また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1434481 全員に公開 ハイキングアジア

台湾・台北 碧潭風景区・和美山

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
MRT(地下鉄)新店駅スタート&ゴール
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
2時間10分
休憩
0分
合計
2時間10分
Sスタート地点11:5114:01ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1100 ホテル発
1115 MRT台北発、新店着

1151 スタート
1156 碧潭吊り橋
1201 和美山登山口
1227 新店和美山頂上、1235 発
1248 南側登山口
1257 コンビニでランチタイム、1310 発
1324 碧潭吊り橋
1326 新店渓散策
1401 ゴール

1407 MRT新店発、台北着
1443 コンビニで食料調達
1455 ホテル着
コース状況/
危険箇所等
良く整備されており危険な所はない
その他周辺情報山に入ると何も無いが、周辺地域は住居地や商業地なので割と何でもある
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 半袖Tシャツ (防寒着[NIKE DRI-FIT]) ズボン[Marmot] 靴下[mont-bell] (手袋) (簡易レインコート) 日よけ帽 タオル (サングラス) リュック ペットボトル(水) (LEDミニライト) スマホGPS[ヤマレコ MAP] (モバイルバッテリー) (タブレット) (ファーストエイドキット) (常備薬) (保険証) (パスポート) 携帯 コンデジ[SONY DSC-HX90V] ( )内は今回不使用

写真

1156 碧潭吊り橋
2018年04月22日 11:56撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1156 碧潭吊り橋
1157-2 日曜日のせいか足こぎボートが沢山繰り出している
2018年04月22日 11:57撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1157-2 日曜日のせいか足こぎボートが沢山繰り出している
1159 吊り橋を渡り終えて振り返る
2018年04月22日 11:59撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1159 吊り橋を渡り終えて振り返る
1201 和美山歩道入口、記念写真を撮る人は沢山居るが、登っていく人はほとんどいない
2018年04月22日 12:01撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1201 和美山歩道入口、記念写真を撮る人は沢山居るが、登っていく人はほとんどいない
1204 和美山登山歩道案内板
2018年04月22日 12:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1204 和美山登山歩道案内板
1204-2 全体的にきれいな木道が整備されている
2018年04月22日 12:04撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1204-2 全体的にきれいな木道が整備されている
1205 周囲はまるで亜熱帯植物園の中を歩いているようで、非常に蒸し暑い
2018年04月22日 12:05撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1205 周囲はまるで亜熱帯植物園の中を歩いているようで、非常に蒸し暑い
1206 何の建物だったのか、天井が抜けてしまっている
2018年04月22日 12:06撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1206 何の建物だったのか、天井が抜けてしまっている
1208 脇道もあるが災害復旧のためか立入禁止になっている
2018年04月22日 12:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1208 脇道もあるが災害復旧のためか立入禁止になっている
1208-2 あちこちに一杯咲き乱れている
2018年04月22日 12:08撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1208-2 あちこちに一杯咲き乱れている
1213 丁度中間点、和美山頂まで450m
2018年04月22日 12:13撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1213 丁度中間点、和美山頂まで450m
1214 延々と階段が続く
2018年04月22日 12:14撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1214 延々と階段が続く
1216 途中にあった面白い形の巨木
2018年04月22日 12:16撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1216 途中にあった面白い形の巨木
1219 現在地案内板
2018年04月22日 12:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1219 現在地案内板
1219-2 あと220m
2018年04月22日 12:19撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1219-2 あと220m
1221 樹木の間から新店渓が見渡せる
2018年04月22日 12:21撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1221 樹木の間から新店渓が見渡せる
1223 頂上近くは結構急な階段が続く
2018年04月22日 12:23撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1223 頂上近くは結構急な階段が続く
1226 頂上展望台に到着
2018年04月22日 12:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1226 頂上展望台に到着
1227 山頂からは、先ほど渡ってきた吊り橋と周辺のビル群が見渡せる
2018年04月22日 12:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1227 山頂からは、先ほど渡ってきた吊り橋と周辺のビル群が見渡せる
1227-2 三等三角点にタッチ
2018年04月22日 12:27撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1227-2 三等三角点にタッチ
1228 新店渓の上流方向
2018年04月22日 12:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1228 新店渓の上流方向
1229 現在地表示、下山は南側入口方面に向かう
2018年04月22日 12:29撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1229 現在地表示、下山は南側入口方面に向かう
1231 ビル群の向こうに台北101がぼんやりと見える
2018年04月22日 12:31撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1231 ビル群の向こうに台北101がぼんやりと見える
1233 展望台には人が居なかったが、こちらの広場では10名くらいの登山者が休んでいた、少し風があるので涼しい
2018年04月22日 12:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1233 展望台には人が居なかったが、こちらの広場では10名くらいの登山者が休んでいた、少し風があるので涼しい
1233-2 山頂の様子
2018年04月22日 12:33撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1233-2 山頂の様子
1237 非常に統一感のある建物群が見える
2018年04月22日 12:37撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1237 非常に統一感のある建物群が見える
1244-3 枕木?を使った階段が続いている
2018年04月22日 12:44撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1244-3 枕木?を使った階段が続いている
1247 変則五差路
2018年04月22日 12:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1247 変則五差路
1247 現在地表示板
2018年04月22日 12:47撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1247 現在地表示板
1248 登山口に出た
2018年04月22日 12:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1248 登山口に出た
1249 ここが南側入口
2018年04月22日 12:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1249 ここが南側入口
1249-2 登山口以降は延々の車道歩きとなる
2018年04月22日 12:49撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1249-2 登山口以降は延々の車道歩きとなる
1250 この辺りは観光客の路上駐車が一杯、街中も隙間無く路上駐車されている
2018年04月22日 12:50撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1250 この辺りは観光客の路上駐車が一杯、街中も隙間無く路上駐車されている
1251 郊外型のマンションかな?
2018年04月22日 12:51撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1251 郊外型のマンションかな?
1322 元の吊り橋に戻ってきた
2018年04月22日 13:22撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1322 元の吊り橋に戻ってきた
1324 吊り橋から見た上流方向
2018年04月22日 13:24撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1324 吊り橋から見た上流方向
DSC03071 1326 吊り橋の様子
2018年04月22日 13:26撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
DSC03071 1326 吊り橋の様子
1328 新店渓の川岸にはずらっと飲食店や土産物店が並び、川側にはテーブル席が並んで超満員
2018年04月22日 13:28撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1328 新店渓の川岸にはずらっと飲食店や土産物店が並び、川側にはテーブル席が並んで超満員
1336 手こぎの遊覧船が出て行く
2018年04月22日 13:36撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1336 手こぎの遊覧船が出て行く
1338 川沿いの遊歩道
2018年04月22日 13:38撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1338 川沿いの遊歩道
1348 吊り橋と後方のビル群
2018年04月22日 13:48撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1348 吊り橋と後方のビル群
1354 貸しボートがずらりと並ぶ
2018年04月22日 13:54撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1354 貸しボートがずらりと並ぶ
1400 こちらは車道の真下
2018年04月22日 14:00撮影 by DSC-HX90V, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1400 こちらは車道の真下

感想/記録

朝の内、洗濯・乾燥や昨日までの登山記録作り&ヤマレコアップなどをしていたのでホテルを出たのが既に11時。今日は地下鉄のどこか終着駅から行ける山に行こうと漠然と考えていたので、駅まで歩く間に行き先を決める。

MRTグリーンライン終着駅の新店からスタートしたが、日曜日という事もあり観光客で大賑わい。碧潭吊り橋も沢山の人が楽しんでいる。幅も広くがっしりした橋だが、歩くとゆさゆさ揺れるのは同じ。橋を渡り終えた所に和美山歩道の入口があるが、何か門のようになっており、施設の中に入っていくような感じだ。入口で入れ替わり立ち替わり記念撮影をするグループが後を絶たないが、見ている間登っていく人は皆無だった。

登山道は全体的にきれいな木道が整備されており、歩き易いが、周囲はまるで亜熱帯植物園の中を歩いているようで、風もなく非常に蒸し暑い。下山するまで、脇道も一杯有ったが、迷い込むとどこに行くか分からないので、一番メインルートとなる道を選んで進んだ。

山頂には展望台が設置されているが、誰も居ない。展望台横に三等三角点が有ったのでタッチしてくるが、台湾で三角点という表示は珍しいのでは?
頂上は割と広く、少し離れた所に10人ほど休憩していたので行ってみると、こちらは風が涼しくて気持ちが良い。展望台に人が居ないのも理解できる。

水分補給をして暫く休んだ後、下山は更に先へ進んでみる。こちらは鉄道の枕木かと思われる木階段が良く整備されている。地図と言えばグーグルマップくらいしかないので、大体の方向の目安を付けて下っていく。どこへ出るか分からなかったが、結果的には予定していた南側登山口に出る事が出来た。ここから以降は段々街中に入り、車道歩きとなる。

ファミマを見つけてランチタイムを取っていると、別方向から登山者が続々と下山して歩いて行くのが目に入る。バス停を見つけてバスで帰るつもりだったが、彼らの後に付いていけばどこか便利な所に出られると思いそちらの方向に進んでみる。結局ぐるっと回って元の吊り橋に戻る事が出来、大正解。時間も早いので、一杯浮かんでいるボートを横目に新店渓を暫くさかのぼってみる。川に沿って小高い所に店舗がずらりと並び、川側にはテーブル席がずっと並んでいる。どの店の前も満員で、非常に混み合っていた。適当に回った後、またMRT新店駅に戻り、台北のホテルにゴールインした。

本日のルートは2時間10分、5.76km、標高差130m(累積は123m)、登山以外も含む今日1日の運動量はスマホの万歩計によれば、7.8km、12646歩となった。
訪問者数:155人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

関連する山の用語

三角点 木道
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ