また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1442339 全員に公開 山滑走白神山地・岩木山

岩木山 百沢BCスキー 鳥海山(とりのうみやま)から滑走

日程 2018年04月29日(日) [日帰り]
メンバー
天候快晴・強風
アクセス
利用交通機関
自転車
この時期の岩木山神社周辺の道路や駐車場は混雑
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち61%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間46分
休憩
1時間54分
合計
7時間40分
Sスタート地点06:2706:37七曲06:4307:20カラスの休場07:2407:32鼻コクリ07:4607:57姥石08:0008:53焼止り避難小屋11:03焼止り避難小屋12:2212:54姥石12:5612:59鼻コクリ13:0313:08カラスの休場13:1013:31七曲13:58岩木山神社14:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七曲の上部から積雪あり。滑走はハナコクリまでが快適。それ以下は木立が多く、滑走不適。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

岩木山神社と山頂
2018年04月29日 06:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩木山神社と山頂
桜が咲く桜林公園
2018年04月29日 06:22撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
桜が咲く桜林公園
1
スキー場
2018年04月29日 06:29撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スキー場
姥石かな
2018年04月29日 07:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
姥石かな
1
焼け止まりヒュッテを捕捉
2018年04月29日 08:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼け止まりヒュッテを捕捉
鳥海山山頂はなかなか近づかない
2018年04月29日 10:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳥海山山頂はなかなか近づかない
1
山頂らへん
2018年04月29日 10:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂らへん
山岳部と合流
2018年04月29日 11:02撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山岳部と合流
滑落停止訓練
2018年04月29日 11:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落停止訓練
1
カタクリ咲く
2018年04月29日 13:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カタクリ咲く
1
おつかれ様
2018年04月29日 13:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おつかれ様
観光客で賑わう岩木山神社
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
観光客で賑わう岩木山神社
撮影機材:

感想/記録

今回は岩木山の衛星峰の方の鳥海山の山頂からスキーで滑走するべく、2日連続で山行を敢行した。次の日に同じルートに新入生を連れて行くため、偵察も兼ねての山行だった。

チャリで家からアプローチした。スキーを背負ってチャリに乗るのはもはやこの時期の風物詩。スキーを背負ってチャリに乗る感覚も、周りからの痛い視線もだいぶ慣れてきた。岩木山神社から登り始める。ちなみに、GPSログは百沢スキー場から始まっているが、これはGPSログを出発時につけ忘れたため。最初は雪はないのでスキーを背負ったまま登山道を歩いた。七曲を超えたあたりで積雪が断続的に続くように見えたのでスキーを履き、シール登行を開始した。だが、これが間違いだった。ハナコクリの手前でヤブ+急斜面が待ち構えていた。先週は雪は繋がっていたのに。仕方なくスキーを脱いでヤブに突入した。そこから上は木もまばらで登りやすい。焼け止まりから上は強風が吹き荒れていた。何度も煽られて転ぶ。苦しみながらも鳥海山の山頂に着いた。そこから滑走を始める。広い適度な傾斜のオープンバーンなので非常に滑りやすかった。途中で寮の登山サークル、安寿会のメンバーとすれ違う。彼らはこれから行われる寮生登山の下見に来ているらしい。さらに滑走すると焼け止まりの下で山岳部の体験登山パーティーと合間見えた。ここからは彼らと行動を共にした。滑落停止訓練をした後に下山した。

とりあえず、明日の新入生を連れた登山が無事に完遂されることを願うばかりだ。鳥海山(岩木山の衛星峰)は山スキーにはうってつけの山だと思う。後輩たちに是非ともおすすめしたい。
訪問者数:136人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ