また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1436278 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走尾瀬・奥利根

平ヶ岳(鳩待峠から往復)

日程 2018年04月21日(土) 〜 2018年04月22日(日)
メンバー
天候2日とも快晴(1日目夜はやや風あり)
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

コース登録は片道になっていますが、往路をちゃんと戻っています。
コース状況/
危険箇所等
例年よりかなり積雪が少なく、ここ10年で2番目に少ないらしい。
あまり雪が少ないと、スノーブリッジが崩落していたり、
藪が出ていたりと難易度が激増する。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

沼田駅から関越交通バスで戸倉まで。
戸倉からは、シャトルバスに乗り換える。
GWより1週早いということもあり閑散としている。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沼田駅から関越交通バスで戸倉まで。
戸倉からは、シャトルバスに乗り換える。
GWより1週早いということもあり閑散としている。
1
シャトルバスに乗って鳩待峠へ。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャトルバスに乗って鳩待峠へ。
2
徒歩1時間で山ノ鼻。とはいえ、例年のGW終盤くらいの積雪量はありそう。まだこの時間ではテントも少なく、閑散としている。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徒歩1時間で山ノ鼻。とはいえ、例年のGW終盤くらいの積雪量はありそう。まだこの時間ではテントも少なく、閑散としている。
1
山ノ鼻からは、いよいよ平ヶ岳へのバリエーションルートへ。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻からは、いよいよ平ヶ岳へのバリエーションルートへ。
1
猫又川の右岸をひらすらさかのぼっていく。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫又川の右岸をひらすらさかのぼっていく。
1
雪が腐っていて歩きにくい。スノーシューがあるとよさそ
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪が腐っていて歩きにくい。スノーシューがあるとよさそ
途中、高巻くところが2個所あり、スリップすると川にドボンのため、慎重に通過する必要あり。で、猫又川が標高1440mで左俣と右俣に分かれる、この分かれたところで左俣・右俣の中央の尾根に乗ると、登り返しがなく、ジャンクションピークまで行ける。ところが、雪が少なくスノーブリッジが崩落していて、この標高1440m地点で猫又川を渡れない。そこでそのまま左俣の右岸をさかのぼり、1460mで沢が分岐するところで渡れたので、そこから左の沢に入り、1470m付近で尾根にとりつく。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、高巻くところが2個所あり、スリップすると川にドボンのため、慎重に通過する必要あり。で、猫又川が標高1440mで左俣と右俣に分かれる、この分かれたところで左俣・右俣の中央の尾根に乗ると、登り返しがなく、ジャンクションピークまで行ける。ところが、雪が少なくスノーブリッジが崩落していて、この標高1440m地点で猫又川を渡れない。そこでそのまま左俣の右岸をさかのぼり、1460mで沢が分岐するところで渡れたので、そこから左の沢に入り、1470m付近で尾根にとりつく。
1
この尾根はブナ林のため、見晴らしがよく、このルートもよく使われている。しかし、スズヶ峰へ登る必要があり、登り返しがあるのが難点。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根はブナ林のため、見晴らしがよく、このルートもよく使われている。しかし、スズヶ峰へ登る必要があり、登り返しがあるのが難点。
1
登ると展望が開けてくる。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ると展望が開けてくる。
1
スズヶ峰付近。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スズヶ峰付近。
3
いい展望。上越国境の魅力の1つ。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい展望。上越国境の魅力の1つ。
2
ジャンクションピークには、テントが設営されていた。テントの上に見えるのが平ヶ岳。遠い。直線距離で7kmある。ジャンクションピーク設営するのが一般的で、この日は3張りあった。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークには、テントが設営されていた。テントの上に見えるのが平ヶ岳。遠い。直線距離で7kmある。ジャンクションピーク設営するのが一般的で、この日は3張りあった。
5
ジャンクションピークから1時間ほどの場所から、ジャンクションピークを振り返る。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンクションピークから1時間ほどの場所から、ジャンクションピークを振り返る。
1
平ヶ岳が近づいてきた。しかし遠い。雪庇やグライドクラックがあり要注意。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳が近づいてきた。しかし遠い。雪庇やグライドクラックがあり要注意。
7
で、平ヶ岳の頂上。頂上には、積雪観測機器があるのみで寂しい。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、平ヶ岳の頂上。頂上には、積雪観測機器があるのみで寂しい。
6
頂上から北東に200m離れた場所には三角点と山頂標識がある。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から北東に200m離れた場所には三角点と山頂標識がある。
4
360度パノラマ
2018年04月24日 07:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度パノラマ
1
これ?。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ?。
2
三角点は埋まっている。案内板には一応「平ヶ岳」と書いてあるのでタッチ。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点は埋まっている。案内板には一応「平ヶ岳」と書いてあるのでタッチ。
4
食事は、100m離れた場所で。食料もここに寝る間はデポしておく。そうでないと、夜中にクマが押しかけてくることになる。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食事は、100m離れた場所で。食料もここに寝る間はデポしておく。そうでないと、夜中にクマが押しかけてくることになる。
3
日が傾いてきた。最果ての雰囲気。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が傾いてきた。最果ての雰囲気。
2
すっかり暗くなった。まわりには人家の明かりなどは全く見えない。360度山しか見えない。恐ろしい秘境。半径7kmに人間は自分しかいない。しかし、携帯の電波は何とかギリギリ通じる。心強い。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり暗くなった。まわりには人家の明かりなどは全く見えない。360度山しか見えない。恐ろしい秘境。半径7kmに人間は自分しかいない。しかし、携帯の電波は何とかギリギリ通じる。心強い。
7
翌朝。頂上を経由して再び尾瀬に戻る。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝。頂上を経由して再び尾瀬に戻る。
2
平ヶ岳を振り返る。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平ヶ岳を振り返る。
2
尾瀬に向かって進む。新しいクマの足跡がある。人間よりクマのほうが多い。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬に向かって進む。新しいクマの足跡がある。人間よりクマのほうが多い。
3
やっとジャンクションピークまで戻ってきた。ここには昨日の夜は3張り設営されていたみたい。ここに設営し、夕方あるいは翌日に平ヶ岳をピストンするのが普通か。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとジャンクションピークまで戻ってきた。ここには昨日の夜は3張り設営されていたみたい。ここに設営し、夕方あるいは翌日に平ヶ岳をピストンするのが普通か。
尾瀬に向かう。正面には山ノ鼻が見える。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬に向かう。正面には山ノ鼻が見える。
1
途中、1800m付近で尾瀬と外界を区切る尾根から降りる。分岐がわかりにくい。しかし、昨日の自分のトレースがかすかに残っていたので、これを追いかけて問題なく下ることができた。
広葉樹の尾根は、上から見てもわかりやすい。
2018年04月22日 17:33撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、1800m付近で尾瀬と外界を区切る尾根から降りる。分岐がわかりにくい。しかし、昨日の自分のトレースがかすかに残っていたので、これを追いかけて問題なく下ることができた。
広葉樹の尾根は、上から見てもわかりやすい。
1
山ノ鼻に戻ってきた。これで一安心。
2018年04月22日 17:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻に戻ってきた。これで一安心。
1
気温は11度と暖かい。長袖1枚でも行動中は汗だくに。
2018年04月22日 17:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は11度と暖かい。長袖1枚でも行動中は汗だくに。
食堂の営業は9〜15時。カレーを頼む。750円。
2018年04月22日 17:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
食堂の営業は9〜15時。カレーを頼む。750円。
1
山ノ鼻から鳩待峠までは1時間。
2018年04月22日 17:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山ノ鼻から鳩待峠までは1時間。
1
シャトルバスを待つ。しかし、バス停には待合所みたいなものはなく、日陰がないので待つのもつらい。以前、バスが峠まで乗り入れていたときには、休憩所で待てたのに・・・。
2018年04月22日 17:34撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャトルバスを待つ。しかし、バス停には待合所みたいなものはなく、日陰がないので待つのもつらい。以前、バスが峠まで乗り入れていたときには、休憩所で待てたのに・・・。
2

感想/記録
by NARU24

普段はヤマレコにUPしませんが、
今回はみなさまのGW山行の参考になればと掲載しました。
どうぞよろしくお願いします。
訪問者数:957人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/2/12
投稿数: 6
2018/4/26 23:50
 レコありがとうございます
平ヶ岳の貴重なレコありがとうございます。
僕もGWに平ヶ岳を検討してまして、大変ありがたく読ませていただきました。
ひとつお尋ねしたいのですが、猫又川のスノ―ブリッジはまだしばらく安定してそうな感じでしたか?
よろしければ感想をお聞かせください。
登録日: 2010/6/28
投稿数: 33
2018/4/29 12:17
 Re: レコありがとうございます
返信遅れてすみません。
暑くて急激に融雪してるようですので、正直状況はわかりません。
お気をつけて。
登録日: 2013/2/12
投稿数: 6
2018/5/2 23:07
 Re[2]: レコありがとうございます
了解しました
返信ありがとうございます

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ