また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1440400 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

フライングGWで八ヶ岳天狗岳

日程 2018年04月27日(金) 〜 2018年04月28日(土)
メンバー
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.3〜1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間20分
休憩
1時間15分
合計
5時間35分
S唐沢鉱泉10:2311:18唐沢鉱泉分岐11:3212:40第一展望台12:5013:08第二展望台13:4014:21天狗岳14:2714:30コル14:3514:52東天狗岳14:54天狗の鼻15:0115:11天狗岳分岐15:50中山峠15:5115:58黒百合ヒュッテ
2日目
山行
1時間34分
休憩
0分
合計
1時間34分
宿泊地06:4208:16唐沢鉱泉G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
休憩時間の入れ方がよくわからないのでこのまま載せます。東西天狗岳からの下りでアイゼンを出し惜しんだので時間がかかりました。踏み抜きも多数。アイゼンを装着して踏み跡を正確に辿る方が結果早いです。
コース状況/
危険箇所等
唐沢鉱泉から西天狗に向かう尾根上は2400m付近から所々雪。東天狗〜中山峠は雪道繋がっていて
、15時頃は踏み抜き多く、午前中通過推奨です。朝冷え込む時間帯はアイゼン、ピッケルは必要かと思います。黒百合ヒュッテは朝5時半でマイナス3℃。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

登り始め直後は第一展望台までこんな感じです。ぬかるみもなく夏道ははっきりとしていてアイゼンなんかもいりません。
2018年04月27日 11:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始め直後は第一展望台までこんな感じです。ぬかるみもなく夏道ははっきりとしていてアイゼンなんかもいりません。
西天狗へ向かう尾根上の樹林帯は雪があったり無かったり。トレースに忠実に歩くと踏み抜きません。
2018年04月27日 12:26撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗へ向かう尾根上の樹林帯は雪があったり無かったり。トレースに忠実に歩くと踏み抜きません。
高曇りなので見通せます。
2018年04月27日 12:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高曇りなので見通せます。
南アルプスも。
2018年04月27日 12:27撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南アルプスも。
蓼科方面。見た目は雪が無いように見えますが。
2018年04月27日 12:31撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蓼科方面。見た目は雪が無いように見えますが。
風もなく穏やかです。寒くもなく暑くもなく。
2018年04月27日 12:32撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風もなく穏やかです。寒くもなく暑くもなく。
なんでも無いような場所ですがこの日一番緊張したポイントです。足元が氷結していてアイゼンを付けるのも先は土だし、でも落ちたら捻挫しそうだなぁ。
2018年04月27日 12:34撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんでも無いような場所ですがこの日一番緊張したポイントです。足元が氷結していてアイゼンを付けるのも先は土だし、でも落ちたら捻挫しそうだなぁ。
久しぶりなので疲れました。第二展望台の周辺は若干ぬかるんでます。
2018年04月27日 13:08撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりなので疲れました。第二展望台の周辺は若干ぬかるんでます。
息も絶え絶えで西天狗の途中から先ほどいた第二展望台を眺めます。山頂付近から声が聞こえたような気がしましたが。山頂から見た範囲に人はいませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
息も絶え絶えで西天狗の途中から先ほどいた第二展望台を眺めます。山頂付近から声が聞こえたような気がしましたが。山頂から見た範囲に人はいませんでした。
1
西天狗岳の山頂標識が傾いているように見えますが、地球が傾いているのかもしれません。
2018年04月27日 14:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗岳の山頂標識が傾いているように見えますが、地球が傾いているのかもしれません。
正しくカメラを傾けると直立しました。
2018年04月27日 14:21撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正しくカメラを傾けると直立しました。
西天狗はぬかるんでます。休憩するのも憚られるようなぬかるみです。これから行く東天狗を眺め巻き道を見つけました。
2018年04月27日 14:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗はぬかるんでます。休憩するのも憚られるようなぬかるみです。これから行く東天狗を眺め巻き道を見つけました。
1
うんうん。八ヶ岳八ヶ岳。
2018年04月27日 14:22撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うんうん。八ヶ岳八ヶ岳。
1
西天狗からの下り。ちょっとアイゼン装着を迷った箇所。滑ると岩に叩きつけられるのが怖いけど午後で雪が緩んでいたのでノーアイゼンで通過。朝ならアイゼン必須だと思います。
2018年04月27日 14:33撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西天狗からの下り。ちょっとアイゼン装着を迷った箇所。滑ると岩に叩きつけられるのが怖いけど午後で雪が緩んでいたのでノーアイゼンで通過。朝ならアイゼン必須だと思います。
朝小屋の前の丘を登って写真を撮りに行きました。昨晩は雨が降ったので空気が洗われで透き通ってました。中腹から槍穂が見えます。
2018年04月28日 05:21撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝小屋の前の丘を登って写真を撮りに行きました。昨晩は雨が降ったので空気が洗われで透き通ってました。中腹から槍穂が見えます。
1
快晴です。
2018年04月28日 05:26撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
快晴です。
1
所々写真が抜けてます。黒百合から唐沢鉱泉へと下山の道すがら。ベンチがあります。
2018年04月28日 07:21撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
所々写真が抜けてます。黒百合から唐沢鉱泉へと下山の道すがら。ベンチがあります。
こういう場所は諦めてアイゼン付けた方が歩きやすいです。
2018年04月28日 07:21撮影 by NIKON D610, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう場所は諦めてアイゼン付けた方が歩きやすいです。

感想/記録

約5ヶ月ぶりの山。出来れば標高差が1000m以下で雪があって涼しくて、景色が良くて、翌日午前中に下山してGWを効率良く使える山を探していたら天狗岳でした。有給取って、一足早くGWに突入し人のいない八ヶ岳をゆっくり歩きました。
靴は散々迷って初冬、残雪期用のソールの減った登山靴。ソールの無さが結構しんどかったです。
金曜はあいにくの曇りでしたが、高層の雲のため南、中央、北アルプスがよく見えました。久しぶりの登山でへばってしまい終始ペースは遅い上に午後の気温が上がってからの踏み抜きに苦労しました。おかげでアイゼンは付けずに済みましたが、思い返せば素直にアイゼン付けた方が早かった気もします。
東天狗の下りは一箇所慎重になる場所がありましたが、そこ以外は穏やかです。
泊まりは自分にとって三年ぶりの営業小屋泊。山でモチモチのご飯が食べれるなんてほんと泊まって良かった。
訪問者数:538人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ