
1
八幡谷に到着しました。
2018年04月22日 12:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八幡谷に到着しました。
1
七兵衛山の南を巻く道は相変わらず通行止めでした。
2018年04月22日 12:01撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七兵衛山の南を巻く道は相変わらず通行止めでした。
ひだまり広場と七兵衛山方面への分岐。左手へ進みます。
2018年04月22日 12:06撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひだまり広場と七兵衛山方面への分岐。左手へ進みます。
七兵衛山に到着しました。
2018年04月22日 12:14撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七兵衛山に到着しました。
5
七兵衛山にはこの眺望を楽しめる手作りベンチが多数設置されています。
2018年04月22日 12:15撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七兵衛山にはこの眺望を楽しめる手作りベンチが多数設置されています。
6
思いがけず、赤い石に遭遇。
2018年04月22日 12:18撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思いがけず、赤い石に遭遇。
1
赤い石と土はこの地域で普通に観察されるのかも知れません。
2018年04月22日 12:22撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い石と土はこの地域で普通に観察されるのかも知れません。
1
打越山に近づくに連れ、また泥岩が戻ってきました。
2018年04月22日 12:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打越山に近づくに連れ、また泥岩が戻ってきました。
1
結晶のない滑らかな感触の石です。
2018年04月22日 12:25撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結晶のない滑らかな感触の石です。
1
これは青い結晶を含む花崗岩です。閃緑岩かも?
2018年04月22日 12:27撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは青い結晶を含む花崗岩です。閃緑岩かも?
2
打越山に到着しました。
2018年04月22日 12:33撮影 by iPhone 8, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
打越山に到着しました。
7

感想/記録

先週、高取山で表六甲の地質の多彩さに気がつき、かつて歩いた地域を思い込みを廃しておさらいしてみようと思いました。
いつもお世話になっている地質図Naviで、保久良山近辺に泥岩が観察できる地域を見つけました。
泥岩は結晶がなくなめらかな表面が特徴です。太平洋の真ん中で泥が水圧で圧縮されて生まれ、数億年の時間を経て日本付近に到達したと思われます。この岩がここにやってきた経路を、もはや想像することすらできません。
一旦泥岩がどんなものかわかると、今まで歩いてきた山域で同じような岩石を見た記憶が蘇ってきました。
花崗岩一色の山と思ってきた六甲山系が、今回の山行きで少し違って見えた気がします。
訪問者数:282人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

山行 花崗岩
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ