また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434264 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

快晴の赤岳

日程 2018年04月20日(金) 〜 2018年04月21日(土)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間5分
休憩
5分
合計
3時間10分
Sやまのこ村14:3614:46美濃戸山荘16:17中ノ行者小屋跡16:2217:46行者小屋
2日目
山行
7時間17分
休憩
57分
合計
8時間14分
行者小屋06:0706:14阿弥陀岳分岐06:1507:52文三郎尾根分岐07:5409:01赤岳09:0509:09赤岳頂上山荘09:1109:50赤岳天望荘09:5209:57地蔵の頭11:01行者小屋11:4512:37中ノ行者小屋跡12:3914:14美濃戸山荘14:19赤岳山荘14:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
行者小屋〜文三郎新道〜赤岳山頂・・・文三郎新道は、しっかり雪が付いていた。上部、「マムート階段」も積雪有り。雪に階段は、埋もれていた。分岐までの上部トラバース部分は、早朝雪が固いので良いと思うが、午後は腐れ雪になり状態は良くないと感じた。
山頂〜天望荘〜地蔵尾根〜行者小屋・・・山頂も、山座同定できる表示板等も埋もれるくらいの積雪有り。頂上山荘は、まだ未営業でした。天望荘までの下りは、雪山経験者なら特に問題なし。下り事故が多いことを肝に銘じて一歩一歩歩きましょう。地蔵尾根は、上部岩稜帯を気を付けて丁寧に下りましょう。最後の梯子が、凍っていてアイゼンキックステップで下りました。それより下部は、積雪多い為、表面クラストで内が踏み抜くと腿まで埋まりました。
行者小屋〜美濃戸山荘・・・登りは、登山靴のみで特に問題なし。下りは、中間地点の橋4〜5連チャンが、終わるまでは、登山道が積雪&氷で簡易アイゼンで良いので、付けると安心です。
その他周辺情報温泉は、「もみの湯」・・・大人1名500円。土曜日夕方に利用しましたが、空いていて、サウナ&冷水、外風呂もあり、地元の方の来て見えるようです。
冷水は、山行でHOTになった、両足をしっかりとクーリングできて気持ち良いです。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 大きなビニール袋・テント場用サンダル・ソーラー充電照明・洗濯ばさみ・シュラフカバー・個人マット(エアマット)
備考 積雪時のテント泊の為、シュラフ就寝時に背中が意外と寒い。冷気遮断シート&テント用シート・テントシートと三段重ねだが、シートで厚さがない為」、冷気が背中を直撃する。自分は、モンベルのマイナス10℃くらいまでは、大丈夫なシュラフだが寒くて、夜明けまで寝がえり数知れず。エアマットも同行者が敷いてみえたが、やはりしんしんと冷えがくるらしい。また「象あし」が寒さに有効。シュラフ就寝時に足先が冷えると寝付けない為、羽毛の「象あし」があると良い感じです。夜中に小用の為、テント外にもそのまま出れるためかかせませんね。

写真

美濃戸山荘より、毎度おなじみの登山口。さすがに積雪は、ありません。
2018年04月20日 14:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘より、毎度おなじみの登山口。さすがに積雪は、ありません。
それでは、行ってきます!
2018年04月20日 14:46撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それでは、行ってきます!
初めの橋です。ここを渡り植生保護の登山道に入ります。
2018年04月20日 14:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めの橋です。ここを渡り植生保護の登山道に入ります。
ここまで積雪は、まったくありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで積雪は、まったくありません。
「ほていらん」が、このあたりで咲くみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ほていらん」が、このあたりで咲くみたいです。
植生保護区の登山道です。ロープで登山道を区切り、大変な労力で、頭が下がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
植生保護区の登山道です。ロープで登山道を区切り、大変な労力で、頭が下がります。
まだ気持ち良く登山道を進みます。同行S氏の元気な後ろ姿に、自分もへばっては、いられません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ気持ち良く登山道を進みます。同行S氏の元気な後ろ姿に、自分もへばっては、いられません。
日本の山々は、川の流水音が傍に聞こえて、気持ちが和らぎます;。地元の鈴鹿山脈も、川の流れで心が癒されます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本の山々は、川の流水音が傍に聞こえて、気持ちが和らぎます;。地元の鈴鹿山脈も、川の流れで心が癒されます。
一つ目の急登。なかなかの登りでひと踏ん張りですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一つ目の急登。なかなかの登りでひと踏ん張りですね。
ここを登ってきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ってきます。
やっと一つ目急登が終わり、少しばかりの下りで安らぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと一つ目急登が終わり、少しばかりの下りで安らぎます。
川まですこし離れましたが、流水音は気持ち良いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川まですこし離れましたが、流水音は気持ち良いです。
登山道に、雪&氷ミックスが出てきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に、雪&氷ミックスが出てきました。
やっと苔たちが見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと苔たちが見えてきました。
行者小屋までの中間地点の橋。今年は、5個の橋がありました。(もしかして4個かも)ここで、下山して見えた方が、簡易アイゼンを外して見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋までの中間地点の橋。今年は、5個の橋がありました。(もしかして4個かも)ここで、下山して見えた方が、簡易アイゼンを外して見えました。
橋毎の取り付き、降りる時、地面との段差が大きく、苦労しています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋毎の取り付き、降りる時、地面との段差が大きく、苦労しています。
中間地点の橋を超えたあたりの、石柱です。今回もよろしく願いしますと一礼する。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点の橋を超えたあたりの、石柱です。今回もよろしく願いしますと一礼する。
登山道に積雪があり、夏季の登山道とすこし違うルートもあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道に積雪があり、夏季の登山道とすこし違うルートもあります。
積雪有りの方が、直線的に登れてよいですね(ただもう少し積雪が、薄くなると植生保護もあり、勝手にルートは作れません)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪有りの方が、直線的に登れてよいですね(ただもう少し積雪が、薄くなると植生保護もあり、勝手にルートは作れません)
気持ち良い登山道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良い登山道です。
やっと八ヶ岳、横岳?見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと八ヶ岳、横岳?見えてきました。
大同心が綺麗に見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心が綺麗に見えてきました。
真っ青な空に同行者S氏が、重いザックに負けずに頑張って登っています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ青な空に同行者S氏が、重いザックに負けずに頑張って登っています。
あともう少しで、行者小屋です。もうあと少し、踏ん張り時です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あともう少しで、行者小屋です。もうあと少し、踏ん張り時です。
ザックの重さから解放され、テント設営、個人装備配置etc
で、晩飯です。今日は、レトルト「米沢牛カレー」&アルファ米のおかゆ状態でした。同行S氏、少しお湯が多かったのは、お許しください。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックの重さから解放され、テント設営、個人装備配置etc
で、晩飯です。今日は、レトルト「米沢牛カレー」&アルファ米のおかゆ状態でした。同行S氏、少しお湯が多かったのは、お許しください。
風もなく晴天で、放射冷却の翌朝の気温定低下が気になりますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく晴天で、放射冷却の翌朝の気温定低下が気になりますね。
早朝、気持ち良く快晴です。昨日今日の天気図は、快晴が約束されています!昨夜(深夜?)背中が寒くて、寝返りばかりうっていました。同行S氏、昨夜バタバタしてすみません・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝、気持ち良く快晴です。昨日今日の天気図は、快晴が約束されています!昨夜(深夜?)背中が寒くて、寝返りばかりうっていました。同行S氏、昨夜バタバタしてすみません・・・。
寝袋&マットで、寝床完成。「象あし」はいて、ゆっくりと寝れるはずでした・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝袋&マットで、寝床完成。「象あし」はいて、ゆっくりと寝れるはずでした・・・。
横岳もシルエットが綺麗ですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳もシルエットが綺麗ですね。
阿弥陀岳に朝日があたり始めました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳に朝日があたり始めました。
金曜の夜は、自分合わせ2張りでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金曜の夜は、自分合わせ2張りでした。
早朝は、こころが透き通るようです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝は、こころが透き通るようです。
赤岳、今日はよろしく願いますと、朝のご挨拶します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳、今日はよろしく願いますと、朝のご挨拶します。
北アルプスも見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスも見えてます。
登り始めて、文三郎尾根と阿弥陀岳の分岐に来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めて、文三郎尾根と阿弥陀岳の分岐に来ました。
阿弥陀岳もカッコよいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳もカッコよいですね。
文三郎尾根も直登が続きます。自分的に、直登は大好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根も直登が続きます。自分的に、直登は大好きです。
文三郎尾根中間で、横岳が綺麗に見えてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根中間で、横岳が綺麗に見えてます。
赤岳より落石がないか、よく見ながら登ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳より落石がないか、よく見ながら登ります。
「マムート階段」は、まだまだですね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「マムート階段」は、まだまだですね〜。
北アルプスもしっかりと見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスもしっかりと見えてきました。
あそこから登ってきたのかと、再度気持ちを引き締めます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこから登ってきたのかと、再度気持ちを引き締めます。
尾根上のS氏。高度感ありカッコよいです!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根上のS氏。高度感ありカッコよいです!!
学生時代よりの愛用シモンのピッケル、今日もよろしくね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
学生時代よりの愛用シモンのピッケル、今日もよろしくね。
北ア、バック直登中のS氏、あと少しです、頑張りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ア、バック直登中のS氏、あと少しです、頑張りましょう。
硫黄岳バックに同行S氏が来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳バックに同行S氏が来ました。
文三郎尾根、岩稜帯。稜線までもう少しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根、岩稜帯。稜線までもう少しです。
「マムート階段」が少し出ていますが、この時期、見えていたのは、少しだけでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「マムート階段」が少し出ていますが、この時期、見えていたのは、少しだけでした。
阿弥陀岳・中岳も綺麗ですね・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳・中岳も綺麗ですね・
1
トラバースして、稜線上に出ます。あと少し、ガンバ!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースして、稜線上に出ます。あと少し、ガンバ!!
文三郎尾根を頑張るS氏。もう少しです・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
文三郎尾根を頑張るS氏。もう少しです・・。
やっと着きました。風が、強くもなく少し吹いています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと着きました。風が、強くもなく少し吹いています。
赤岳まで頑張るぞ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳まで頑張るぞ〜。
もう少しです・・ガンバ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しです・・ガンバ!
岩稜歩きのS氏。なかなかのカッコよさです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩稜歩きのS氏。なかなかのカッコよさです。
体力豊富な若人に先に行っていただきます、早いな〜って感心してる自分がいます・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
体力豊富な若人に先に行っていただきます、早いな〜って感心してる自分がいます・・
ここを超えて、この上の尾根を越せば、やっと「富士山」が・・・見れるはずです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを超えて、この上の尾根を越せば、やっと「富士山」が・・・見れるはずです。
なかなかの高度感です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなかの高度感です。
やっと・・「富士山」〜〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと・・「富士山」〜〜〜
急登をS氏、ワシワシ登ってます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登をS氏、ワシワシ登ってます。
頑張ったかいがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張ったかいがあります。
1
山頂で一服。早朝ですが、自グループ込みで7〜8名で、祝登頂中!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で一服。早朝ですが、自グループ込みで7〜8名で、祝登頂中!
1
やはりまだ4月は、雪深いですね〜〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やはりまだ4月は、雪深いですね〜〜
山頂小屋前で少し一服。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂小屋前で少し一服。
積雪の為、登山道は踏み後を目印に下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪の為、登山道は踏み後を目印に下ります。
地蔵尾根へ下ります・・稜線上の尾根が切れていて、少し怖って感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根へ下ります・・稜線上の尾根が切れていて、少し怖って感じです。
同行者S氏、真っ青な空をバックに下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
同行者S氏、真っ青な空をバックに下ります。
赤岳天望荘は、昨日より開始らしいです。頂上で、宿泊組を歓談しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳天望荘は、昨日より開始らしいです。頂上で、宿泊組を歓談しました。
天望荘で、「富士山」にお別れです・・サヨナラ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天望荘で、「富士山」にお別れです・・サヨナラ
雪&岩&クサリ&はしご&アイゼン歩行のなかなかのミックスです。歩行技術が試されてます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪&岩&クサリ&はしご&アイゼン歩行のなかなかのミックスです。歩行技術が試されてます。
気持ち良く登山道が続きます・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良く登山道が続きます・・
地蔵尾根の分岐。お地蔵様に無事下降をお願いします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根の分岐。お地蔵様に無事下降をお願いします。
なかなか急下降の岩稜歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なかなか急下降の岩稜歩き。
一歩一歩確実に歩む、同行S氏。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一歩一歩確実に歩む、同行S氏。
途中のお地蔵様、再度無事下山をお願いしました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中のお地蔵様、再度無事下山をお願いしました。
気持ち良いですが、時折 太ももまで踏み抜きショック大きいです・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気持ち良いですが、時折 太ももまで踏み抜きショック大きいです・・
最後の氷付きの梯子を降りれば、気持ち良い雪道です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の氷付きの梯子を降りれば、気持ち良い雪道です。
行者小屋で、赤岳・・今日は、ありがとうございました、と振り返ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋で、赤岳・・今日は、ありがとうございました、と振り返ります。
行者小屋よりの下山道、なかなか気持ち良く下れます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋よりの下山道、なかなか気持ち良く下れます。
氷&雪ミックスが歩行時、難しいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
氷&雪ミックスが歩行時、難しいです。
始めは、雪が多いですね〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始めは、雪が多いですね〜
滑らない様に、気を付けましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑らない様に、気を付けましょう。
中間地点の橋を越え、やっとアイゼンともおさらばです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中間地点の橋を越え、やっとアイゼンともおさらばです。
「植生保護」地域に来ました。ここまで来たら、登山口までもう少しです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「植生保護」地域に来ました。ここまで来たら、登山口までもう少しです。
少しの苔群がこころを癒します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの苔群がこころを癒します。
登山道がロープで区切られています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道がロープで区切られています。
「植生保護」前の橋。ここを渡って、少しで終わりも近いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「植生保護」前の橋。ここを渡って、少しで終わりも近いです。
ここの階段の最後の一歩が、いつも厳しいのは、自分の足の長さが問題か・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの階段の最後の一歩が、いつも厳しいのは、自分の足の長さが問題か・・。
今回も無事に下山できました、ありがとうございました、と振り返り、こころでお礼します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回も無事に下山できました、ありがとうございました、と振り返り、こころでお礼します。
撮影機材:

感想/記録

1日目・・各自、仕事&家庭の事情にて、出発が昼前になるが、日没が18:20位で行者小屋が西向きで日没が遅いだろうという事で、赤岳山荘にて車を置いて(駐車1日1,000円、宿泊で2,000円)出発。18時くらいに行者小屋について、テント泊。登りのザックは、テント・シュラフ・冬装備で25kg位となかなかの厳しさ。3時間頑張ればと、なんとか切り抜け行者小屋着。テント張り、晩飯食べて、満天の星空を見ながらチューハイを頂きました。
2日目・・5時起き、真っ青な青空をイメージしながら早速、朝食。コーヒー&お握り。行者小屋は、トイレが洋式でGood!!またペーパーも備えられ、またまた感激。登頂、下山については、別記参照でお願いします。

今回も、いろいろな方々の支えがあり、登れることに感謝しながら、気持ち良く楽しくめました。ありがとうございました。
訪問者数:339人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ