また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1440651 全員に公開 山滑走大雪山

トムラウシ山

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

02:00 東大雪荘
05:10 1898の肩(板デポ)
05:50 トムラウシ山
06:50 1898の肩(シール剥がす)
07:40 東大雪荘
コース状況/
危険箇所等
ユウトムラウシ川にブリッジは無いが
川幅は狭く浅いのでどこでも飛び石可。
尾根取り付きは雪が切れているが、少し担いで登れば雪が出てくる。
取り付きの斜面は急で固いので尾根まで担いで登るとよい。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

出だしから雪が切れていて不安になる
2018年04月29日 01:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出だしから雪が切れていて不安になる
エキゾチック飛び石渡渉
2018年04月29日 02:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エキゾチック飛び石渡渉
3
おぷたてさまと
おつきさま
2018年04月29日 03:53撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぷたてさまと
おつきさま
4
まだ4時なのにもう明るい
経度差感じちゃう
2018年04月29日 04:03撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ4時なのにもう明るい
経度差感じちゃう
5
ピークが見えた
ひたすらトラバる
2018年04月29日 04:11撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピークが見えた
ひたすらトラバる
2
カムイサンケナイ
左の方はハイマツでとる
2018年04月29日 04:21撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイサンケナイ
左の方はハイマツでとる
1
出た
まぶしっ
2018年04月29日 04:56撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出た
まぶしっ
5
オプタテと私
2018年04月29日 05:01撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オプタテと私
9
この尾根を乘っ越せば
2018年04月29日 05:02撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この尾根を乘っ越せば
1
ご対面
年末以来だな
2018年04月29日 05:16撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご対面
年末以来だな
21
思い出の場所
2018年04月29日 05:48撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思い出の場所
2
着いたぜベイビー
2018年04月29日 06:00撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着いたぜベイビー
23
大雪もスカッ晴れ
2018年04月29日 05:58撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大雪もスカッ晴れ
11
十勝連峰もクッキリ
2018年04月29日 05:59撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
十勝連峰もクッキリ
19
雪の多いところを選んで降りる
2018年04月29日 06:08撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪の多いところを選んで降りる
南沼
今年の水枯れは早そうだ
2018年04月29日 06:10撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南沼
今年の水枯れは早そうだ
2
雲の流れがものすごく速い
2018年04月29日 06:17撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲の流れがものすごく速い
3
板無事
お待たせ
2018年04月29日 06:29撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板無事
お待たせ
3
さらばじゃ
次は夏至かな
2018年04月29日 06:37撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらばじゃ
次は夏至かな
11
カムイサンケナイに向かってテイクオフ
2018年04月29日 06:37撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カムイサンケナイに向かってテイクオフ
4
あんまり斜度が無い…
2018年04月29日 06:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あんまり斜度が無い…
2
テラッテラ
板が走る
2018年04月29日 06:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テラッテラ
板が走る
4
冬尾根はシャバランチ会長
2018年04月29日 06:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬尾根はシャバランチ会長
2
取り付きの斜面が適度に緩んでいて
今日の滑りではここが一番だった
2018年04月29日 07:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り付きの斜面が適度に緩んでいて
今日の滑りではここが一番だった
割とどこからでも渡れる
ビニール袋は不要
2018年04月29日 07:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
割とどこからでも渡れる
ビニール袋は不要
3
温泉はまだまだ開かないので退散
2018年04月29日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温泉はまだまだ開かないので退散
1
空、霞みすぎ
2018年04月29日 08:38撮影 by GR II , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空、霞みすぎ
1

感想/記録

GW1発目は東大雪荘からトムラウシへ。
20:30に苫小牧東港に上陸し、4時間クルマを走らせ東大雪荘にやってきた。
屈足には全く雪が無くて心配したが林道にはたっぷり雪があって安心。
1時間仮眠して2時ちょうど、シールを貼って元気に出発。気温は高い。春だ。
スノーブリッジは初めから期待していなかったので袋を持ってきたが
飛び石で問題なかった。雪の少ない初冬も渡渉は問題ないだろう。
渡渉してすぐに取り付きの斜面を見るが雪が無い。まじかよー。
適当な沢筋っぽいところを詰めるとすぐに雪が出てきた。よかった。
この斜面は硬くて急なので板で登るのはつらい。
板を履くのが億劫なので尾根に出るまでツボ足で通した。快適だった。
尾根に出たらようやく板を履いてペタペタ歩く。ラッセルが無いので楽々。
大斜面の雪はまだ硬く、板でトラバースすると疲れる。
なのでここも板脱いで爪履いてでトラバース、
そのまま歩いてで1898の肩まで上がってきた。ここでちょうど日の出となった。

さてここから山頂まで雪が切れまくっている。
どうせ山頂から滑ってこれないだろうから板はその辺にデポし、
固い雪に爪を効かせてサクッとピークを獲ってきた。
山頂からは360度の大パノラマ。風は強いが天国だった。
しかし空が、遠くが霞んでいる。春だから仕方ない。

1898の肩まで戻ってきたらシールを剥がしてテイクオフ。
大トラバースしようにもヤブが出ているのでヤブが切れるまで適当に落とす。
斜度はユルいが快適な斜面だった。雪が繋がったらいつものようにトラバース。
雪は硬くてえらいスピードが出る。今日は登り返し必至かと思いきや、
全く登り返すことなく冬尾根に帰ってきた。エクセレント。
あとはシャバシャバ天国の冬尾根をやりたい放題やって、
森の中を高速で駆け抜けて尾根取り付きに帰還。
再び渡渉しそのまま板を担いでクルマまで帰ってきた。
連休なので誰か登ってくるかと思いきや誰にも会わず静かな山だった。
うーん、まんだむ。さて、知床行くべし。
訪問者数:1046人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ