また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1441466 全員に公開 雪山ハイキング飯豊山

倉手山:残雪の飯豊連峰の眺望が最高

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
橋の手前の駐車スペースは一杯だったので、梅花皮荘の駐車場の端をお借りしました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間35分
休憩
50分
合計
4時間25分
Sスタート地点06:5007:10倉手山登山口07:1208:15720m地点08:2509:12倉手山09:5011:00倉手山登山口11:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険箇所は全くない。ほとんどが夏道である。600m超えでちょこっと雪を横切るところ何箇所かあり。700mくらいの支尾根上にしばらく雪あり。840m付近の急登は雪の上を登る。頂上は広く雪に覆われている。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

梅花皮荘の駐車場から地神山を中心とする飯豊連峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮荘の駐車場から地神山を中心とする飯豊連峰。
5
梅花皮荘の先、飯豊鉱泉までは通行止め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮荘の先、飯豊鉱泉までは通行止め。
梅花皮荘の吊り橋は通行止め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮荘の吊り橋は通行止め。
1
林道からも飯豊の稜線がきれい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道からも飯豊の稜線がきれい。
2
倉手山登山口。ここまでは完全に車の通行は可能になっている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山登山口。ここまでは完全に車の通行は可能になっている。
倉手山登山口からの飯豊の稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山登山口からの飯豊の稜線。
倉手山登山口からは直ぐに急登。終わりかけのカタクリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山登山口からは直ぐに急登。終わりかけのカタクリ。
1
タムシバ、山に春を呼ぶ花。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバ、山に春を呼ぶ花。
4
飯豊のイワウチワは白くて大きいのかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯豊のイワウチワは白くて大きいのかな。
2
急登から残雪の山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から残雪の山。
急登から飯豊の稜線、地神山〜頼母木山辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登から飯豊の稜線、地神山〜頼母木山辺り。
4
700m付近で緩やかな尾根上になり、残雪。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
700m付近で緩やかな尾根上になり、残雪。
標高が高くなってくるとイワウチワが最盛期。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高が高くなってくるとイワウチワが最盛期。
4
タムシバと倉手山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タムシバと倉手山。
朳差岳と鉾立が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朳差岳と鉾立が見えてきた。
5
倉手山に続く尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山に続く尾根。
シャクナゲが咲き始めている。後方は朳差岳と鉾立。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャクナゲが咲き始めている。後方は朳差岳と鉾立。
5
840m辺りから登った雪面。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
840m辺りから登った雪面。
夏道周辺にイワウチワとショウジョウバカマ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道周辺にイワウチワとショウジョウバカマ。
2
右に夏道があり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右に夏道があり。
頂上直下は意外にもイワウチワ ロード。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下は意外にもイワウチワ ロード。
あの雪田が頂上かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの雪田が頂上かな。
雪に乗ると飯豊の絶景が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪に乗ると飯豊の絶景が見えてきた。
倉手山頂上は雪に覆われている。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上は雪に覆われている。
2
倉手山頂上から朳差岳と鉾立。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上から朳差岳と鉾立。
2
倉手山頂上から頼母木山辺り。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上から頼母木山辺り。
1
倉手山頂上から地神山、梶川尾根と丸森尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上から地神山、梶川尾根と丸森尾根。
2
倉手山頂上から梅花皮岳、烏帽子岳、クサイグラ尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上から梅花皮岳、烏帽子岳、クサイグラ尾根。
8
倉手山頂上から飯豊本山、ダイグラ尾根。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上から飯豊本山、ダイグラ尾根。
2
倉手山頂上から北股岳〜梅花岳と石転ビ沢、アップ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山頂上から北股岳〜梅花岳と石転ビ沢、アップ。
5
倉手山山頂南側、標識と三角点付近だけ雪がない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
倉手山山頂南側、標識と三角点付近だけ雪がない。
1
下りにかかる。遠くは霞んでいるが朝日連峰かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りにかかる。遠くは霞んでいるが朝日連峰かな。
朝日連峰だろうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日連峰だろうか?
雪田の下り。雪は柔らかく、危険はない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪田の下り。雪は柔らかく、危険はない。
あの尾根を下る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの尾根を下る。
朳差岳と鉾立の見える雪田。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朳差岳と鉾立の見える雪田。
まだ稜線が見える。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ稜線が見える。
梅花皮荘まであと少し、吊り橋は通ることができない。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅花皮荘まであと少し、吊り橋は通ることができない。
1
車道の橋から飯豊稜線とヤマザクラ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道の橋から飯豊稜線とヤマザクラ。
1
橋の下はきれいな峡谷。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の下はきれいな峡谷。
6

感想/記録
by kyen

連休前半の3日間は高気圧に覆われ、晴れは間違いない。3球ストライクが来るのが間違いないようなものだ。眺望が良い処に行こうかと考えたが、残雪が美しい飯豊を倉手山から観てみようと行ってみることにした。実際に、飯豊の素晴らしい眺望を楽しむことができた。倉手山は殆ど夏道だったが、山頂の雪がたっぷりで、途中一部雪を登降するところがあったので、雪山ハイクとした。

飯豊登山口の玉川渓谷まではかなり遠く、ほとんど新潟県。途中で新潟まで80劼良玄韻あり、実感した。梅花皮荘までの道は舗装道路、幅も広く問題ない。その先の飯豊山荘方面は、梅花皮荘への分岐までで通行止め。梅花皮荘の駐車場からは既に飯豊の稜線が望める。吊り橋は通行禁止なので、車道の橋まで戻って登山口へ進む。倉手山登山口まで20分ほど。ここまでは除雪済み、車も通行は可能の様だ。

登山口から入ると直ぐに標高差300m程の急登となる。スケールは小さいが、飯豊の片鱗はある。ほどんど夏道が現れており、カタクリやイワウチワが咲いている。標高600m辺りから3回ほど雪の上を少し歩く処がある。登りが緩くなって尾根上になると少しの間雪上を行く。登るに従って、西俣の尾根の上に朳差岳と鉾立が見えるようになる。また、雪が無くなり780mのピークに着く。ここから細い尾根を経て倉手山山頂が見えるようになる。この稜線上ではタムシバが最盛期、シャクナゲは咲き始めである。800mを超えると、一部夏道が隠れ雪の斜面を登る所がある。でも、その後は頂上直下まで夏道を行く。この道は意外にもイワウチワ ロードだった。最後に頂上の雪が間近に見えるようになると山頂は直ぐである。

雪面に上がると正面に飯豊連峰の主稜のスカイラインが徐々に見えてくる。北股岳から飯豊本山方面は山頂で初めて見ることができる。やはり雪が豊富である。素晴らしい眺望である。倉手山に登ったらやっぱりこれでないとね。正面に北股岳と石転ビ沢が見える。石転ビ沢から登って飯豊本山まで縦走したのは37年前だったなと思いだす。倉手山山頂は雪に覆われている。多くの山頂は途中の道より雪解けが早いのに何故だろう。倉手山も南面の三角点付近だけ雪が無い。

山頂の雪面からしばらく眺望を楽しんで下ることにする。今日は霞が架かって遠望は効かなかったが十分満足した。今日出会った方は30人くらいだった。さすがに連休である。この山域にしては多い方かな。
訪問者数:331人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/9/6
投稿数: 1015
2018/4/30 10:39
 山頂で会いました!
kyenさん こんにちは
山頂で三人でお話したものです。
もう一人のソロの方と楽しく山座同定の話とかして楽しかったです。
倉手山山頂からの飯豊の眺めすっごく良かったです。
レコで見るたびに雪があるうちにいつか登ってみたい山でした。
kyenさんとは燧ケ岳でもスライドしているみたいでした。
今回は長くお話したので、
又何処かの山でお会いしたらよろしくお願いします。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 232
2018/4/30 19:20
 Re: 山頂で会いました!
sakuraさん、コメントありがとうございます。
いつもレコは拝見しています。山頂でのお話で、大朝日日帰りとか、大日杉から飯豊にも行ってらっしゃると伺い、経験ある方だなと思っていました。
私も倉手山山頂からの飯豊連峰、一度見たかったのです。ただ、油断していて、蚋にやられました。
また、お会い出来れば良いなと思っています。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 232
2018/5/1 20:50
 Re: 僭越ながら
ご指摘、有難うございます。
こちらから見るのは初めてだったもので。
写真のコメント、直しておきますね。
登録日: 2013/12/21
投稿数: 1727
2018/5/2 14:24
 飯豊連峰は素晴らしいですねー
kyenさん、こんにちは!
 流石に雪国は、標高1000m以下でもこんなに残雪があるんですね。
それにしても・・・、飯豊連峰の景色は素晴らしいです。まだ、こんなに雪深いんですね。
いつか行ってみたい山なんですが(健康寿命の限界が近いので、できたら今年中に、特に石転沢の雪渓を登りたい)、山が深くて、なかなか決心が付きません。素晴らしい眺望をレコ下さりありがとうございました。

PS:蔵王のレコもとても参考になりましたよ。
登録日: 2012/6/10
投稿数: 232
2018/5/2 18:57
 Re: 飯豊連峰は素晴らしいですねー
eagleさん、コメント有難うございます。

飯豊、特に石転ビ沢は、私はもう登れないだろうなと思って、天気の良いときを狙って、眺めに行ってきました。車で往復5時間以上はかかりましたが、眺望には満足しました。

石転ビ沢は時期を選ぶことが大切のようです。eagleさんなら、状況判断はできると思いますが、石転ビ沢までの途中の通過や雪渓の崩壊の状況などが、毎年違うようです。大昔、私が登った時は情報が少なく8月中旬に行ってしまいましたが、運が良かっただけかもしれません。最近のレコを参考になさってください。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ