また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435849 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

アカヤシオのハライドからブナ清水を経て朝明へ周遊

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
朝明駐車場500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間17分
休憩
1時間8分
合計
5時間25分
S朝明渓谷駐車場23:0007:30ハライド山頂07:4009:05ブナ清水09:0809:35根の平峠09:3810:40金山11:3011:55ハト峰11:5712:55朝明渓谷駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 防寒着 サブザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) 予備電池 日焼け止め 保険証 携帯 時計
共同装備 食器 調理器具 ライター

写真

快晴の朝に目指す釈迦ヶ岳の大きな姿。涅槃像に…見える?
2018年04月22日 06:04撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴の朝に目指す釈迦ヶ岳の大きな姿。涅槃像に…見える?
朝明渓谷着、6時15分。駐車場はまだ埋まっておらず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝明渓谷着、6時15分。駐車場はまだ埋まっておらず。
案内板で今日のルートを確認、出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内板で今日のルートを確認、出発。
伊勢谷の流れを渡りハライド登山口へ。ここから尾根へ。
2018年04月22日 06:42撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊勢谷の流れを渡りハライド登山口へ。ここから尾根へ。
朝日を受けてハライド北尾根を快調に登る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を受けてハライド北尾根を快調に登る。
釈迦ヶ岳の雄姿を撮るのにハライド北尾根はベスト。
2018年04月22日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳の雄姿を撮るのにハライド北尾根はベスト。
低い場所のアカヤシオは終盤。上がるにつれて花が増え、蕾もまだまだある。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い場所のアカヤシオは終盤。上がるにつれて花が増え、蕾もまだまだある。
金山付近の鈴鹿主稜線。何となく穂高辺りから見た双六岳の感じに似ている?
2018年04月22日 07:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
金山付近の鈴鹿主稜線。何となく穂高辺りから見た双六岳の感じに似ている?
アカヤシオが本格的に出てきましたよ。
2018年04月22日 07:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アカヤシオが本格的に出てきましたよ。
展望抜群、ハライド山頂着。
2018年04月22日 07:32撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望抜群、ハライド山頂着。
1
ハライド山頂からの御在所岳。
2018年04月22日 07:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライド山頂からの御在所岳。
釈迦ヶ岳に彩りを添えるアカヤシオの花。
2018年04月22日 07:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
釈迦ヶ岳に彩りを添えるアカヤシオの花。
4
御在所岳とサシで語り合う、の図。
2018年04月22日 07:38撮影 by iPhone 7 Plus, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳とサシで語り合う、の図。
2
ハライドは、「祓戸」なんだっ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハライドは、「祓戸」なんだっ!
1
開けて気持ちの良い稜線の池の尾。
2018年04月22日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
開けて気持ちの良い稜線の池の尾。
池の尾から見る釈迦ヶ岳。
2018年04月22日 08:37撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の尾から見る釈迦ヶ岳。
コバノガマズミの季節。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コバノガマズミの季節。
ブナ清水。
2018年04月22日 08:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ清水。
春を感じさせるシロモジの花。
2018年04月22日 10:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
春を感じさせるシロモジの花。
1
ブナ清水が知る人ぞ知る存在だったのも昔の事。今や立派な案内板があり難なくたどり着ける。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ清水が知る人ぞ知る存在だったのも昔の事。今や立派な案内板があり難なくたどり着ける。
根の平峠。主稜線に合流。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
根の平峠。主稜線に合流。
ミツバツツジも今が盛り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジも今が盛り。
1
足元にはフデリンドウ。
2018年04月22日 10:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元にはフデリンドウ。
登って来たハライド北尾根が見える。朝明渓谷から三角形のハライド山頂まで一気に突き上げているのが分かる。
2018年04月22日 10:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登って来たハライド北尾根が見える。朝明渓谷から三角形のハライド山頂まで一気に突き上げているのが分かる。
少し尾根を外れた金山山頂は釈迦ヶ岳の展望を独り占め出来る。ここで昼食。相方の足の調子もあり、無理せず今日は釈迦ヶ岳に行かず、朝明に下山する事に。
2018年04月22日 10:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し尾根を外れた金山山頂は釈迦ヶ岳の展望を独り占め出来る。ここで昼食。相方の足の調子もあり、無理せず今日は釈迦ヶ岳に行かず、朝明に下山する事に。
1
振り返るハライドから青岳への尾根、奥に国見岳。
2018年04月22日 11:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返るハライドから青岳への尾根、奥に国見岳。
羽鳥峰峠へザレ場を下る。
2018年04月22日 11:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羽鳥峰峠へザレ場を下る。
ニガイチゴの花がお迎えの朝明渓谷に無事、下山。春の良き1日を山で楽しみました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニガイチゴの花がお迎えの朝明渓谷に無事、下山。春の良き1日を山で楽しみました。

感想/記録

鈴鹿の山々の中ではマイナーな存在のハライドですが、その展望は折り紙つき。この時期は風にそよぐアカヤシオの花が彩りを添え、豪壮な山容を見せるメジャー級の周囲の山々とのコントラストが一段と映えて素敵。人の多い御在所や鎌ヶ岳に比べてまだまだ静か。

芽吹き間近のブナの疎林をブナ清水まで歩き、根の平峠から金山に足跡をつなげるまでに出会った登山者の数はわずか20人程。視界いっぱいに釈迦ヶ岳が大きく広がる大展望の金山の頂きも静かそのもの。急かされる事もなくまったり山でのランチと雑談。

「来週の連休、何処登ろうかね?」「そだねー」「もう、準備しないとなぁ」
あれこれ行き先を思案しながらも、なかなか決まらない。でも心配はしてない。近くにこんなに素敵な鈴鹿の山々があって、いつの季節でも優しく迎えてくれるこの安心感。いざとなれば遠くの山に行かずとも気軽にいける、いや帰る事が出来る…自分の家のような存在の鈴鹿の山々。アカヤシオの後はイワカガミとシロヤシオ、ヤマツツジとまだまだ鈴鹿の春には楽しみが続く。
訪問者数:352人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ